グラナダ版『シャーロック・ホームズの冒険』とジェレミー・ブレット

古今東西たくさんの俳優がホームズを演じてきました。中でも最も原作に近いと言われているのが、ジェレミー・ブレットの『シャーロック・ホームズの冒険』。動画とともにご紹介します。
シャーロック・ホームズの冒険

『シャーロック・ホームズの冒険』とは?

『シャーロック・ホームズの冒険』は、1984年、英国グラナダテレビによって制作されたドラマシリーズ(通称:グラナダ版)です。日本ではNHKで1985年〜1995年に放映されました。

ホームズ役として主演したのは、英国俳優ジェレミー・ブレットJeremy Brett 1933年〜1995)。映画『マイ・フェア・レディ』、『戦争と平和』、『超人ハルク』などに出演していますが、最もホームズらしいホームズ役としてシャーロキアンの間で人気を集めています。

完璧なシャーロック・ホームズの世界


まるでシドニー・パジェットの挿絵から抜け出てきたような完璧なジェレミーのホームズ。グラナダ版は、コナン・ドイルの原作に忠実であるだけでなく、ヴィクトリア時代のイギリスの風景を正確に再現しています。オープニングのベイカー街の映像と美しいヴァイオリンの音色だけで、気分は130年前の英国へタイムスリップ!

シドニー・パジェット(Sidney Paget 1860〜1908)は英国のイラストレーター。シャーロック・ホームズシリーズの挿絵を手掛けた。

二人のワトソン

動画はデヴィット・バーク演じるワトソン。

グラナダ版には、二人のワトソンがいます。第一のワトソンはデヴィット・バーク(David Burke、1934〜)。若々しく活動的なワトソンを13エピソード分演じましたが、「最後の事件」で降板しました。

第二のワトソンはエドワード・ハードウィック(Edward Hardwicke 1932〜2011年)。冷静沈着な落ち着きのあるワトソンを28エピソード演じました。

60編のうち映像かされた41エピソード


アーサー・コナン・ドイルは、1887年発表の『緋色の研究』から1927年の『ショスコム荘』までの40年に、56本の短編と4本の長編、合計60本のシャーロック・ホームズ物語を書きました。
心霊研究家コナン・ドイルが巻き込まれたコティングリー妖精事件とは?
コナン・ドイルは『ホームズ』シリーズで知られていますが、オカルトマニアとしても有名です。心霊研究家としてのドイルが巻き込まれた妖精事件とはいったい何だったのでしょうか?
コナン・ドイルの『失われた世界』とヴィクトリア時代の恐竜ブーム
シャーロック・ホームズシリーズで有名なアーサー・コナン・ドイルのSF小説『失われた世界』と恐竜についてのコラムです。ヴィクトリア朝の恐竜ブームとは何だったのでしょうか?
グラナダ版は途中で予算のカットや、ジェレミー・ブレットの体調不良(薬の副作用で体重が増加したり、躁うつ病に苦しんだ)、エドワード・ハードウィックのスケジュール調整などの困難に直面しましたが、10年間にわたって41本のエピソードが撮影されました。

死後もなお人気のグラナダ版ホームズ


残念ながら1995年にジェレミー・ブレットは心不全のために亡くなりました。まだ61歳でした。グラナダ版で映像化されなかった作品は19作品。ジェレミーの早すぎるの死が非常に惜しまれます。

しかし今から30年近く前のドラマシリーズにもかかわらず、現在でもグラナダ版ホームズの人気は衰えていません。現在のBBCドラマ『Sherlock』の人気も、やはりグラナダ版という輝かしいドラマシリーズがあったからこそでしょう。

ドラマの映像のおかげで想像できた


私がこのグラナダ版ドラマを中学生の頃に見てからずっと、シャーロック・ホームズに魅了されてきました。小説で読んではいたけれど、遠い異国の英国・ロンドン、しかも100年以上も前の想像もつかなかった世界が、グラナダ版で一気に私の頭の中に構築されました。

19世紀末のヴィクトリア朝ベイカー街は、歴史考証の専門家を監修に招き、実物があるものは出来る限り当時のものを使用し、ないもの(モラン大佐の銃など)は考証に考証を重ねてスタッフが作り上げたそうです。シドニー・パジェットの挿絵と同じ構図で撮影するという念の入ったエピソードもありました。

私がはっきりと「大人になったらホームズの家に住むんだ!」という夢を描けたのも、すべてこのグラナダ版のおかげです。

『海軍条約文書事件』バラのスピーチ


シャーロック・ホームズは私の永遠のヒーロー。生きる手本であり、難しいことが起こった時にはいつも「ホームズならどうするだろうか?」と考えます。そんな時私の想像のホームズはジェレミー・ブレットのイメージと渾然一体となっているのです。

『海軍条約文書事件』のバラのスピーチのシーンなどを思い出して、「そうだな、こういう余計な出来事こそが人生の面白さだな」と心が落ち着いたりするのです。

レディ・ホームズのコスプレで参加します


私が現在ホームズの部屋を再現した家に住んでいるのも、『ネオヴィクトリアンDIYブック』という本が書けたのも、みんなグラナダ版『シャーロック・ホームズの冒険』があったからこそ。

というわけでサンジェルマン伯爵の時計塔では、偉大なるジェレミー・ブレットに敬意を表して、ジェレミー版シャーロック・ホームズ(レディ・ホームズ)の扮装ででかけようと思ったわけです。

シャーロック・ホームズの思い出『レディ・ホームズの冒険』
私の子ども時代のこととシャーロック・ホームズの思い出、そして若い方に向けてのメッセージです。サンジェルマン伯爵の時計塔には女性版レディ・ホームズの扮装で参加します。
蒸気夫人

関連商品・参考文献

蒸気夫人

※情報修正2017年10月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る