「犬のトレーニングが絶対必要な3つの理由」

現代日本のペットブームの問題もふまえて、なぜ犬にしつけが必要なのか、犬の飼い主としてできることは何なのか、犬とより良い関係を築くにはどうしたらよいかについて書きました。
犬を飼うこと

早朝の散歩風景

愛犬と散歩にでかけると、たくさんの犬たちとその飼い主さんたちに会います。一言二言挨拶など交わすので、非コミュの私が唯一人間らしいコミュニケーションをとれる貴重な場でもあります。どの犬もとても良くしつけてあって、一緒に並んで歩く姿はとても微笑ましく感じます。犬を飼うのは素敵なことだなあとつくづく実感する瞬間です。

犬のしつけが必要な理由3つ

犬を飼うこと
犬のしつけは飼い主の義務です。犬のしつけが必要な理由は3つあります。一つは「他者のため」、二つ目は「犬のため」、三つ目は「飼い主のため」です。当たり前のことですが、この義務を怠っている飼い主も残念ながら多いようです。

理由その【1】「他者のため」

犬を飼うこと
第一の理由「他者のため」。犬は危険な動物です。「えー、うちの可愛いワンたんはぜんぜん危険じゃないよー」という反論がソッコーで来そうですが……。でもたとえしつけがされていても、されていなくても、「犬自体が怖い」と思っている方はたくさんいます。私の旦那様も子どもの頃から犬が嫌いでした。そういう人は、たとえ小さな子犬でも近寄ってきたら怖いのです。

散歩にリードは必要不可欠

犬を飼うこと
公道を散歩する以上他人を怖がらせないように、吠えさせない、人に飛びかからせないというのは最低限の義務です。散歩の際に飼い主の横にピタリとくっついて一緒に歩くコマンドを「heel(ヒール)」と言いますが、これもクリッカーで簡単にしつけることができます。しかしたとえヒールができても、道を歩くときにはリード(引き綱)をつけるのはマナーです。

これは他人に対して「大丈夫です。飼い主の私がちゃんとリードを持っていますから。いざとなれば犬を止められますからみなさん安心してください」と見せるためです。犬をノーリードで散歩させている人、犬がグイグイ引っ張るのをリードでようやく引き止めているような散歩の仕方しかできない人は、通行人を怖がらせていると自覚しなくてはいけません。

意外に強い犬の噛む力

犬を飼うこと
それに「犬の咬合力(※)」も考えねばなりません。犬の噛む力(咬合力)は意外に強く、小型犬でも100kg前後、ジャーマン・シェパードは200kg近くなるそうです。

生物博士のブレディ・バー氏が動物の咬合力を調査したデータによると、大型犬の咬合力はオオカミやタスマニアデビルと変わりません。200kgの強さで尖った犬歯が肉にズブリと突き刺さるのを想像してみてください。それがあなただったら? あなたの大切な家族だったら? 小型犬だって本気を出せば子どもの指くらい噛みちぎれます。

人間の咬合力は男性70kg、女性は50kgである。プロスポーツ選手でも100kgほど。犬の噛む力には遠く及ばない。

余談ですが、以前、私自身の咬合力を測ってもらったとき、私の咬合力は123kgもありました(詳細記事はこちら)。これはメジャーリーガーの松井秀喜選手と同じ咬合力だそうで、研究員に私のデータをぜひ保管させてほしいと言われました。私のキックボクシングのパンチ力もまんざらでもない──かもよ?

犬は危険な動物?

犬を飼うこと
地域によっては条例で、ある種の大型犬(例えば秋田犬、土佐犬、ドーベルマン、ジャーマン・シェパードなど)を「特定犬」として危険性のある動物としてオリの中で飼うように指導しているぐらいです。
大型犬がオリから逃げ出して、子どもを噛み殺した──という痛ましいニュースを耳にしたことがあるのではないでしょうか。特定犬でもちゃんとしつけをしていればオリに入れて飼う必要はないと個人的には思いますが、それができていない飼い主も多いから法律化もやむを得ないのかもしれません。

人を噛まないこと、人に吠えないこと

犬を飼うこと
全くしつけのできていない犬を放し飼いにするなど、無免許&交通ルール無視でクルマを走らせるぐらい危険です。「お手」とか「おすわり」の前に、まず「人を噛まないこと」「人に吠えないこと」を徹底的に教え込むべきです。
犬のトレーニングは1日5〜10分程度。1〜3ヶ月もやれば数十種類のコマンドを教え込めます。そんな時間さえ忙しくて無理という人は、犬を飼わない方が良いと思います。──なぜこんなに強い調子で書くのか。私は小学生の頃に犬に噛まれたことがあるからです。右手の甲と手のひらにぽっかり空いた穴を縫ったキズが、今も残っています。

犬の責任は100%飼い主にある

犬を飼うこと
それでも私は犬が大好きです。犬は全く悪くありません。前々回の記事である読者さんより「子育ても同じですよね~ 反省・反省」というコメントをいただいたのですが、人間の場合はちょっと別かもです。人は親の教育だけでなく、教師や友達、同僚など社会の中で教えられますし、自らも努力によって学ぶことができるからです。

でも犬の場合は、犬仲間に「人を噛んだらいかんよ」と教えてもらえるわけでも、本を読んで自分で学ぶわけでもありません。責任は100%飼い主にあります。というわけで、第一の理由は「他者のため」です。

