スチームガーデン8 明治デモクラシー報告【写真50枚〜】

2015年02/07、東京ラフォーレ原宿にて日本最大のスチームパンクイベント「スチームガーデン8 明治デモクラシー」が開催されました。写真50枚以上とともにレポートします。
マリア・ガルシアの赤毛連盟

『だんなは赤毛組合のことを聞いたことがないんですか?』スポールディングは目を丸くして聞き返しました

『赤毛組合』光文社文庫『シャーロック・ホームズの冒険』 P66

Maria Garciaの冒険

マリア・ガルシアの赤毛連盟
¡Hola! ?Como esta’ usted? 紳士淑女の諸君。私の名前はMaria Garcia(マリア・ガルシア)。大英帝国で最先端の科学を学びに、某国から留学している身だ。女性は大学に入れないから「Mario」で通してるがね。

先日、英国人の友人・哲学者Luke(@Luke_Chaos)から面白そうなイベントを教えてもらったんだ。日の昇る国・ニッポンでは、今「明治デモクラシー」とか言うものが流行っているそうじゃないか。

Japan is not Enough(日本ではまだ足りぬ)

マリア・ガルシアの赤毛連盟
よし、タイムマシンで明治のニッポンにひとっ飛びだ! 会場での私の名前は……マリア・ガルシアを日本語風に読んだ「五十嵐 麻理(いがらし まり)」とでも呼んでくれたまえ。

我がガルシア家の家訓(El mundo nunca es suficiente.)を少し変えた『Japan is not Enough(日本ではまだ足りぬ)』の精神で楽しもうじゃないか。

【10:00】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
私の自宅から出発。いざ征かん! ……ああ、言い忘れたが、今ロンドンで大活躍のシャーロック・ホームズ氏による『ウィステリア荘』の悪漢・ガルシアと、我がガルシア家とは全く関係ないので悪しからず(Garciaというのは日本でいう「鈴木」「佐藤」のような名前だよ)。さあ、では当日の様子をご覧にいれよう!

【13:00】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
最新型のタイムマシンでやってきた、東京・原宿。週末のお昼ということもあって大変な人出。20年ほど前にこのあたりに1年だけ住んでいたことがあるんだ。お店は結構変わっているけど、まだクレープ屋さんは健在。私の住んでいたところは跡形もなくなっていて、今は高層ビルが建っている。

【13:10】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
JR原宿駅から竹下通りを通って、約10分。ラフォーレ原宿にやってきた。超おしゃれスポットなのに、昔ここのバーゲンは店員さんがハッピを着て太鼓叩いて盛り上げてたんだ。お客さんも服のつかみ合いだよ。あの乱闘が懐かしいね。今もやってるんだろうか?

【13:20】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
ラフォーレ原宿では1/28~2/8に、スチームガーデン主催のリミテッドショップ「タイム トラベラーズ」が10日間だけオープンしていたんだ。店長のFIONAさんによると、短期間・コンテナのお店にも関わらず、他の在中のショップに引けを取らないほどの売上だったそうだよ。

【13:30】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
店長・FIONAさんと彼女のお父上(サイボーグだよ!)にお店の前でごあいさつ。彼女の店長としての才覚はさすがだね。オレンジの髪が実に良く似合っている。父上も超かっこいいんだ(動画で動きをも見せられずに残念)。最高の父娘だ。

【13:40】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
店内はスチームガジェットでいっぱい。handmano(@handmano)さんの新作、末吉晴男さんとのコラボ作品もタイムトラベラーズのショップに並んでいたよ。スチームガーデン当日はお店につきっきりとのことで、大変だったかもしれないね。handmanoさんお疲れ様。

【13:50】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
この長蛇の列を見給え! ラフォーレ原宿の6Fから1Fまで延々と続いている。どうだろうか、4〜500人は来ているかもしれない。いやもっといるかな……。
お、列が動き始めた。14時、いよいよ入場だ。私も早く行かねば。

【14:10】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
会場入ってすぐにある「ブースエリア3」。ここはたくさんのスチームパンクアクセサリー、ファッション小物、ガジェット、オブジェが並ぶショップストリート。ものすごい人だ。髪飾りなど見たいが、まずはなんとか人をかきわけて先に進もう。

【14:20】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
メインステージ」前のホールにやってきた。この通りの盛況ぶり。カジュアルな服装の人もいるが、大部分の人がスチームパンクファッションに身を包んでいる。まさに異空間。これだけの人がいるのに、暴れたり怒鳴ったりしている人が一人もおらず秩序が保たれているんだ。みんな紳士淑女だね。

