心霊研究家コナン・ドイルが巻き込まれたコティングリー妖精事件とは?

コナン・ドイルは『ホームズ』シリーズで知られていますが、オカルトマニアとしても有名です。心霊研究家としてのドイルが巻き込まれた妖精事件とはいったい何だったのでしょうか?
Cottingley Fairies

エルシーとフランシスの妖精写真

1920年、二人の少女が妖精の姿をカメラに納めたというニュースで大論争が巻き起こりました。彼女たちの名はエルシー・ライト(16歳)と彼女のいとこのフランシス・グリフィス(9歳)。1917年から1920年にかけてエルシーが父親から借りたミッジカメラで撮影した写真には、舞い踊る妖精、二人と楽しそうに遊ぶ妖精の姿が映っていました。

イギリス全土を巻き込む事件

Cottingley Fairies
これがイギリス全土を巻き込む「コティングリー妖精事件」となったのは、当時から著名人だったコナン・ドイル(Sir Arthur Conan Doyle:1859〜1930年)が関わったからです。

コナン・ドイルの『失われた世界』とヴィクトリア時代の恐竜ブーム
シャーロック・ホームズシリーズで有名なアーサー・コナン・ドイルのSF小説『失われた世界』と恐竜についてのコラムです。ヴィクトリア朝の恐竜ブームとは何だったのでしょうか?
彼は専門家とともに妖精写真を調べあげ、トリックの可能性はないとして雑誌に発表しました。新聞・雑誌などのメディアが注目し、田舎町コティングリーに記者や観光客が押し寄せる騒ぎとなりました。

エルシーの偽造告白

Cottingley Fairies
コティングリー妖精事件は1930年にドイルが死去すると人々の記憶から忘れられていきました。しかしまた数十年後に世界中を驚かせることになります。1966年の『デイリーエクスプレス』誌に、エルシーが偽造写真であることを告白したのです。

「あの写真は、私とフランシスの想像の産物です」
「妖精写真はエルシーが妖精の絵を描き、それを切り抜いてピンで止め、写真に撮ったものでした」

『妖精の出現』

一連の妖精写真は「最も多くの人々を最も長い間だましたトリック写真」としてギネスブックに載ることになりました。これがコティングリー妖精事件のあらましです。

妖精とは何か?

Cottingley Fairies
妖精とはヨーロッパの伝説に登場する自然の精霊のことです。キリスト教においては天使の一種であるともされます。一般にはディズニーのティンカーベル──美しく小さな女性型で羽が生えているイメージでしょうね。

日本で言えば妖怪のようなもの

Cottingley Fairies
でも善良な心を持つ者からいたずら好き、人間に害をなすものまで様々。ほとんどのものは人間の形をしていますが、動物・昆虫の形をしていたり、姿が定まっていないものもあります。大きさも小さなものから巨大なものまで多種多様。日本で言う「妖怪」が妖精に当たるかもしれません。

妖精を信じるなら手を叩いて

Cottingley Fairies
演劇の『ピーターパン』で、ピーターはこう言います。

ネバーランドでは人間の信じる心で妖精は生きている。一人の人間が妖精を信じなくなると一人の妖精が死ぬ。妖精を信じるなら手を叩いて

『ピーターパン』

彼は瀕死のティンカーベルを助けるために観客に呼びかけます。子どもは一生懸命手を叩きますが、大人になるとだんだん拍手をする人がいなくなっていきます。あなたは今も周りの目を気にせずに手を叩けますか?

本物であると主張

Cottingley Fairies
ドイルは迷うことなく拍手した人でした。晩年になって心霊学にのめりんだドイルは、妖精写真は本物であると主張しつづけました。彼はオカルティズムに傾倒するあまりに友人であったハリー・フーディーニとも決別してしまいました。

ハリー・フーディーニ・夢に生きたエスケープマジシャンの生涯
世界で最も有名なマジシャンと言えば、ハリー・フーディーニでしょう。死後90年が経ってもその名声・認知度ともにNo1。今回は19世紀末に活躍した天才奇術師についてのお話です。
結局妖精事件はドイルの科学的検証能力の低さの証明となってしまったのですが、彼ばかりを責めることはできません。ヴィクトリア時代、無学な労働者から中流階級の人々、学者や貴族まで巻き込んだ心霊主義が大ブームになっていたからです。

ヴィクトリア時代の心霊主義ブーム

Cottingley Fairies
ではなぜ、そのような心霊主義がヴィクトリア朝の人々の心に深く根ざしたのでしょうか。それは心霊主義が「魂の不死性」をうたっていたからでしょう。

近代科学が勃興し、経済の恐慌、世界大戦への不安に人々が恐れおののいていた時代でした。もし目に見えるものだけが現実で、人の死後に何も残らないとしたら、人間は無意味に生き無駄死にしているだけだと言えます。精神世界、心霊学の研究はさまよい悩める人々の希望でした。

不思議な存在を否定できない気持ち

Cottingley Fairies
私は1966年のエルシーの告白後に生まれましたので、もちろんコティングリーの妖精が偽物であることも含めてこの事件を知ったのですが、それでも子どもの頃からずっと妖精はいるのだと信じていました──と書くと頭の中がお花畑なイタい人でしょうか。でも私はそんな不可思議な存在がいることをどうしても否定できません。

「ドイルの魂は次の世界へ旅立った」

Cottingley Fairies
ドイルは彼の主張についていけない人々から批判を受け信用はがた落ちしました。しかし人気小説家としての収入も健康も顧みずに、世界中を旅して心霊学の講演を行いました。1930年07月に他界した時、妻のジーンは「ドイルの魂は次の世界へ旅立った」と言い、喪服を着なかったと言われています。ドイルは死ぬまで、いえ死後も見えない世界に浸りきった人でした。

あなたは妖精を信じますか?

蒸気夫人
当記事に使用した画像は著作権保護期間を満了したパブリックドメイン写真を使用しています。

関連商品・参考文献



蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る