日本最初のロボット・学天則と西村真琴博士

日本で最初のロボット・人造人間の名は「学天則」。1928(昭和3)年に、科学者・西村真琴博士によって作られました。空気圧によって表情を変える人間味のあるロボットです。
日本初のロボット学天則

人造人間は科学と芸術の交流によつて成り出ねばならない

『大地のはらわた』 西村真琴

西村真琴博士の活躍

日本初のロボット学天則
西村真琴博士は1883(明治16)年、長野県松本市に生まれました。広島師範学校を卒業後、中国大陸へわたり校長先生として教育の仕事のかたわら、生物調査研究に明け暮れました。その後アメリカへ留学して生物学を究め、北海道大学の教授になりました。東京大学から理学博士を授与されたこともあり、生物学者として成功を収めた人物です。

西村真琴博士の活躍

日本初のロボット学天則
その後1927年に大阪毎日新聞社に入社した西村博士は、京都で開かれた昭和天皇御大礼記念博覧会に、日本最初の、いえ東洋でも初であるロボット・学天則を出品。日本中の人々の度肝を抜きました。

人間らしいロボット

日本初のロボット学天則
高さ約3.5m、幅約3m。頭の上の告暁鳥という機械仕掛けの鳥が鳴くと學天則は瞑想しはじめます。そして霊感灯というライトが光ってペンで文字を書きました。

天則(自然)に学ぶ」から名前をとっているだけあって、学天則は自然や人間らしさを表現することを目的としていました。表面には血管のように空気のチューブが張り巡らせてあって、空気の圧力でピストンを動かすことで、表情を豊かに変えることができました。

あらゆる人種の特徴を詰め込んだ顔

日本初のロボット学天則
学天則はある特定の人種の顔ではなく、あらゆる人種から、顔のパーツを組み合わせてデザインされています。額と目がヨーロッパ人、ほおと耳がアジア人、鼻と口がアフリカ人、髪型がインディアンの羽飾りを表しています。黄金に光り輝く学天則は、公開された時、その神々しさに思わず人々がおがんでしまったというエピソードもあるんですよ。

哲学があるロボット

日本初のロボット学天則
西村博士は学天則に「世界の平和」「人類の友好」「科学の暴走の危険性」「芸術と科学の融合」など様々なメッセージを込めました。性別も、人種も、国籍もないロボットを作ることで、人類に警告を発したのです。学天則は単に最先端の技術を詰め込んだだけではなく哲学のあるロボットでした。

早すぎた天才

日本初のロボット学天則
しかしながら学天則は見世物的に受け入れられただけだったようです。廣島市の鳥瞰昭和産業博覧会(1929年)や朝鮮博覧会(1929年)などに出品されたものの学天則の技術を活かした工業には発展しませんでした。残念ながら西村博士の想いは大衆に正確には伝わっていなかったようです。彼は早すぎた天才だったのですね。

2008年に動く学天則を復元!


学天則は、ドイツへ渡った後行方不明になってしまいましたが、1992年に大阪市立科学館よって動かないレプリカが製作されました。そして2008年には大阪市立科学館の学芸員と製作業者が協力して実物大の動く学天則が完成しました。

ぜひその動きを動画でみてください。コンピュータ制御されたエアシリンダーで、当時の学天則よりもさらに精巧な動きになっていますよ。

『帝都物語』で帝都・東京を守るために戦う学天則


大阪までは遠すぎるという方は、Amazonプライムビデオで『帝都物語』をどうぞ(無料で見られます)

荒俣宏原作の映画『帝都物語』には、西村博士の役を西村晃氏が演じて、ロボット学天則と共に出演していますよ。実は時代劇ドラマ『水戸黄門』の黄門さまの役で有名な俳優の故・西村晃氏のお父さんは、西村真琴博士なのです。帝都・東京を守るために命をかけて戦う学天則にきっと心が熱くなるに違いありません。

ロボット大国になったけど……

日本初のロボット学天則
現代でこそ、AIBOやASIMOなど、「人間の友としてのロボット」が研究されていますが、約90年も前に学天則のようなコンセプトでロボット開発をした人がいるというのはまったく驚きです。

現在日本はロボット大国になりましたが、西村博士の夢見た世界平和に貢献できているでしょうか? 近い将来に学天則の哲学を持つ、人間そのもののロボットが完成することを願ってやみません。

参考文献

蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る