「日記のすゝめ」手書き日記で願いが叶う!

あなたは日記を毎日書いていますか? 「自分は三日坊主で……」というあなた、日記は夢を叶えるための近道かもしれませんよ。夢を加速する装置としての、手書き日記のすゝめです。
日記のすゝめ

日記はやっぱり手書き

ひょっとすると「日記なんて夏休みの宿題に無理やり書かされて以来、大っ嫌い!」という方もいらっしゃるかもしれません。でももうちょっと読んでみてください。

子供の頃から続けている1日1冊の読書記録は、最初はノートに、ワープロが登場してからはフロッピーに、コンピュータが浸透するとデジタルデータで、ネット時代になってからはサイト、ブログと変化してきました。ですが日記に関してはずっと手書きを続けています。

日記を書くなら連用日記

日記のすゝめ
私が使っているのは「連用日記」と言われる日記帳です。連用日記とは、同じ日付の欄が1ページに3〜10並んでいて、2年目、3年目と書き続けると、昨年の今日、一昨年の今日というように、過去の同じ日の記録が読めるというもの。中を開くとこんな感じになっています。

去年の今日は何してた?

日記のすゝめ
1年目はあまり面白くないんですが、次の年からは去年のその日に何をしていたかが分かるので楽しいのです。「あー、去年はこんなことに悩んでたんだな」「おっ、一昨年はあのレストランで食事したんだっけ」と記憶がよみがえるんですよ。連用日記ファンは多いのであなたもつけているかもしれませんね。

ヴィクトリアンな日記帳

日記のすゝめ
私の使っている日記帳は、ナカバヤシの「三年日記」です。以前「洋書革装丁風ブックカバーの作り方」という記事でご紹介しましたね。重厚なアンティークブックのようなルックスでしょう? 合皮ですが美しい型押しが表紙・裏表紙にびっしり施され、ヴィクトリアン趣味にはぴったり。

「洋書革装丁風ブックカバー」の作り方
現代の書籍の装丁はどうも派手すぎてインテリアに合いません。原色や派手な色の表紙が多いからです。そこで、アンティークな革装丁のブックカバーを作ってみました。

超豪華装丁「匠の技」

日記のすゝめ
来年からはこちらの日記帳を使う予定。これもナカバヤシから出ている「匠の技」という日記帳。5年日記です。熟練の職人技で一冊ずつ丹念に仕上げられた華麗な一冊。こちらも表面には浮き出し文様が施され、金の箔押しが入っています。

ビブリオマニアのあなたにも

日記のすゝめ
化粧断ちされた小口(こぐち)の金づけをご覧ください。小口の3方に金箔が貼られた三方金の見事なこと。それに繊細なカーブを描く花ぎれ。イチョウの形に整えられたパッキングの美しさ。ビブリオマニアならきっとご満足する日記帳だと思いますよ。

高すぎますか?

日記のすゝめ
お値段は5,000円。たかが日記帳に高すぎるって? でも5年間で5,000円ですよ。1年1,000円。日記帳に使われている本作りの技術を考えると、そんなにバカ高いとは思いません。それに私は日記を手で書くことを、あなたに強くおすすめする理由があるのです。それで得られる喜びや幸せを考えたら、5,000円など安すぎるほどですよ。

私が購入したお店は5,000円だったのだが、楽天の他のお店では8,400円〜10,080円もしてた。定価はもっと高いのかもしれない。

3分間日記

日記のすゝめ
今年に入って『3分間日記』『1分間の日記で夢は必ずかなう!』という本を読み、私は大変感銘を受けました。著者はどちらも今村暁(いまむらさとる)さんです。日記はもうずいぶん長く続けているのですが、この本に書かれているようにに記述方法を変えたところ、夢が叶うスピードが劇的に加速したのです。

死ぬまでにしたい1000のこと

日記のすゝめ
2009年に父が亡くなったことで、残りの人生を悔いのないようにしたいと身にしみて感じました。そこで「死ぬまでにしたい1000のこと」という非公開のブログを作り、自分がやりたいこと、叶えたい夢、欲しいモノを毎日1つずつ写真つきでアップしつづけています。2010年12月21日現在、720個の夢がリストアップされています。するとなんと、1年で50個以上の夢が実現してしまいました。

