ツイードラン(Tweed Run)2014 in 名古屋に参加しました!

2014年10月25日、名古屋市内で行われたツイードラン2014に参加しました。参加者が毛織物(ウール)の1種であるツイード製の服を着て、街中を自転車で走るイベントです。
ツイードラン名古屋2014

参加するみなさんは事前に動画・写真の使用についての承諾書にサインをしていますので、この記事ではお顔にぼかしを入れていませんが、問題が生じましたら直ちに記事及び写真を修正・削除いたします。

【動画】2013年ツイードラン東京の様子


ツイードランとは、2009年にイギリス・ロンドンで始まったイベントです。ツイードを着て街を自転車で走り、ツイードの素晴らしさ・自転車の楽しさや安全運転を広めるための運動。公式大会は東京では3回目、名古屋では2回目の開催でした。ツイードランでは街中を自転車で走るだけでなく、終了後に参加者のパーティーも企画されています。

午前10時受付開始

ツイードラン名古屋2014
午前10時から、栄の名古屋テレビ塔にて受付開始。なんかここだけ全体的に茶色い。そう、それは参加者の皆様が全員ツイードを着ているからなのです。ツイード製の服はいろんな色があるのですが、ブラウンやカーキ、グレー、ベージュなど落ち着いた色合いが人気です。

「郊外に鳥撃ちにでかけるワトソン」

ツイードラン名古屋2014
私もブラウンを基調色にしたツイードファッションでびしっとめかしこんできました。本日のテーマは「郊外に鳥撃ちにでかけるワトソン」。参加者は抽選に当たった150名です。当選通知をいただくまで、参加できるのかドキドキでしたが、なんとか滑り込みました。

ツイードファッションと自転車のイベント・ツイードラン2014(東京・名古屋)のお知らせ
ツイードランはツイードで街を自転車で走り、ツイードの素晴らしさ・自転車の楽しさや安全運転を広めるための運動です。2014年は東京と名古屋で開催。あなたも参加してみませんか?

自慢の黒糖号で参加

ツイードラン名古屋2014
私の愛車は、このブログの読者にはお馴染みの昭和レトロ自転車・黒糖号。100円ショップのパーツや、手作りのヘッドバッヂ、フレームカバーでピッカピカに飾り立てています。

黒糖号完成!『銀輪は唄う』「昭和レトロ自転車改造記【7】」
完成した私の昭和レトロ自転車「黒糖号」をご披露いたします。天国のグランマー、見てるーっ? 格好だけでもおばあちゃんみたいになれたかなー? 自転車大改造記もこれにて大団円です。

昭和レトロ自転車で話も弾む

ツイードラン名古屋2014
偶然にも会場には同じ昭和レトロ自転車(スワロー)の方がお一人いらしたんです。昭和レトロ自転車同士、話が弾みました。現代の超軽量&超高速のスポーツバイクに比べると、重くてペダルを漕ぐのも大変なんですが、その独特の外観に惹かれるんですよ。珍しい自転車だからか、たくさんの方が話しかけてくださいました。

超おしゃれな男性陣

ツイードラン名古屋2014
全体的にみると、参加者は中高年の男性が6〜7割を占めているようでした。皆さんとってもおしゃれ。ハンチングに蝶ネクタイ、ウェストコート(ベスト)にニッカーボッカー。個人的に男性のこういうファッションって大好きです。目の保養。

こだわりの自転車もたくさん

ツイードラン名古屋2014
みなさん自転車にもこだわりがあって、クラシカルなもの、最先端のものなど様々。私は自転車のブランドには明るくないのですが、数十万円(数百万円?)級の超高級自転車もたくさんあったみたい。この光景は自転車好きの方にはたまらないでしょうね。

11時 実行委員長・栗野宏文氏挨拶

ツイードラン名古屋2014
11時にオープニングセレモニーが始まりました。日本のファッション界の重鎮、そしてユナイテッドアローズの創業メンバーでもある、ツイードランの実行委員長・栗野宏文氏のご挨拶。そして注意事項や走行のグループ分けなどのアナウンスがありました。

11時30分 テレビ塔前を出発

ツイードラン名古屋2014
11時30分。名古屋テレビ塔前を出発。参加者は各10数名ずつグループ分けされ、3分おきに順次出発していきます。私は第9グループ。先ほどのスワローの昭和レトロ自転車のオーナーさんとご一緒でした。今日の天気は快晴。気温も上がって汗ばむほどです。

ペダルが重いけど全然平気!

