理科趣味・生物部一覧

ヴィクトリア時代の鉱物・宝石ブーム! 私の鉱物コレクション

静かなブームとなっている理科趣味・鉱物。ヴィクトリア時代にも同じく珍しい石集めが流行しました。私もあちこちで買ったり、拾ったり、もらったりした石を、標本として飾っています。

蛇標本で金運アップ!? ヘビの抜け殻をDIYで額装してみました

蛇の抜け殻の額装方法について解説します。レトロなヴンダーカンマーには必須の標本ですね。いただいた長さ180cmのシマヘビをDIYで額装してみました。蛇嫌いの方は閲覧注意。

『大人の科学マガジンvol.05』ふろくロバート・フック式顕微鏡

17世紀の科学者・ロバート・フックの顕微鏡を元に作られたアンティークモデルの顕微鏡。倍率は150倍ですがお値段1680円。『大人の科学マガジンvol.05』のふろくです。

私の恐竜骨格標本コレクション・巨匠荒木一成氏のリアルプラモデル

ティラノサウルスサウルス、ディプロドクス、トリケラトプス──恐竜骨格標本コレクションは造形作家の巨匠・荒木一成氏が手がけたモデルです。本物っぽく見えるように塗装しました。

赤い光がうごめく不思議なライト・プラズマボールのしくみ

闇夜に怪しい光を放つ球体。これはプラズマボール、サンダーボール、プラズマライトなどと呼ばれています。赤い光が球体の中をうごめいています。稲妻が揺れる様はまるで生き物のよう。

ポリデントにパイプユニッシュ!キッチンで作る骨格標本2(豚足編)

手羽先の骨格標本に続きまして哺乳類の骨格標本作りに挑戦。この可愛らしい纏足(てんそく)ような足の持ち主は誰でしょう? 正解はブタ。豚足で骨格標本を作ってみました。

ポリデントにパイプユニッシュ!キッチンで作る骨格標本1(手羽先編)

スチームパンクな部屋、理科趣味に欠かせない動物の骨格標本。今回は簡単な骨格標本の作り方をご紹介。美味しい手羽先を食べたらレッツ骨格標本。夏休みの工作の宿題にも最適です。

世界で最も古い天気予報計・晴雨計(Weather Glass・Storm Glass)

ガラスの球体に水が入っていて、下の方からにゅっとガラス管が伸びています。理科の実験器具のようでしょう? これは晴雨計。実は世界で最も古い気圧による天気予報計なんですよ。

ラブメータで愛を測ろう! ラブテスター・ハンドボイラーの仕組み

ラブメータは握るとボコボコと沸き立つ不思議玩具です。ラブテスター、ハンドボイラーとも呼ばれています。まるでレトロな科学実験器具のようですね。この仕組みを解説いたします。

光で回る不思議グッズ・ラジオメータ(ライトミル)とクルックス

ラジオメータ。赤外線などの放射エネルギーを吸収させることで得られる運動──つまり光が当たると羽車が回り、暗いと動かない。なんだか生き物のようで実に愛らしいではないですか。

トップへ戻る