【14:30】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
今のうちに皆さんにご挨拶したり、買い物をしたり、写真を撮ったりすることにしよう。楽屋にも行ってようやくケニー船長(@kennycreation)と哲学者・ルークにも会えたよ。今回もスタッフパスをもらったんだ。やれやれ、これで一安心だ。

【14:50】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
会場外の階段の踊場から三味線の音が聞こえてきた。三味線とギターの演奏パフォーマンスだ。階段にも人がたくさんつめかけて、彼らの演奏を楽しんでいるよ。和の雰囲気たっぷり。

【15:00】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
メインステージで、開会式が始まったようだ。おっ、TISのYouTube動画にも出演されていた、ヨゼフ太郎(@1214jack)閣下ではないかね? ルークは流暢な日本語でそつなく司会をこなしている。相変わらずケニー船長はとぼけたこと言ってるが……。

【15:10】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
スピーチの間はみんな静かに会場の床に体育座りしてるんだ。ぷっ。ごつい重装備の軍人たちだっているのに、小学生みたいに可愛らしくて思わず笑ってしまったよ。失敬、失敬。

【15:20】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
開会式が終了して、一同解散。あっちこっちで名刺交換が始まっている。初対面でもみんな気軽におしゃべりを楽しんでいるようだ。今のうちにじゃんじゃん写真を撮りまくるぞ。

【15:30】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
一応全員に写真撮影と、ツイッター・ブログでの公開許可をもらったが、もし「私の写真はちょっと遠慮して……」って方がいたら教えてくれたまえ。あと全員のハンドル(ツイッターアドレス)を書き込むことができずに申し訳ない。そして撮影した全員を記事でご紹介できず面目ない。

【15:35】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
KARZWORKS(@Karzworks)さんと5160(@Leather5160)さん。彼らの新作見たかい? 超クールなんだ。(KARZWORKSさんマスクでお顔が見えないけど)両手に美男子だよ。

【15:40】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
ロサフィエルティエ公爵夫人(@rose_fierte)と若君。なんて素敵な親子なんだろうね。そしてお二人ともダンスがとっても上手なんだ(彼らのカドリーユ見せたかったよ)。若のおヒゲは消しゴムなんだって。

【15:45】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
美少女(@Bishoujo)さんはいつ見ても、美少女ならぬ美青年だ。ご自身がモデルをつとめる、カッコイイポストカードもいただいたよ。麗しい。彼も実はダンスが上手だ。美少女さんのダンス写真持ってる人、お宝だよ。

【15:50】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
女優・天正彩さん、ダンサー・美醜さん、書家・美帆(@shoka__miho)さんのファッションコラボショーアリアンサさんによる衣装は、金糸銀糸の入った美しい打ち掛け素材のドレスだ。美醜さんは惚れ惚れするような美女だよ。彼女のパフォーマンスは天女の舞。でも楽屋では気さくなお姐さんなんだ。

【16:00】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
諸君、電子シーシャは試したかね? 私もとし(@tochate)さんと奥方の電子シーシャブースで、蛸型電子煙草装置を楽しんだよ。ちゃんとイチゴとかブドウの味(香り)がするんだ。としさんは素晴らしいスチームパンクエンジニア。我が家にも1台ほしいぐらいだよ。奥方にも感謝!

【16:10】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
ケニー船長手作りDJマシンブース、たまげたね! 計器にライト、スチームまで吹き出すんだ。照れ屋さんなのか、皆の前ではとぼけた発言してるけど、ケニー船長のツイートはなかなかの名言ばかりだよ。

【16:10】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
君たち、何をぼんやり見ているんだね。ダンスタイムだよ! さあ、みんなで舞台に上がって、盛大に踊ろうじゃないか!

【16:20】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
この写真はカメラマン&ライターの波 魚(@pasha_lx)さんが撮影してくださったものだ。隣の「緑の姫君」茶魔女 言(Koto) (@T_i_Witch)さんとご一緒にダンス。

私は実は、元ダンサーなんだ。でもステッキ&ハットでチャールストンを踊ったのは生まれて初めて。得意のタンゴやワルツ、ラテンダンスを見せられなかったのが残念無念。

【16:30】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
プロカメラマン・Taro IreiさんのフォトブースにてKARZWORKS(@Karzworks)さんと赤根京(@miyako_akane)さん。KARZさんは今度はマスク無し。赤根さんは天使みたいでカワイイよね。

諸君もTaroさんに写真を撮ってもらったかな? Taroさんのfacebookで撮影写真を絶賛公開中だよ。その2も合わせて600枚近くもあるから見に行ってみよう。

【16:35】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
ルークが美女二人・Natsuko(@NatsukoCoral)さんとmayumi(@mayumi0401ab)さんに囲まれてる。クールに決めてても、内心照れてるんじゃないのかな。You handsome devil!(憎いねこの色男!)

