「Sugar the Whippet」我が家の愛犬シュガー

今回の記事は趣味炸裂の親バカペット記事です。スチームパンクともヴィクトリア朝ともなんら関係ないのですが、一回ぐらい自慢させてください。我が家の愛犬・シュガーです。
ウィペット

うちの子自慢させてください

しつけについてご質問も時々頂きますので、こちらのブログに初めて書いてみたいと思います。でも、ネット上には「うちの子、かわいいでしょ〜」てなブログが溢れてますので、うんざりな方もいらっしゃるかとは思います。でもすみません。今回だけ、この犬バカを大目に見てやってください。

ウィペットのシュガー

ウィペット
我が家で飼っている犬は、ウィペット(Whippet)というメス犬です。11月現在、1歳と6ヶ月です。人間で言うと20歳ぐらいの乙女。名前は「シュガー(砂糖)」です。一般的なウィペットよりも小柄で体重8キロ。散歩をしていると「あの犬痩せてるー」「病気か何かなの?」と言われますが、元来こういう痩せた体型の犬です。

ホントはコワモテの犬が好き

ウィペット
最初はウィペットを飼うつもりは全くありませんでした。私の好みはドーベルマンやジャーマンシェパード、グレートデン、マスチフなどの大型犬。それも精悍な顔つきというか、コワモテの犬が好きなのです。でも旦那様は子どもの頃から犬嫌い。チワワなどの小型犬も避けているぐらいで、「ドーベルマンなんかいたら家に入れないよー」と。そこでお互い歩み寄って、中型犬ということにしました。

なかなかご縁が見つからず

ウィペット
絶対に純血種というこだわりはなかったので、最初は動物愛護センターなどいくつかまわったり、ネットの里親探しに応募したりしたのですが、なかなか良いご縁がありませんでした。そして数ヶ月ほどしたある日、旦那様があるペットショップでウィペットを見つけてくれました。それもえっ、と驚くぐらいの格安。

全然子犬らしくない犬

ウィペット
見に行ってみると箱の中では常にプルプル震えて引きこもっているし、他の元気いっぱいな子犬と違って、抱き上げても全く反応がなくぼんやりしています。全く覇気がありません。格安なのは何か理由があるのかなあ……。

でもそういう見捨ててはおけないところが気になりましたし、たまたまそのウィペットの誕生日が旦那様と同じという縁も感じました。そして去年の夏から彼女は我が家の一員となったのでした。

サンタスリトルヘルパーみたいな犬

ウィペット
ウィペットは体高は50センチ前後の中型犬。イギリス原産。アメリカの人気アニメ『The Simpsons』で、シンプソン一家はサンタスリトルヘルパーというグレイハウンド(※)を飼っています。アニメを見たことのある方は、どんな犬だかご存知だと思いますが、日本ではグレイハウンドのブリーダーさんも少ないから、あまり馴染みがないかもしれませんね。

サンタスリトルヘルパーはグレイハウンドということにはなっているが、グレイハウンドにしては小さい。むしろウィペットに近いのではないかと思う。サンタスリトルヘルパーは元ドッグレース犬だが、グレイハウンドもウィペットも、どちらもドッグレースによく使われる。

時速60キロの俊足

ウィペット
ウィペットは、犬の種類で言うと「サイト(視覚)ハウンド」という犬種です。大型犬のグレイハウンドを改良して小型化したものです。非常に目が良いのと、流線型の体をして足が速いので視覚猟にも使われていました。時速60キロものスピードが出せるんですよ。スタートダッシュは、グレイハウンドよりも速いぐらい。チーターのように華麗に走る姿に惚れ惚れします。

室内飼いに適した寒がりの犬

ウィペット
毛が短い短毛種なので体臭もほとんどなく、手入れの手間も必要ありません。とは言え、毛はたくさん抜けるから、毎日の掃除は欠かせませんが。脂肪が少なく、皮膚も薄いため、寒さにとても弱いです。冬の時期は暖炉の前から離れないほどの寒がりだから、野外で飼うのは無理。室内飼い用の犬です。

ちょっとクセのあるサイトハウンド

ウィペット
普段はあまり吠えずおとなしい一方、スイッチが入るとはしゃぐ二面性があります。個人的には面白い犬だと思うのですが、サイトハウンドという犬種はちょっとクセがあって誰にでもお勧めできる訳ではありません。というのも、犬の研究家として名高く名著をたくさん記している、スタンレー・コレン氏の『デキのいい犬、わるい犬』という本には、サイトハウンドの飼い主がショックを受けるような記述があるからなんです。

サイトハウンドは頭が悪い?

