「Man’s best friend」ヴィクトリア朝のペットブーム

この記事をシェアする

あなたは犬と猫、どっちが好き? ウィペットを飼い始めて以来、私はすっかり犬好きになりました。今回の話題は「ヴィクトリア時代に起こったペットブームと科学の発展」についてです。
ヴィクトリア朝の犬

犬がペットになった時代

世界最古の愛犬家団体・ケンネルクラブは1873年イギリスに生まれました。もちろんそれ以前にも犬は人間に飼われていたわけですが、イヌを「ペットとして」飼うことは王族や貴族などの特権階級に限られていました。産業革命以前は、犬は荷物運搬用、害獣を対峙する駆除用、狩猟用など使役のための動物で、一般的に犬がペットになったのは19世紀になってからなのです。

ペットはステイタスシンボル

ヴィクトリア朝の犬
そりゃあそうですよね。生活がかつかつの場合は、ペットを飼う余裕なんてないわけで。英国において犬がペットとして一般化し、ペットブームが起こるのは、ペットを飼うことができる中産階級が出現した時期と重なっています。中産階級人にとってペットはある種のステイタスでした。上級社会に憧れ、彼らはこぞって犬(※)を飼い始めたのです。

猫は犬ほどブームにならなかったらしい。ここではその理由など述べないが、三神和子氏の『ヴィクトリア朝のペットブームと犬泥棒』に詳細が書かれているので興味のある方はどうぞ。

女王様は愛犬家

ヴィクトリア朝の犬
ブームに拍車をかけたのはヴィクトリア女王です。彼女は大変な愛犬家で、コリーやポメラニアン、テリア、ダックスフンドなど多数の犬を飼っていました。女王が犬と一緒に写っている写真もたくさん残っています。ヴィクトリア女王はむすっとした顔で写っていることが多いのですが、左の写真などかすかに微笑んでいるようにも見えませんか? 英国王室は現在も犬舎で犬の飼育と繁殖に力を入れています。

毎日どこかでドッグショー

ヴィクトリア朝の犬
ドッグショーが初めて開催されたのは1859年。ヴィクトリア女王も1891年に行われたドッグショーに数頭のポメラニアンを出場させています。1900年にある専門家が調査したところ、なんと一年中、平日には毎日イギリスのどこかでドッグショーが行われていたそうです。現代日本もペットブームと言われていますが、それを上回る熱狂ぶりですよね。

犬の誘拐犯まで登場

ヴィクトリア朝の犬
人々が犬を買うことに熱中するのと相まって、ペット産業も大きくなりはじめました。犬に関する雑誌が次々と創刊され、首輪や犬の服などペットグッズも人気が高まりました。宝石付きの首輪や犬のウェディングドレスまであったそうですよ。そしてなんと犬の誘拐で稼ぐ商売なんてものも現れました。犬を愛する人につけこむ憎き悪漢め! でもそれも高い身代金を支払う愛犬家がいたからこそなりたつ商売ですよね。

動物愛護精神の高まり

ヴィクトリア朝の犬
そうして犬が使役のための動物から、家族の一員へと変わっていった時期、動物愛護の精神も育っていきました。1835年には家畜の虐待を禁じられる法律ができ、1840年に王立動物虐待防止協会が設立されました。動物虐待の反対運動が高まるにつれ、闘犬などの動物を闘わせるギャンブルも表立っては行えなくなりました。

キリスト教のおける動物

ヴィクトリア朝の犬
八百万の神の国、そして人間と動物の魂を区別しない仏教が浸透している日本においては「動物が家族の一員なのは当たり前」ですが、これは当時のキリスト教社会においては画期的なことです。聖書にははっきりと、人間が動物よりも上の存在であること、人間が動物を自由に管理して良いことが書かれています(※)。ヴィクトリア朝より前の英国では犬を焼いて食おうが似て食おうが、宗教的には何も問題はなかったのです。

『創世記』に「地のすべての獣と空のすべての鳥は、地を這うすべてのものと海のすべての魚と共に、あなたたちの前に恐れおののき、あなたたちの手にゆだねられる」「動いている命あるものは、すべてあなたたちの食糧とするがよい。わたしはこれらすべてのものを、青草と同じようにあなたたちに与える」と書かれている。また人間は神の似た姿として創造されたが、他の生き物はそうではない。

科学の一大センセーション

ヴィクトリア朝の犬
ちょうどこの時期、科学の分野において革命的な出来事があったのですが、ピンと来た方いらっしゃいますか? そう、1859年にダーウィンが『種の起源』を著しているんです。『種の起源』は当時の英国では一大センセーションを巻き起こしました。なにしろ「人間が猿から進化した」なんて説は、人間が生命のヒエラルキーの頂点に立つというキリスト教の考えと真っ向から対立するわけですから。

進化論が受け入れられた素地

ヴィクトリア朝の犬
ダーウィンはあまりに過激な内容の進化論を発表することをためらい、じっくりと20年もの年月をかけて研究を深めました。その成果もあってダーウィンの緻密な研究は、トンデモで終わることなく人々に浸透したのですが、これには当時のペットブームも一躍買っています。

犬は単なる下等動物ではなく人間の友として家族として愛され、動物愛護運動が盛んになった社会背景があったからこそ、進化論が受け入れられたのです。ヴィクトリア朝の生物学躍進の影の功労者は、犬なのかもしれませんね。

我が国の女王様も犬がお好き?

ヴィクトリア朝の犬
ところで、ヴィクトリア女王と同時代の我が国の女王(?)といえば、NHKの大河ドラマ『篤姫』で知られる天璋院。彼女も、かなりの愛犬家としてエピソードが伝わっています。結婚前にはたくさん狆(ちん)を飼っていたのですが、夫の家定公が犬が嫌いだったので、大奥ではサト姫と言う猫を飼っていたそうですよ。残念。犬を飼ってみれば私の旦那様と同じように、家定公も大の犬好きに大変身してだろうになあ。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る