理由その【2】「犬のため」

犬を飼うこと
第二の理由は「犬のため」です。先ほども人を噛み殺した犬のニュースについて書きましたが、犬が人を噛んだ場合、保健所や警察などに届け出る必要があります。厳重注意と損害賠償で済む場合もありますが、被害者に重度の障害が残ったり亡くなったりした時には、社会的責任として殺処分ということになるかもしれません。いくら飼い主のしつけが悪いと言っても、責任をとって死ぬのは犬なのです。

年間10万頭が殺処分

犬を飼うこと
『犬と猫と人間と』という映画では、日本国内で殺処分される犬猫の数が、2006年は35万頭、2007年は31万頭と伝えています。そのうち犬の数は約10万頭です。犬の殺処分は年々減ってきているというものの、それでも例えば人に置き換えてみると、10万という数字に愕然とするのではないでしょうか。

「もうこんな犬いらないや」

犬を飼うこと
2008年日本において飼育されている犬の数は約1,310万頭。中には安易にペットショップで犬を購入してしまった人もいることでしょう。

もし全くしつけをしないと、トイレを部屋のあちこちでする、家具などモノを破壊する、人が来ると吠える、噛む──という困った犬になってしまうかもしれません。そんな場合、「もうこんな犬いらないや」とばかりに保健所に連れて行く──と言えば聞こえがいいですが、「犬を殺してもらう」人もいるのだと思います。

友だちを殺処分する人はいない

犬を飼うこと
でももしその犬が、飼い主の言う事をなんでも素直にきいて、楽しみを与えてくれるとしたらどうでしょう。犬はあなたの人生を豊かにしてくれる友だちなのです。大事な友だちを殺処分してもらう気にはなれないのではないでしょうか。しつけをちゃんとすることは、犬の幸せのために絶対に必要なことです。第二の理由は「犬のため」です。

理由その【3】「飼い主のため」

犬を飼うこと
第三の理由は「飼い主のため」です。飼い主にとって犬を飼うメリットはたくさんあります。上にも書きましたが、飼い主の世界を広げてくれること、毎日の散歩で飼い主を健康にしてくれること──などは想像の範囲内だと思うので割愛します。ここでは犬にクリッカーでしつけをして様々なコマンドを教え込むことの利点について書きます。それは「飼い主を助けてくれる」ことです。

介助犬の初歩のコマンドなら教え込める

犬を飼うこと
私の愛犬は30種類以上のコマンドを理解しますが、さらに教え込めば介助犬並にするのも夢ではありません。例えばあなたが急病になったり、事故で動けない状態になったとき、愛犬が命を救ってくれることになるかもしれません。

また万が一地震で瓦礫に埋まったときや、発作が起きて声が出せない時など、「吠えろ」というコマンドを教えておけば、助けを呼んできてくれるでしょう。私の愛犬シュガーは普段は全く吠えません。でも「Speak!」と私が言ったり、声を出せなくても手のひらを閉じたり開いたりする動作をすれば、シュガーは大きな声で吠えることができます。

あなたの犬を力強い相棒に

犬を飼うこと
扉を開ける、閉じる、スイッチをつける、消す、冷蔵庫の開け閉めをさせる、何かを持ってこさせる、落としたものを拾わせる──などのコマンドは比較的簡単にクリッカーで教え込むことができます。私は喘息もちなのですが、私のようになんらかの病気や障害がある方は、犬を友だちとしてだけではなく、力強い相棒として育てることも検討してみてはいかがでしょうか。

犬の寿命まで一緒に楽しく過ごせる

犬を飼うこと
犬は犬種にもよりますが、10年から15年ほど生きます。そのほんの一時期、1日10分、数ヶ月一緒にトレーニングを続ければ、15年の長い時間を豊かにしてくれるのです。

犬をどうやってしつけたら良いかわからないと困っている飼い主さんには、クリッカートレーニングをおすすめしますよ。費用もほとんどかかりません。前回の記事に書きました参考文献をぜひ読んでみてください。

おまけ:シュガーの失敗

犬を飼うこと
シュガーを親ばかべた褒めに書いたのですが、天才犬と勘違いされるといけないのでバランスを取っておきます。

以前、留守中にテーブルにうっかり置いておいた集金のための4千円を、シュガーがバラバラにしました。その後この4千円ジグソーパズルを1時間かかってセロテープで完成させました。翌日銀行行って、顔真っ赤で「犬に食べられました……」。ちゃんと交換してくれましたが、銀行員さん半笑い。もちろん悪いのはシュガーでなく、お金をテーブルに置いておいた私なんですけどね。

私の骨格標本が……

犬を飼うこと
アメリカの子どもの宿題忘れた典型的な言い訳に「My dog ate my homework.(犬が宿題食べちゃったんで)」というのがあります。先生は「んなわきゃないだろ!」と怒るんですが、あながちありえない話ではないと実感しました。

他にも私の大切な手羽先の骨格標本をバリバリ噛み砕いたり、いろんなことやらかしてますが、そういうのも含めて犬は毎日飽きないですよ。

ポリデントにパイプユニッシュ!キッチンで作る骨格標本1(手羽先編)
スチームパンクな部屋、理科趣味に欠かせない動物の骨格標本。今回は簡単な骨格標本の作り方をご紹介。美味しい手羽先を食べたらレッツ骨格標本。夏休みの工作の宿題にも最適です。

追記:2010/12/03

スイスではペットを飼うためには資格試験をパスしなければならない(2008年04月)そうである。犬の飼い主は犬種に関係なく2010年までに試験を通過する必要があると伝えられたが、スイスの飼い主さんはみなはこの試験に合格したのだろうか?

ペット税導入もいいけど、その前に日本でも飼い主試験を導入してみたらいいんじゃないかなあ。とりあえず、その場のノリで犬を買う人は減ると思う。





蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る