【16:40】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
Natsuko(@NatsukoCoral)さんが、さりげなく会場のゴミや落し物を拾ったり、率先して踊ってみんなを舞台に誘ったりしているのを見たよ。私もトイレの場所やショップなど会場を案内してもらった。彼女は外見だけでなく内面も美しい真の大和撫子だ。見習いたいね。

【16:45】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
メインステージで行われた、殺陣のパフォーマンス。ものすごい迫力だった! あまりの速さに画像がぶれてしまった。終わった後の荒い息遣いに、会場は水を打ったかのように静まりかえっていた。そして割れんばかりの拍手喝采。

【16:50】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
ショーの間にも会場と楽屋を駆けずり回って、写真撮影、名刺交換、ご挨拶だ。もう目が回るような忙しさ! 申し訳ない。こちらもみなさんのお名前割愛させてください。

【17:50】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
……さすがにちょっと疲れたんで、4Fテラスの屋外休憩場で電子パイプを一服。ふう〜。ここはスチームパンカーのたまり場になってたね。みんなで歓談しながらしばしの休息。スチームパンク白兎さんの赤羽太郎(@AKABANETAROU)さんと一緒に、不思議の国のアリス気分。

【18:00】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
休んでる場合ではないぞ。大道芸人・ヒヨコ@hane_hiyo)さんのステージが始まっているではないか。楽屋で「今日は何やるかまだ考えてないんだー」なんて笑ってたけど、しっかりプロの技を見せてくれた。時に観客をヒヤヒヤさせたが、これも彼一流の演出だよ。

【18:40】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
さあいよいよフィナーレ。和太鼓集団の葛太鼓-kadzura-さん。大太鼓はズシンと胸に響いた。魂を揺さぶるってまさにこのことだね。しびれるね。

【18:45】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
紅桜ゆとさん(@quow_yuto)に以前スチームガーデンで、3D篠笛を触らせてもらったんだ。彼女の篠笛の音色は実に美しかった。心にしみじみと響いた。ゆとさんは笛だけでなく、歌、太鼓もお上手なんだよ。美人な上に多才なんだなあと驚いた。

【18:50】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
ピーヒャラ、ドンドン! 祭りばやしが始まると、踊りだしたくてたまらなくなるね。会場も手拍子で一体になって盛り上がる。

【19:00】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
偉伝或〜IDEAL〜一団のソードパフォーマンスだ。TISの動画、ポスター、リーフレットにも登場しているね。ベラボーに素晴らしかった。世界よ、見たかね? これが日本だ!

【19:10】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
名残惜しいが、閉会式宝探しクエストファッションコンテストの受賞者発表。出演者や店長のFIONAさん、TISの挨拶。バタバタしていて、残念ながら閉会式の写真がないのだ。ツイートを貼り付けさせてもらうよ。誰か、クエスト受賞者について教えてくれたまえ。

ふふふ、史郎さん、私はちゃんと事前に、予言したでしょう?

【19:30】

マリア・ガルシアの赤毛連盟
真剣に心ゆくまで楽しんだかね? 素晴らしい時間旅行だったね。男装の麗人・史郎さんも素晴らしかったが、私の個人的なベストドレッサー賞は、ラスティパペット・バレット=B=トリガー(@BulletBTrigger)、サヴァ(@steam_coba)、BD(@mikageisimika)、マイケル(@mikel_cresson)の4人だ。

申し訳ないが、今回は私からの賞品はなしだ。次回お祝いのハグで勘弁してもらえるかな? いらないって? あ、そう。【マリア・麻理】

追記:できれば読んでほしいこと

マリア・ガルシアの赤毛連盟
以下はスチームガーデンとは直接関係ないけれど、ぜひみんなに聞いてほしい話を書くよ。冗談とかではなく真剣に話すね(上のレポートも、一応真剣に書いたが)。読み飛ばしても構わないけど、できれば読んでほしい。

今回のスチームガーデンでHさんという人と話をした。彼女はこれまでも何度か顔を合わせているのだけど、一番最初にお会いしたのは、私の別サイト「幻想画廊」のオフ会だった。

「幻想画廊」は今から15年前の2000年頃に始めたサイトで、私マリア・ガルシアが自分自身をモデルに写真を画像加工して、コラムと一緒に掲載するギャラリーサイトだった。

「幻想画廊」を作りながらフォトショップやサイト作りを学び、仕事をしていた時期だった。このサイトをきっかけに雑誌の連載を持ったり取材を受けたりで、そこそこまあまあ流行ったサイトだった。

現在2000万アクセス。当時は私もまだ若かったし、ネット自体もまだ黎明期で実験的なことをたくさんやれた。読者に抽選で100枚年賀状を送ったりとか。今は個人情報などいろいろ難しくてできなくなったがね。

