書籍 「ヴィクトリアンインベンション(VICTORIAN INVENTIONS)」 奇想天外な発明品

ページを繰る手が止まらない『ヴィクトリアン インベンション-19世紀の発明家たち』は歴史を変えた大発明、奇想天外な珍発明をクラシカルなイラストで紹介している書籍です。
Victorian Inventions

本書には1865年から1900年のスチームパンクまっただ中の時代に、『サイエンティフィックアメリカン誌』、フランス誌『ラ・ナチュール』、オランダ誌『デ・ナツール』、英国紙『ネイチャー』など、当時一流の科学雑誌に掲載された記事で構成されています。出版は1971年、著者はレオナルド・デ・フリーズ(Leonard de Vries)。今から40年も前の書籍です。

オーバーテクノロジーで過剰装飾なメカ

Victorian Inventions
すべてのページに掲載されている当時のイラストレーションが絶品! 昔のメカのオーバーテクノロジー、過剰装飾を存分に堪能できます。左の「汽動馬(1876)」、カリフォルニアのマチューソン氏による発明品。燃料にガスを用いた5馬力の蒸気エンジン。でもわざわざ馬の形にすることはないのでは……。車体の飾りも現代なら不必要と削られてしまうでしょうね。

右の「救命胴衣着用の給水人形(1880)」はアメリカ人デルホマー氏の発明。船の乗客に救命胴衣の着用法を教えようという着想で作られました。現代の我々の斜め上を行く発明品です。

スチームパンクパラレルワールド

Victorian Inventions
この本の面白さは掲載された発明品のカオスっぷりです。

【1】19世紀後半に実現した発明品
【2】19世紀後半・20世紀初頭は実現しなかったが、現代では実現した発明品
【3】出版当時(1971)には実現していなかったが、現代では実現した発明品
【4】現在実現不可能だが、未来には実現可能かもしれない発明
【5】物理、科学法則を無視しておりとうてい実現不可能な発明品

がごっちゃに掲載されている点です。まるでウソとホントが入り混じったパラレルワールドを覗き見ているようで、ワクワクしっぱなしです。

【1】19世紀後半に実現した発明品

Victorian Inventions
こちらは実際に実用化された発明品。ご存知エジソンの「蓄音機(1877)」に、グラハム・ベルの「電話機(1876)」です。これらは随分進化した形で現代も使われていますね。この手のページは発明史の基本をおさえておくのに役立ちます。

【2】19世紀後半・20世紀初頭は実現しなかったが、現代では実現した発明品

Victorian Inventions
寝室用自動送風機(1872)」。ベッドの上に時計じかけの送風うちわがついていて、涼風を送り蚊を追い払うというもの。実用化はされませんでしたが、現代ではエアコンとして一般に普及していますよね。現代のエアコンはおやすみモード、除湿・加湿モード、自動掃除モードなんかもあって、至れり尽くせりの機械になりました。

【3】出版当時(1971)には実現していなかったが、現代では実現した発明品

Victorian Inventions
人工宝石をつけた踊り子(1884)」。色とりどりのガラスやレンズを宝石そっくりに作り、内部に電球を埋め込んで衣装に縫いつけた発明品。パリのトルーベ氏の発明です。暗闇でピカピカ光るダンサーは注目の的! でも小型電池では十分な光量がなく、電球によって生ずる熱が問題になったのではないかと思われます。

Team iLuminateのLEDダンス


私はこのイラストを見て、Team iLuminateというダンサー集団のパフォーマンスを思い出しました。コンピュータ制御による電飾システムが組み込まれた衣装を着て暗闇で踊るダンスです。『America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)』というテレビ番組に出演して、Youtubeで一躍有名になったのであなたも見たことあるかもしれませんね。LEDとコンピュータの出現によって実現しました。

失敗に終わったコウモリ型グライダー

Victorian Inventions
ベルギー人デ・グルーフ氏の「コウモリ型グライダー(1874)」。全長12.2メートルの主翼と6メートルの尾翼を持った、羽ばたき型飛行機です。デ・グルーフ氏は何度かの飛行実験を経た1874年07月09日に、気球から離脱後翼が空中分解して墜落、絶命してしまいました。

Jarno Smeets氏の羽ばたき飛行機


でもこちらの動画を御覧ください。これはオランダのエンジニアJarno Smeets氏が率いるプロジェクト「Human Birdwings」の映像です。羽ばたきながら飛び立ち、100メートルの飛行に成功しました。これはWiiリモコンに内蔵されている加速度センサーで操縦者の手の動きを増幅させ、スマートフォンでコントロールして羽ばたく仕組み。すごい! 本当の鳥人間みたい!

ただしこの映像はCGによるフェイクだという指摘もある(人力飛行はわざと不鮮明に作ったCGだった)。うーん、どうなんだろ?

【5】物理、科学法則を無視しておりとうてい実現不可能な発明品

Victorian Inventions
上のグライダーとは真逆に、私のようなド素人から見ても、こりゃ無理だろ……とつぶやかずにはおれない飛行機です。「軽便空中歩行器(1888)」。小学生による「ボクの考えた空飛ぶ機械」そのものです。いや今日びの小学生も画用紙に描く前に頭の中で却下するレベルかもしれない。でもタケコプターみたいで夢がありますよね。

八方破れ型飛行機

Victorian Inventions
アメリカ人エイヤーズ博士による「八方破れ型飛行機」。機体中段のシリンダーとフレームのパイプ中に200気圧の圧縮空気が数時間の飛行に備えて詰められており、これが主要な動力源となる──そうです。なんか言ったもん勝ち的な言い切り方です。そりゃ言うだけなら簡単だよね。この論文を載せた真面目科学雑誌『サイエンティフィックアメリカン誌』はどういうつもりだったんでしょうか。

100年前の人々が夢見た未来

Victorian Inventions
本書には全ページにイラストが満載されていますので、パラパラと眺めているだけでも好奇心が刺激され、「これは現代でいうと●●機だな」とか「これは近い将来には実現するかも」なんて想像力が膨らみます。またスチームパンカーのみなさんには、スチームパンクグッズ、メカの制作の大きなヒントとなるはずです。100年前の人々が夢見た未来をぜひどうぞ。

追記(2012/04/20)

読者のおかもとさんより、ご指摘をいただきました。

「ヴィクトリアン インベンション」の参考書籍として、『図説 発明狂の時代』と『ヴィクトリアン インベンション―19世紀の発明家たち』の2冊をあげられていて、どちらも絶版と書かれていますが、2002年に発行された以下の本は絶版ではないようです。

おかもとさんからの手紙

ありがとうございます! 『図説 創造の魔術師たち―19世紀発明家列伝』を参考書籍に追記しておきました。ご指摘助かります☆


蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る