ニコラ・テスラ -エジソンの最大のライバルにして天才科学者の数奇な人生-

狂気のマッドサイエンティスト? それとも世界を変えた天才? エジソンの最大のライバルとも言われるニコラ・テスラとはいったいどんな人物なのでしょうか。 彼の数奇な生涯をご紹介します。
ニコラ・テスラ

現在は彼らのものだが、未来はわたしのものだ

ニコラ・テスラ
広告

カルト宗教団体とスカラー波

ニコラ・テスラ
もう10年も前のことですが、白装束集団のニュースを覚えていますか? その異様な姿をニュースでご覧になったことがあるかもしれませんね。彼らが攻撃を受けていると主張するスカラー波は、実はさらに10年ほど前にもニュースで取り上げられたことがあります。地下鉄サリン事件を引き起こしたオウム真理教もこのスカラー波による超科学器を研究していたのです。

スカラー波は、ある科学者が主張したスカラー電磁波重力理論の概念です。その科学者の名はニコラ・テスラ

歴史的な大科学者・テスラ

ニコラ・テスラ
一般的にあまり知られていませんが、ニュートンやパスカル、ガウスなどの科学者同様、テスラはその名を物理学の単位に残しています。テスラは磁界における磁束密度(じそくみつど)を表す単位なのです。

また世界最初の交流発電システム、無線通信技術、高周波変圧器などの画期的な発明をしたのもテスラです。今日私たちが洗濯機を使えたり、リモコンでテレビをつけられるのもテスラのおかげと言えば分かりやすいでしょうか。

オカルト信者が支持する悪魔の発明家?

ニコラ・テスラ
日本ではテスラの名前を知る人はあまりいませんが、カルト宗教などのオカルト信者には熱狂的に支持されています。彼らによると、現代の科学水準をはるかに上回るテスラの発明品の設計図は、現在FBIに押収され極秘に研究されているのだそうです(『Xファイル』そのものですね)。天才科学者でありながら、「悪魔の発明家」とも言われるニコラ・テスラとはいったい何者でしょうか?

エジソンの宿命のライバル

映画『プレステージ』(2006)に登場する、デヴィット・ボウイ演じるニコラ・テスラ

テスラは1856年7月9日にクロアチアのセルビア人として生まれました。わずか5歳にして水車を発明した神童でした。28歳でアメリカに渡り、発明王・トーマス・エジソンの片腕として働きました。

奇術師のあまりにも深すぎる業とマックス・マーリニ『プレステージ』
19世紀末のロンドンで火花を散らす二人のマジシャン。世界一の奇術師の名声を得るのははたしてどちらか? 天才科学者ニコラ・テスラのあまりにも美しすぎるテスラコイルは必見です。
映画『映画プレステージ』はスチームパンクなテイストもあり大変お勧めです。できればお友達とご一緒に見たほうがいいかも。映画を見た後に誰かに話したくて仕方がなくなるからです。まだ見てない方にはネタバレ厳禁ですよ!

発明王トーマス・エジソンと対立

ニコラ・テスラ

映画『プレステージ』(2006)

やがてテスラはエジソンの元で、交流発電システムを完成させます。しかし悲劇は起こりました。彼のボスであるエジソンは直流発電システムを支持し、電気に関する多くの特許権を独占していたのです。テスラは直流式よりも遠距離の送電が可能で、コストも安い交流式の方が優れているとし、エジソンと真っ向から対立しました。

「交流式」と「直流式」の電流戦争

ニコラ・テスラ

映画『プレステージ』(2006)

エジソンの一派は、交流式が危険であるとして犬や猫を交流式発電機につなげて感電死させるという、えげつないパフォーマンスを各地で催し、テスラを批判しました。

一方テスラはテスラ・コイルと言われる高周波発電機を使って、100万ボルトの電流を自らの体に流し、バチバチと稲妻を放電するショウを人々に見せました。この電撃ショウは、大衆の圧倒的な支持を受けて、テスラは「電気の魔術師」と呼ばれました。

結局この電流戦争はテスラが勝利し、今日交流電力は世界中で利用されています。家庭用のコンセントに供給されているのもこの交流電気です。

「私は地球だって破壊できるのだ!」

ニコラ・テスラ
しかしテスラは徐々に狂気に取り憑かれていきました。彼はESP(超感覚知覚。いわゆるテレパシーなどの超能力)を信じ、脳を刺激するために有害なX線を頭に照射するなどの奇行に及びました。

そして、小型の発振機によって建物を破壊する実験を繰り返しました。彼は新聞記者や友人に、「私はエンパイア・ステートビルを数分でがれきの山に変えられる。この地球だって数ヶ月から1、2年かければまっぷたつに割ることができる」と語りました。

奇人・マッドサイエンティスト?

ニコラ・テスラ

スチームガーデン10「豪華客船ミステリー」PV

彼はラジオ受信機を使って火星からのメッセージを受信したと発表し、アインシュタインの一般相対性理論は間違いだと主張し、惑星間通信を計画し、思考をイメージ化する装置を研究しました。1930年ごろには電波スカラー兵器や超音波銃の発明に熱中するようになりました。

そしてテスラは大衆から、頭のおかしい奇人・マッドサイエンティストと噂されるようになったのです。彼を支持するのは一部のオカルティストだけでした。

ハトだけが友の晩年のテスラ

ニコラ・テスラ
晩年のテスラは、ホテル住まいで孤独に過ごしました。彼の唯一の友人はハト。生涯結婚もせず、公園でたくさんのハトたちに餌をまくのが楽しみだったようです。彼はひっそりと86歳でこの世を去りました。彼は偉大な科学者・発明家でしたが、不遇の天才でもあったのです。

波乱の予感? 豪華客船ミステリーSG10

ニコラ・テスラ

スチームガーデン10「豪華客船ミステリー」PV

スチームガーデン10では天才・テスラの持つ巨大な豪華客船「空の王者号」が舞台となります。何やら波乱の予感がしますね。乗客の皆様、どうぞご用心、ご用心。

スチームガーデン10「豪華客船ミステリー」 in 代官山ユニットに参加しました!
2016年04月23日、東京代官山ユニットにてスチームパンクイベント・スチームガーデン10「豪華客船ミステリー」が開催されました。写真とともにレポートをご覧ください。
蒸気夫人
当記事の画像は著作権保護期間を満了したパブリックドメイン写真を使用しています。

関連商品・参考文献



※情報修正2017年12月

トップへ戻る