インタビュー「潜水氣球」YoshidaFactoryさん

この記事をシェアする

この美しいペーパークラフトは「潜水氣球」。叙情的で繊細。古き良き時代のSFを髣髴(ほうふつ)とさせる作品です。YoshidaFactoryさんのインタビュー記事をどうぞ。
YoshidaFactory

潜水氣球は氣球型の一人乗りの潜水艇である。

重力制御歯車を浮沈装置に使用し、短時間の飛行すら可能な高性能さなのだがすこしばかり燃料費がかさむのがいかんな・・・いざ!ランゲルハンス島に行こうじゃないか

潜水氣球(YoshidaFactory)

YoshidaFactory
YoshidaFactoryさんに初めてお会いしたのは、京都で開催された「スチーム・パンク初心者の館」でのこと。確かな技術力と自由な発想に惚れ込んでしまいました。YoshidaFactoryさんの木製ギアコースターや蒸気バッジもお気に入りです。コースター300円、潜水氣球1000円って本当にこのお値段でいいんでしょうか。

関西スチームパンカーの底力「スチームパンク初心者の館 Level2 レポート」
京都で2015年11月1日に開催されたスチームパンク初心者の館Level2は、大盛況のうちに幕を下ろしました。レポートと若きスチームパンカーにお伝えしたいことを書きました。
YoshidaFactory
こんな素敵な作品をお作りになるYoshida Factoryさんとはいったい何者? 読者のみなさまも興味津々と思います。メールでのインタビューと写真の提供を快諾していただきましたので以下ぜひご覧くださいませ。

お名前をうかがってもよろしいですか? お名前の由来などありましたらお教えください。

YoshidaFactory
友人依頼の楽器などを作ったりしていましたらいつの頃からかYoshidaFactoryと呼ばれる様になりましてtwitterアカウントを作る時に使用しました。後にそのまま屋号ににしました。

写真は12月05日、06日にポートメッセなごやで開催されたハンドメイド市場でのYoshidaFactoryさんの様子。売り子さんの低音難聴の電氣ブラン奴隷(篠本伶生さん/@Leon_Schinomild)さんと。博士と可愛らしい助手といったたたずまい。実は彼女、ヨシダ博士製作のヒューマノイドなのですぞ。

ご趣味、現在はまっているものはありますか?

YoshidaFactory
海釣りが趣味です。船は使わず突堤から鰤を狙い2013年に84センチの鰤を釣ったのが最大でした。寒い時は行きません。

読者の皆さんに簡単な自己紹介をお願い致します。

YoshidaFactory
子供の頃から図画工作ばかりやってました、気が付くといい年齢になってました。最近やっとおじさんと呼ばれる事に慣れました。

製作を開始されたのはいつごろでしょうか? 一つの作品を完成させるまでどのくらいの時間がかかりますか?

YoshidaFactory
工作は物心付いた頃からずっとやってます。少し前はサイバーパンクっぽい物が多かったですね。レーザーカットのペーパークラフトは設計に一週間、説明書に一週間です。最近よく連れているウサギさんのロボットは2ヶ月かかってます。

そもそもスチームパンク作品をお作りになったきっかけは何でしょうか? またそれはいつのことでしょうか?

YoshidaFactory
卓上のCNC加工機を導入して歯車の自家生産が出来るようになりましたので、3年程前に始めました。

一番のお気に入り作品はなんでしょうか。またここに注目してほしいという作品のポイントはどこでしょう?

YoshidaFactory
マスコットキャラクターになりましたウサギさんのロボットですね。イベント会場に置きっぱなしに出来ないので連れて帰ってます。私の作品で注目して欲しいところは、既成品歯車では無く、いちいち専用設計独自生産しているところです。

このロボウサギさんは京都スチームパンク初心者の館でも大人気でした。フッサフサのうさちゃんが固い身体のロボになっている──という発想のユニークさが面白いです。

スチームパンクに関するご家族やご友人の反応はいかがですか?

YoshidaFactory
私の友人ではスチームパンク系で無くとも理解が深い人が多く、作品を作る度に面白がってもらっています。

以下写真は潜水氣球の組み立ての様子です。

YoshidaFactoryさんにとってのスチームパンクの定義(イメージ、方向性など)は何でしょうか?

YoshidaFactory
一般的なスチームパンクっぽいものがベースになっています、カッコイイ系が好みです。

スチームパンクな作品(映画、ゲーム、文学など)でお勧めがありましたらご紹介ください。

YoshidaFactory
映画「未来世紀ブラジル」やアニメ「ふしぎの海のナディア」辺りを。

日本におけるスチームパンクのムーブメントについて思うことはありますか?

YoshidaFactory
スチームパンクの人は私の知る限り優しい人が多く、新しく始めようとする人に協力的です。今後根強く広まっていくのだと感じています。

今後どのような活動、プロジェクトを予定されていますか?

YoshidaFactory
まずはペーパークラフトのバリエーション追加をやりたいですね。ギミック系のアクセサリーも充実させて行きたいと考えています。

最後に読者のみなさんへメッセージがありましたらぜひ☆

YoshidaFactory
まだまだ力量不足ですが、これからも頑張っていきます、どうぞ宜しくお願いします。

インタビューを終えて

YoshidaFactory
YoshidaFactoryさんはとてもおだやかで物静かな紳士──といった風情ですが、実はモノづくりに情熱を傾ける熱いエンジニアでもあります。こんな素敵なメカを発明してしまうのだからきっとロマンチストでもあるのでしょうね。

YoshidaFactory
YoshidaFactoryさんのブログを拝見すると、ギアのコースターは「勿論色を塗ったり、紙を貼ったり、お好みでお使いください」とモノづくりを推奨されています。心の底から手を動かして作ることがお好きなんだなと伝わってきました。

YoshidaFactoryさんは2015年12月12日(土)、13日(日)名古屋クリエイターズマーケットにも参加されます。スチームパンク特設ブース、Q-7です。ペーパークラフトだけでなく、アクセサリーなども販売されますよ。最新情報はYoshidaFactoryさんのブログ、またツイッター(@YoshidaFactory)を要チェックです!

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る