ツイードラン名古屋2014
我々昭和レトロ自転車組は第9グループの最後列。だってめっちゃギアが重いんだもん。最先端のハイテク自転車についていくのがやっと。でも涼しい顔でライド。途中、通行人の方々に「今日は何かのイベントですか?」と何度も聞かれました。みんなクラシカルな格好だから目立つんですね。

13時 テクノミュージアムで休憩

ツイードラン名古屋2014
13時。給水・トイレ休憩ポイントのトヨタ産業技術記念館(テクノミュージアム)に到着。レンガ造りの美しい建物に、ツイードファッションが良く似合います。汗びっしょりでしたが、疲れも吹き飛びました。

電子パイプが人気

ツイードラン名古屋2014
私は今回一人での参加だったのですが、初対面でもお洋服や自転車の話で大いに盛り上がりましたよ。この日は電子パイプも持参したのですが、これが意外に人気。

シャーロック・ホームズの愛用品・電子パイプ&電子タバコについて
ホームズと言えば鹿撃ち帽にインバネス、虫眼鏡……そしてパイプ! でも本物のパイプはちょっと敷居が高い。そこで電子パイプを入手しました。電子タバコについても解説します。

まるで伯爵のような気品ある紳士

ツイードラン名古屋2014
でも一番人気だったのがこちらの紳士。乗馬ズボンにブラック燕尾ジャケットと、まるで伯爵のようないでたちでした。自転車でポーズをとると、みなさんわーっと取り囲んで写真撮影大会になっていました。長身でモデルさんのようなスタイル。気品があってかっこいいですね。

14時30分 栄・松坂屋到着

ツイードラン名古屋2014
そして14時30分。ゴール地点の栄・松坂屋へ到着。10キロ、走りぬきました。いやー、頑張った。松坂屋にツイード姿の紳士淑女があふれ、たくさんのお客様の注目を集めていましたよ。

15時 ティーパーティー&授賞式

ツイードラン名古屋2014
松坂屋本館9Fの「草楽」で、15時よりティーパーティー、各種アワード受賞式が行われました。たまたま隣にいらっしゃった実行委員長・栗野宏文氏とご一緒に写真を撮っていただきました。栗野氏はおしゃれなジェントルマンですね。さすがツイードも素敵に着こなされています。

お腹ペコペコー

ツイードラン名古屋2014
和風レストラン・草楽の中はツイードファッションの参加者でごった返していました。お昼ごはん食べてなかったのと結構な運動をしたので、お腹ペコペコでした。ご飯が美味しい!

ベストドレッサーの各賞発表

ツイードラン名古屋2014
そしてベストドレッサーの各賞が発表になりました。ベストドレッサーは審査員の方々が会場をまわって「これは!」と思う方の番号を聞き、番号の合計によって決まります。全員で15名ぐらい受賞者がいらしたのではと思いますが、各賞の賞品が豪華で驚きました。

なんとベストドレッサー2位に

ツイードラン名古屋2014
そしてなんと、私は2位を受賞してしまいました。ちゃっかり「スチームパンク大百科S」の宣伝までしてしまいましたよ。賞品はユナイテッド・アローズのバッグ、毛織物のニット帽子、手袋の3点セット。

大変不勉強なことに今回のツイードランで初めてユナイテッド・アローズというブランドを知りました。ブランドがさっぱり分からない私には猫に小判ですが、とても素敵なデザインでした。大事に使わせていただきます。

中高年男性にぜひ着てほしいツイード

ツイードラン名古屋2014
今回のツイードランですごくいいなと思ったのが「中高年男性のおしゃれ」。紳士のみなさんが顔を輝かせながらツイードの良さを語っている姿はまぶしかったです。中には「ニッカーボッカーが売ってないので、普通のズボンをミシンで直して着てみました」という男性も。バッヂなども手縫いの手作り。素晴らしい!

中日新聞夕刊に載りました

ツイードラン名古屋2014
そしてもう一つ嬉しかったサプライズが、中日新聞夕刊の1面に昭和レトロ自転車とともに写真が載ったことです。テレビ塔をバックに談笑している場面。

来年2015年もツイードラン東京、名古屋は行われるそうですよ。ツイードファッションがお好きなあなた、自転車にこだわりのあるあなた、ぜひ次回のツイードランに参加してみませんか?

追記:2015年11月10日

ツイードラン名古屋2014
翌年のツイードラン尾州(Tweed Run Bishu)2015に参加しました。こちらの記事もぜひ御覧ください。

ツイードラン尾州2015にツイードファッションで参加しました!
2015年11月07日に第3回目となるツイードラン尾州2015が開催されました。場所は愛知県一宮市。ツイードファッションに身を包んだ紳士淑女が尾州の街を快走しました。
蒸気夫人

関連商品・参考文献

詳細
関連URL

※情報修正2017年12月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る