ウィペット
それは専門家チームによる服従訓練競技をデータ分析した「作業・服従知能からみた犬種別順位」。つまりは「犬の偏差値」みたいなもんなのですが、サイトハウンドは軒並み成績が悪いです。かろうじてグレイハウンドは79犬種中46位、ウィペットは51位にランクインしていますが、同じサイトハウンド仲間のボルゾイは75位、アフガン・ハウンドなんか最下位の79位ですよ。「サイトハウンドはあまり初心者にはお勧めできない」的な事が書かれてます。

くそっ、アッタマきた!

ウィペット
くっ、だが負けぬ。私は生まれつきとか「血は水よりも濃い」みたいな事を言われると、カッと頭に血がのぼる性格なのです(※)。そりゃ警察犬や盲導犬レベルになれば適正はあるでしょうが、そんな順位なんて知ったこっちゃねぇ! 「氏より育ち」だよ!

だから私はいくらヴンダーカンマー的な魔法学校の情景が描かれようと、『ハリー・ポッター』シリーズがあまり好きになれない。両親が偉大な魔法使いだからって、ハリーも特別待遇っておかしくないか? 親は関係ないでしょ。両親はハリーが赤ん坊の頃に亡くなって育ててないし。

両親がマグル(人間)で差別されてんのに、ど根性&ガリ勉で学年トップのハーマイオニーの方がよっぽど偉いっての! まあ、何よりも血筋が大事っていういかにもイギリス的物語ではあるけどさ。

全てのことを本から学ぶ

ウィペット
私はドシロウトなので、犬のことを学ぶために一から勉強しました。国内外の専門書は200冊以上読みましたよ。基本、私はなんでも本から学ぶのです。訓練学校に預けておしまい──なんて他人任せにはしたくなかったから、試行錯誤しながら毎日少しずつシュガーと二人でトレーニングしました。

現在30語のコマンドを理解

ウィペット
もちろん私だけでなく旦那様の言うこともよく聞くので、今まで犬嫌いだった彼も、大の犬好きに変わりました。シュガーも旦那様が大好きです。以下は今現在シュガーが理解している約30語のコマンドです。彼女はまだ若いから、今後も訓練を続けたら100語近く理解できるようになるかもしれません。

シュガーが記憶している30のコマンド

※「ハイタッチ」は和製英語。英語ではHigh Fiveと言う。

※以下は昔は訓練したけど、今は自主的にやるので必要なくなったり、物理的にできなくなったこと。または勝手に覚えたこと。

その画期的な方法とは?

ウィペット
短期間に30語ものコマンドを犬に教えることができたのは、何冊かの本に画期的な訓練法が紹介されていたからです。その方法を使えば、飼い主も比較的簡単に犬にコマンドを教えることができ、犬もゲーム感覚で喜んで訓練をすることができます。シュガーは散歩やご飯よりも、毎日のトレーニングを楽しみにしているぐらいなんですよ。私は英語で教えましたが、日本語でも、何語でも大丈夫。

誌面が尽きたので、次回乞うご期待

ウィペット
叩いたり、怒鳴ったりするしつけはもう古い。そんなの犬も飼い主も辛いだけですよ。雑種だろうが、純血種だろうが関係ありません。「うちの犬は馬鹿だからおすわりもできない」なんて、犬のせいにしちゃいかんですよ。次回はその素晴らしい犬のトレーニング方法をご紹介したいと思います。ワンコちゃんのしつけに頭を悩ませている方、必見ですぞ。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る