バッスルにクリノリン? ヴィクトリア時代の女性の下着について

ふんわりとしたロングスカートはヴィクトリア時代のドレスの象徴ですが、時代によって随分スタイルが変化します。バッスル? クリノリン? スカートを膨らませる下着について解説します。
クリノリン&バッスル

64年間も続いたヴィクトリア朝

クリノリン&バッスル

ヴィクトリア朝と言っても、実はその期間は64年間もあります。ヴィクトリア女王は1837年から1901年の長きにわたって英国を統治していたからです。女性のファッションもその間に様々に変化しています。例えばスカートのスタイルは同じヴィクトリア朝でも年代によって驚くほど違っています。

女子高生のスカート丈に似ている?

クリノリン&バッスル

これは「女子高生のスカートのスカート丈」に似ているかもしれません。100年後の日本人は昔の女子高生の制服はみな同じだと思うでしょうね。でも80年代のスケバン(超ロング)、90年代のコギャル(超ミニ+ルーズソックス)、長すぎず短すぎずで落ち着いた2000年代以降の制服はそれぞれ全く違いますものね。

1860年代後半

クリノリン&バッスル

Victorian and Edwardian Fashion: A Photographic Survey (Dover Fashion and Costumes)

まずはスカートの膨らみについて『Victorian and Edwardian Fashion』の写真を見てみましょう。これは1860年代後半。分かりやすいように以下はシャーロック・ホームズの年齢とともにご紹介します。このスカートが流行したのはホームズが10代半ばの頃。全体がAラインで裾に向かって広がっている形です。

1870年代前半

クリノリン&バッスル

Victorian and Edwardian Fashion: A Photographic Survey (Dover Fashion and Costumes)

1870年代前半。ホームズは20歳前後。宿敵・モリアーティー教授と出会ったころかしら。ドレスのおしりに注目。5年前に比べて、後ろの部分がふくらんでいますね。

1870年代後半

クリノリン&バッスル

Victorian and Edwardian Fashion: A Photographic Survey (Dover Fashion and Costumes)

1870年代後半のドレスです。ホームズがロンドンで探偵業を始めた頃。ふくらんでいたおしりが、今度はスッキリとしたシルエットになりました。

1880年代半ば

クリノリン&バッスル

Victorian and Edwardian Fashion: A Photographic Survey (Dover Fashion and Costumes)

かと思えば、1880年代半ばになってスカートは巨大化! ホームズは30歳代。1880年代なかばから後半にかけて、ホームズはたくさんの事件を解決しています。探偵業も軌道に乗り始めました。

1890年代

クリノリン&バッスル

Victorian and Edwardian Fashion: A Photographic Survey (Dover Fashion and Costumes)

そして1890年代。ホームズ40代に突入。探偵の仕事も乗りに乗っている時期です。スカートは急激にしぼんでいます。巨大化しすぎた反動でしょうか。

1900年代

クリノリン&バッスル

Victorian and Edwardian Fashion: A Photographic Survey (Dover Fashion and Costumes)

1900年代。もうふくらませたスカートなんて時代遅れ! ほっそりしたシルエットが流行。ヴィクトリア女王の死去によって長かったヴィクトリア時代が終わりを告げました。

ホームズは50代にさしかかるところ。1903年には探偵業を引退し、サセックス丘陵のフルワースへと引っ越しました。

アール・ヌーヴォーからアール・デコへ

クリノリン&バッスル

Victorian and Edwardian Fashion: A Photographic Survey (Dover Fashion and Costumes)

そして1910年にエドワード7世が亡くなり、時代はアール・ヌーヴォーからアール・デコへ。1912年の舞踏会ではもう誰もふくらんだスカートははいていません。

昔のドレスはどれも一緒と思いがちですが、ヴィクトリア朝からエドワード朝にかけてはスカートはふくらんだりしぼんだりしていたんですね。

クリノリン(Crinoline)

クリノリン&バッスル

ではどうやってスカートをふくらませていたのか。下半身用の下着には様々な種類があります。これはクリノリン(Crinoline)。スカートをドーム状に広げるためのもので、鯨骨(鯨のヒゲ)、鋼(はがね)などを輪の形にして布にぬいつけています。

セクシーすぎる?命がけ?

クリノリン&バッスル
現代からすると優雅ですが、1863年にヴィクトリア女王はクリノリンを「はしたなく、忌まわしい」ものとして勅書を発表しています。それはクリノリンが歩行中に跳ね上がり足首が見えて卑猥だったことと、クリノリンに暖炉の火がついて火だるまになる女性が後を絶たなかったため。こんな風刺画も描かれています。

バッスル(Bustle)

クリノリン&バッスル
これはバッスル(Bustle)。おしりの部分をふくらませる下着です。つきだしたおしりは女性の成熟度をアピール。木綿のクッションを詰め込んだものや、鯨骨でふくらませるものなど様々なものが発売されました。

ペチコート(Petticoat)

クリノリン&バッスル
次はペチコート(Petticoat)。19世紀初期以前は女性のスカートを指しました。バッスルと混同されることも多いのですが、スカートの下に着用して足さばきをよくする機能があります。レースやフリルが縫い付けられていることも多く、歩くときにちらっと見えるのもセクシー。

パニエ(Panier)

クリノリン&バッスル

これはパニエ(Panier)。フランス語です。様々な長さのものが発売されていますね。スカートをAラインにふんわりふくらませることができます。現在はウェディングドレスやゴスロリファッションのスカートの下によく着用されます。スカートの上に出したり、パニエのみではく方法もあります。

昔も変わらない女心

クリノリン&バッスル
これは私のロングスカートです。年代的には1880年代ごろのスタイルです。100年以上前の女性が流行を追いながら、いかにスカートをふくらませるかに一生懸命だったかを知ると、親近感がわいてきませんか? なんともいじましい女心。現代の女性と変わりませんね。

当記事に使用した画像は一部著作権保護期間を満了したパブリックドメイン写真を使用しています。
蒸気夫人

関連商品・参考文献


Victorian and Edwardian Fashion』は1845年から1905年までのヴィクトリア朝、エドワード朝の人々の写真が200枚以上掲載されています。全ページモノクロですが(当時の写真が白黒だからですね)、非常に見応えのある写真集です。男性、女性両方の写真が載っていますが、やや女性が多いかも。

※情報修正2017年10月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る