2004年〜2006年には、自作のグッズを売りながら日本全国で「幻想画廊」のオフ会を開いた。私はリアルの友達は誰もいないのだけど、初対面の人と話すのは好きだし得意だ。「日本珍スポット100景」でご覧の通り、旅をするのも面白かったし、グッズを作りも楽しんだ。お陰様でなんとか資金をやりくりしてオフ会開催となった。
そのオフ会の一つに参加されたのが、Hさんだ。詳しく書けないのだけど、彼女はオフ会に参加したときまだ女子高生だった。それが今回のスチームガーデンでは「今は学校の先生として生徒さんに数学を教えています」って言うんだ。私は「ああ、もう、そんなに年月が経ったのか──」と胸がいっぱいになった。

オフ会に参加された方は、ひょっとしたらHさんが誰か見当がつくかもしれないね。そしてオフ会の参加者の中に、Mさんという男性がいらしたことも思い出されるかもしれない。

彼は、去年の年末に亡くなったんだよ。闘病の末だった。オフ会参加当時は30代。まだ40代前半の若さだった。

オフ会で彼は「僕は子供の頃から体が弱くて、日本全国の病気に効く秘湯へ行ってるんです。知る人ぞ知る穴場ですよ」って笑ってお話されてた。体調が良くはないのにわざわざ足を運んでくださったんだなと印象に残った。

今年、年明けに久しぶりに彼のサイトを覗いて見て驚いた。トップページに──多分遺族の方が掲載したのだろう──亡くなったというお知らせがあった。

スチームガーデンですっかり立派な大人になったHさんとおしゃべりしながら、他界されたMさんのことも思い出して、本当に月日の経つのは早いな、人生はいろいろだなあと思った。

途中「あれー、そういえば楽屋で呼ばれてたんだ!」って言って話を打ち切って、トイレに駆け込んで声を殺して泣いた。Hさん、話の最中に急にごめん。でも話しかけてくれてありがとう。嬉しかった。¡Gracias,Señorita!

もう何度も何度もツイッターやらブログやらで言ってることだから「また始まったよ……」って思われるかもしれない。でも何度でも言う。

諸君は自分の夢を後回しにして「いつかやればいいや」なんて決して思ってはいけないんだ! 日々の雑事やら仕事やらで忙しいことと思う。でも絶対に「いつかまた」なんて考えてはならない。今、今日、すぐにやるんだ!

非常に厳しい現実だが、誰も諸君の他に、諸君の夢を実現してくれる人はいないんだ。自分の夢を叶えるために、自分で頑張らねばならないんだ。こればっかりは親兄弟でも配偶者でも無理だ。天から幸運が降ってくるのをぼんやりと待つのは今すぐにやめたまえ。ぐずぐずせずに動くんだ。諸君自身のために。

私は、せっかちな性分だから、おとなしく魔法使いのおばあさんや、かぼちゃの馬車を待つことができない。でも自分が白馬に乗って衛兵をなぎ倒し、舞踏会に乗り込んで王子様をかっさらう方がずっと面白そうだよ。

まあ、舞踏会の前に義姉1と義姉2をワンツーで沈めて、義母を回し蹴りで倒すけどね(もちろん冗談だ)。私が尊敬する英国女傑Lara Croft女史や、英国女性海軍将校Franky Cookならやりそうじゃないかな?(どっちも偶然Angelina Jolieが演じているね)。

怖がらせるつもりはないんだけれど、私は髪が真っ赤だしちょっと派手な顔つきをしているから、スチームガーデンでは近寄りづらかったかもしれないね。でも勇気を出して握手やハグ、名刺交換、サインを申し出てくださった諸君、ありがとう。その意気だ。¡Muy bien!

「一緒に写真撮りたいけど、話しかけるのはまた今度でいいや……」って遠慮してしまった諸君は、次回絶対に躊躇したりしちゃいかんぞ。握手もハグもサインも歓迎するよ!(しかも無料だ!)

そして「いいな東京ばっかり、ずるい」「こういうイベントどうして地方にないのかな……」としょぼくれている、諸君。私の口癖は「売ってなければ作ればいいじゃない」だよ。なければ自分たちで作ればいいんだ。私は呼ばれたら全国どこにでも行くから、どうぞ声をかけてくれたまえ。

諸君に次に会う日を楽しみにしている。──ああ、私は大丈夫だよ! なんせ150歳まで生きて、スチームパンクな洋館で犬をたくさん飼って、近所の男子小学生に「魔女ババア」って言われるのが夢だからね! これからもどんどん挑戦と冒険をし続けるよ! ¡Hasta la vista!【マリア・麻理】

詳細
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る