毎週夢が叶い続ける

日記のすゝめ
その夢を今年から『3分間日記』に従って、手で書き写すようにしたところ、さらに多くの夢が叶ってしまったのです。今年は毎週1、2個の「やりたかったこと」「欲しかった物」など夢が実現したことになります。

手で書くことの不思議な力

日記のすゝめ
デジタルデータとして記録しておくというのも、やらないよりははるかに良いのですが、手で書くことでより叶いやすくなる気がします。実行力がケタ違いになるというか。一気に実現力が加速したというか──。手で書くことは不思議な力があるとしか言いようがないです。

家計簿も手書きで

日記のすゝめ
それとこちらは私がつけている家計簿。私はお金の流れはすべてNumbers(Mac版のエクセルみたいな表計算ソフト)で記録しているのですが、引っ越してきてからの3年間、毎日購入したものを家計簿に手で書き写しています。

自分で装丁したもの

日記のすゝめ
これはもともとブルーの3年連用日記だったのですが、部屋のインテリアに全く合わなかっため、赤のレザーとスタンピングリーフで自分で装丁し直したものです。スタンピングリーフは結構耐久性がありますね。ずっと使い続けていますが特に背表紙の金色が禿げたりしていません。

去年の今日は何を買った?

日記のすゝめ
こんなふうに、食料品や日用消耗品(トイレットペーパーとか洗剤とか)以外の、その日に買ったものとその値段を記入しています。1万円以上のものはピンクの蛍光ペンで線を引いてます。記録を付けるときに、去年、一昨年に買った中で、壊れたモノ、捨てたモノなど現在存在していないモノを線で消しています。

自戒と金銭対策のツール

日記のすゝめ
デジタルデータとして残しているし、表計算ソフトの方が合計金額などすぐ出せるのになんでわざわざ? と思われるかもしれません。でも手で書くとお金の流れがよりはっきりと分かるんですよ。「これは買って失敗したなあとか」「これ●●円もしたんだ。大事にしなきゃ」とか毎日反省できるし。おかげで最近は無駄遣いもほとんどありません。紙の家計簿は頭を整理し、自戒と今後の対策として機能しているツールなのです。

魔法使いの手引書?

日記のすゝめ
今はめっきり手で字を書く機会が減ったといいますね。でもこのデジタル時代にあえて紙に手で書くのもなかなか良いものです。別に100円ノートでも良いのですが、どうせなら美しい装丁のアンティークな日記帳、家計簿にしてみませんか? スチームパンクテイストの部屋に良く似合いますよ。それに豪華な革装丁の日記帳は、なんだか魔法使いの手引書のようで、願い事も叶う気がしてくるではありませんか!

追記:ご質問に対して

「今日の100文字」の記事は結構反響があって、メールなどもいただいたのでここで返答いたします。

「1000個願い事を書いたらその後どうするの?」──2011年の半ばで1000個になりますが、自分の考えが変わったものや、実現した願い事などを更新し続けています。1000個の夢は固定化していないので、書いたら終わりではありません。また毎日1ヶ月分(30個)の願い事を見直して記憶するようにしています。

「願い事が1000個叶ってしまったら……死んじゃわないですよね」──大丈夫。「宇宙旅行する」「100歳まで生きる」「ささいな事で怒らない」など実現が難しいこと、時間がかかること、常に実行し続けないといけないことも入っているからです。

「生き急いでいるのでは?」──私は生き急いでも良いと思います。漫然と生きて、死が急に迫ってきたとき後悔するのは絶対に嫌です。馬鹿みたいに全力疾走して前のめりに死ぬのが理想。もちろんどんなに夢を叶えても「まだ死にたくない」とは思うでしょうが、少なくとも「あれもやった」「これもやった」という思い出がある方がいいんじゃないかなあ。

追記:2015年12月

日記のすゝめ
日記のすゝめ
この記事を書いてから5年間、日記を書き続けました。この日記も今年で終了。来年からはまた別の形で日記を書き続けたいと思います。自己啓発書など読んでも、実際に行動するのは読んだ人の1〜3%だと言われます。おそらくこんな記事を書いても、やってみようという奇特な人は2、3人いれば良い方かも。でも日記を続ければきっと得るものがあるはずです。ぜひ一度試してみてくださいな。



蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る