タフな肉体派ホームズ&ワトソンの冒険『シャーロック・ホームズ』

19世紀末ロンドンのヒーローシャーロック・ホームズ。映画『シャーロック・ホームズ』ではワイルドなロバート・ダウニー・Jrホームズと美男子ジュード・ロウワトソンが大活躍。
シャーロック・ホームズ

広告

マッチョでタフなシャーロック・ホームズ

おそらく一般的なシャーロック・ホームズのイメージは、NHKで放映していた英国グラナダTV制作のテレビドラマ『シャーロック・ホームズの冒険』かもしれません。主演のジェレミー・ブレッドはインテリ紳士・ホームズのイメージにぴったりでした。

グラナダ版『シャーロック・ホームズの冒険』とジェレミー・ブレット
古今東西たくさんの俳優がホームズを演じてきました。中でも最も原作に近いと言われているのが、ジェレミー・ブレットの『シャーロック・ホームズの冒険』。動画とともにご紹介します。

原作を読んだことがなく、世間一般のホームズ像しか知らない方にとって、ロバート・ダウニー・Jrのホームズはかなりイメージが違うのかもしれません。なんせ大男もノックアウト、拳銃を撃ちまくり、走りまくるマッチョなホームズですからね。

実は原作ホームズはアクション派

でも実は、原作のホームズはフェンシング、ボクシング(そしてバリツ・武術)の腕前もプロ級、暖炉の火かき棒をぐっと曲げてしまう(※)ような怪力。痩せ型とは言え、身長は180センチを越す大男です。ホームズは頭脳だけがたよりのひ弱な男ではなく、文武両道のオールマイティ型。だからロバート・ダウニー・Jr版のホームズは意外に原作に合っているんですよ。

正確には『まだらの紐』事件で、ロイロット博士が曲げた火かき棒を、まっすぐに曲げ直したエピソード。曲げるよりもまっすぐにする方が力がいる。

イケメンすぎ? 美青年ワトソン

そして相方のワトソン役、ジュード・ロウ。これこそ私が待ち望んでいたワトソンです。一般に流布しているホームズの引き立て役としての「頭の悪いメタボ中年ワトソン」なんてイメージは間違っていると言いたい!

仮にも医者ですし、多くの場合、人は同じレベルの人と付き合うものです。天才ホームズと対等に渡り合える相棒なら、同じく頭脳明晰で身のこなし敏捷な英国紳士に決まってます。

アイリーン・アドラー嬢も登場

シャーロキアンならニヤリとしてしまうおなじみの登場人物も。その内の一人はアイリーン・アドラー。『ボヘミアの醜聞』で、女嫌いのホームズを翻弄した「The woman」です。映画でも峰不二子的悪女っぷりを炸裂させていますよ。そして変人の間借り人に困った顔のハドソン夫人、そして忘れちゃいけない、あの人物も──。

世界最高のホームズ・ジェレミー・ブレッド

個人的には名優ジェレミー・ブレッドのホームズは私も世界最高のホームズだと思っています。彼はドラマシリーズ『シャーロック・ホームズの冒険』の第六シーズン撮影終了後に心臓麻痺でなくなっています。重病をおして命をかけてホームズ役を演じきったジェレミー・ブレッド。惚れ惚れするようなホームズです。

どっちもコカイン中毒

でもロバート・ダウニー・Jrだって負けてませんよ。彼は8歳からマリファナ中毒で、何度も薬物所持で逮捕されていますからね。もちろんコカインもやってました。何かと言うとコカインを打っているシャーロック・ホームズにぴったりではないですか!

……っと、これはブラック・ジョークが過ぎましたね。まあ、19世紀末にはコカインやモルヒネは合法だったんですけんどね。

小道具・インテリア・ファッション

スチームパンカーが小躍りするような、カッコいいメカも出てきますし、シャーロック・ホームズとワトソンの暮らすロンドンベーカー街221Bのアパートのインテリアも素晴らしい。ホコリっぽく、ごちゃごちゃ、ごてごてしたあのホームズの部屋が見事に再現されています。壁に弾丸を打ち込んでヴィクトリア女王のイニシャルを書くというファンにはおなじみのシーンも。アイリーン・アドラー嬢のスチームパンクファッションも大いに参考になりました。

ホームズ・ワトソンの愛の物語

そしてなにより、この映画ではホームズとワトソンの愛が感じられるんですよ。婚約者を連れてきたワトソンにツンデレっぷりを発揮するホームズ、自分の身をかえりみずホームズを助けるワトソン。アクションも息がぴったり。見つめ合う二人の図の美しいこと、美しいこと! 眼福とはこのことです。バディ映画が大好きな方におすすめです。

蒸気夫人

関連商品

※情報修正2018年03月

トップへ戻る