「昭和レトロ自転車(7)」銀輪は唄う 黒糖号完成!

この記事をシェアする

天国のグランマー、見てるーっ? 格好だけでもわたし、おばあちゃんみたいになれたかなー? 今回は完成した私の昭和レトロ自転車「黒糖号」をご披露いたします。これにて大団円。
昭和レトロ自転車

コンピューターおばあちゃんになってるかな

生きていれば今年2010年には96歳の祖母。あの世にもネットがあるにしても、彼女の年齢で果たしてブログの記事が見られるかどうか。でも村で一番最初に自転車に乗った女だったのだもの、きっと「コンピューターおばあちゃん」みたいになってるはず。「ブログ? あたしゃツイッターの方が手軽で好きだね」なんて言ったりしてね。

昭和レトロ自転車「黒糖号」

昭和レトロ自転車
こちらが昭和レトロ自転車「黒糖号」完成品でございます。黒い車体にブラウンのサドルとタイヤがよく似合っています。ちなみに本記事のワタクシは、ちょうど祖母が今の私と同じ年齢ぐらいだった、戦後・昭和20年代的ファッションとヘアメイクでお送りしております。ちょっとバタ臭いけど。

ヴィクトリアン自転車「黒糖号」

昭和レトロ自転車
こちらはもともとの「黒糖号」。ずいぶんイメージが変わりました。これはこれでクラシカルなイメージ。シャーロック・ホームズシリーズの『美しき自転車乗り』バイオレット・スミス嬢のコスプレです。どうみても私は『美しき』どころか、原題の『孤独な自転車乗り(The Adventure of the Solitary Cyclist)』の方ですけどね。

以下、コラムです

昭和レトロ自転車
では出来上がった自転車の写真を見ていただきましょう。他にもまだシフターやギアカバーなど手を入れたい部分はありますが、とりあえずの完成です。
さて、ここからは自転車改造の最中に思ったことなど書いてみたいと思います。今回の昭和レトロ自転車、構想2年、製作半年以上の時間がかかりました。

苦労した自転車改造

昭和レトロ自転車
ロッド式ブレーキの自転車がもはや販売されていないと知って愕然としたり、各パーツをオークションでドキドキしながら落札したり、エッチング液で指が真っ黒に染まって往生したり、あちこちの自転車屋さんでパーツ交換を断られたり──私がドシロウトだったせいでもあるのですが、実に苦労しました。

おばあちゃんみたいになれたかしら

昭和レトロ自転車
自転車のプロから見るとおかしなことをやっているのかもしれませんし、「いまどきそんな自転車?」と笑われているかもしれません。それでも念願叶って祖母が昔乗っていたような自転車に私も乗れたことが、私は嬉しくて仕方ありません。物心つくまえに亡くなっちゃって写真も見たことがない祖母だけど、きっと上を向いて颯爽と実用車に乗っていたんじゃないかしら。

中学生の時の思い出1

昭和レトロ自転車
もう20年も昔の話。私が中学生の時のことです。いつも授業の間の休み時間は、子ども用のらくがき帳にマンガを描いたり、物語や将来の夢、欲しいものなどを書いて過ごしていました。友達が全然いなかったというのもあるのですが、そうやって一人で空想にふけっているのが一番楽しかったからです。

中学生の時の思い出2

昭和レトロ自転車
ある時、私がカリカリと書き付けているのを見た女性教師が「何をしているの?」と、らくがき帳を取り上げました。私は恥ずかしいと思いながらも「将来、こういう家に住みたいんです。シャーロック・ホームズみたいになりたいんです」とらくがき帳のイラストを指さしました。すると、彼女は他の生徒と顔を見合わせ、自分のこめかみの辺りで人差し指をクルクルと回しました。

雨乞いのクイズ

昭和レトロ自転車
こんなクイズをご存知でしょうか。あるアフリカの部族が雨乞いの儀式で踊ると、必ず雨が降るといいます。なぜでしょうか? 

答えは「雨が降るまで踊り続けるから」です。あなたが「こんなことがやりたい」「これが欲しい」「こういう人間になりたい」──と夢を口にすると、必ずあなたを笑ったり、反対したり、馬鹿にしたり、批判したりする人が出てくるでしょう。彼らは「大人になれ」「くだらない」「できっこない」「馬鹿馬鹿しい」──そう言って眉をひそめるでしょう。

あなたの味方でいましょう

昭和レトロ自転車
あなたのことを親身になって心配して言ってくれる人もいるでしょうが、たいていの場合は無責任な批判だったり、その場の思いつきでそう言っているだけです。

なのにあなたまで「そうだね、馬鹿みたいだね、ハハ……」とあなた自身をあざ笑ってどうするのです? 最後まであなたは「あなたの味方」でいなくてはいけません。そういう癖がつくと、年をとるにつれてだんだん夢がみられなくなってしまいます。

叶わないかもしれないけど

昭和レトロ自転車
人間は万能ではありませんから、頑張っても叶わないこともあるでしょう。でも少なくとも何か行動を起こした分だけ、得るものはあります。その場から動かずに口だけ動かして批判する人よりも、少なくともあなたは前いた場所から何歩も前進しているはずです。

夢は口に出した方が良い

昭和レトロ自転車
「誰にも言わずに黙々と自分だけで頑張るからいいよ」という方もいらっしゃるでしょう。でも私は「こうしたい」「これが欲しい」という願望は口に出した方がずっと早く叶うと信じています。笑われたりするリスクはありますが、あなたの味方になってくれたり、助けてくれる方が必ず現れるからです。

みなさんありがとう

昭和レトロ自転車
私がこうしてひとつの夢を叶えたのも、私だけの力ではなく、いろんな方の助けがあったからです。快く改造を引き受けてくださった職人さん、無償で情報を公開してくださっているサイト管理人さん、アドバイスやアイデアを授けてくださった読者のみなさん、協力してくれた家族のおかげです。

恥ずかしいからと黙っていたらきっと実現していません。私にできるせめてもの恩返しは、自分の体験や考え、情報をネットに公開することです。どこかの誰かのお役に立てたら私は嬉しいです。

夢を語ろう

昭和レトロ自転車
あなたの叶えたい夢、欲しいものはなんですか? もちろん誰かの不幸を願うようなネガティブなものはだめですよ。もし夢があるならば、諦めずに願いを口に出し続けましょう。雨が降るまで踊り続けようではありませんか。私は一人になっても踊り続けますよ。でも共に夢を語りあえたらもっと楽しいですね。

戸川純お姉様も「銀輪は唄う」で美声をふるわせています。「夢を語ろう 二人の未来 君はあの夢 僕はこの夢」。以上、『昭和レトロ自転車改造記』、これにて終了。バッハハ~イ!(←昭和的に)

銀輪は唄う ゲルニカ 戸川純

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る