「手作りエプロン」メイドエプロンの作り方

メイド服はメイドにとっての戦闘服。士気を高めるような実用的デザインでなくてなはりません。今回はうさこ(@yousaikoubou)さんの手作りエプロンをご紹介します。
メイドエプロンの作り方

自分で作るのなら型紙を自由に書けるし、大きさも、布の材質も、色も思いのまま。それに超ロングのエプロンも使う布は110センチ幅で5メートルほどなので、金額的にもリーズナブルです。

メイドさんのエプロンといったらやっぱり。でも白は汚れが目立ってしまう──。結局私はグレーにしたのですが、やっぱり白もいいなあと今も思ってます。

USAKOの洋裁工房さんのエプロン

メイドエプロンの作り方
型紙を一から書くのはちょっと大変──なんて方にご紹介したいのが、手作り服の作り方と型紙USAKOの洋裁工房さんです。普通の婦人服、子供服だけでなく、コスプレ用衣装、ドール服などの型紙まで掲載されているサイト。以前ナイトキャップを作った記事を書きましたが、これもUSAKOの洋裁工房さんの無料の型紙をダウンロードして作りました。

眠る時のエレガントな帽子・ナイトキャップを作ってみませんか?
私がかぶっているのはナイトキャップ(nightcap)。就寝前に飲むお酒もナイトキャップと言いますが、この記事では、夜寝るときにかぶるための帽子について解説いたします。

【1】型紙作り

メイドエプロンの作り方
まずは型紙作りです。こちらは有料ですが、USAKOの洋裁工房さんのエプロンドレスの型紙は、私が理想としていたエプロンそのものでした。フリルの大きさ、前掛けの長さ、背中側のデザインなど自由にカスタマイズできます。早速ダウンロードして型紙を印刷しました。切り抜いた型紙を並べて必要な布の長さを測ります。

【2】布など材料を購入する

メイドエプロンの作り方
布はTCブロードを購入しました。テトロン(ポリエステルのこと)のTとコットンのCTCです。光沢があって手触りが良いのと、手入れが楽なことで決めました。TCブロードは綿100%に比べると、乾きやすく、乾いたあともシワになりにくい性質があります。エプロンはすぐに汚れるものなので、洗濯が楽でアイロンいらずのTCブロードがぴったり。縮むことを考えて布は一度洗って乾かしておきます。

【3】布のカッティング

メイドエプロンの作り方
型紙のどのパーツが何枚いるのか確認し、布の向きや裏表をチェックします。型紙を布に置いて切り抜きます。布のカッティングはハサミよりもローラーカッターが向いています。布を浮かせないので型紙どおり正確に切り抜くことができますし、直線も定規を使えば一気にカットできますよ。

【4】接着芯をつける

メイドエプロンの作り方
型紙で指定された位置に接着芯を貼ります。接着芯はアイロンをかけると縮むことがあるので、大きめに切り抜いてアイロンをあてた後に余分な部分を切り離します。

【5】ほつれ止め、ダーツ、肩を縫う

メイドエプロンの作り方
裁断したパーツの端にほつれ止めをかけます。私はロックミシンを持っていないからジグザグ縫いで代用。胸の部分にはダーツを入れます。縫い終わった後にダーツをアイロンで倒します。前身頃は脇の方へ、後身頃は真ん中に向けて倒します。前身頃と後身頃は方の部分を縫ってつなげます。

【6】フリルを縫う(フリルの裏ワザ1)

メイドエプロンの作り方
次にフリルのギャザーを作ります。ギャザーは手縫いで運針をして糸をひっぱるというやり方が一般的ですが、長いフリルを作るときには手縫いはかなり面倒。そこで私がやっているフリル作りの裏技をご紹介します。

まず5ミリほど布の端を縫って返し縫いします(糸が抜けないようにするため)。針の目を一番大きくなるようダイヤルを回し、糸調子ダイヤルを0にして上糸を弱くします。ダイヤルはミシンによって表記方法が変わりますが、とにかく下糸の方が強く、上糸の方が弱い状態にしてください。

フリルの裏ワザ2

メイドエプロンの作り方
あとはピンと張っている下糸をぐーっと引いていくと、簡単にギャザーを寄せることができます。手縫いよりもはるかに簡単。ギャザーも美しく、時間の短縮になります。

なお長いフリルを縫うときには、30センチ〜50センチ間隔で一度糸を切り、そこからまた同じ手順で別に縫うようにします。長い糸を引っ張っていると途中で切れてしまうことがあるので、短めの間隔にするとギャザーを寄せやすいですよ。

【7】袖ぐりにフリルをつける

メイドエプロンの作り方
そうやって作ったフリルを見頃の袖ぐりにミシンで縫い付けます。裏側の生地を重ねて、フリルを縫ってしまわないように赤い線の部分を縫います。縫った部分の縫い代には1センチ間隔ぐらいで切り込みを入れます。切れ込みがないと表に返した時にひきつれができてしまいますよ。

【8】表に返し、縫い代を割る、脇を縫う

メイドエプロンの作り方
表に返しました。縫ったところと裾の縫い代にアイロンをかけて縫い代を割ります。脇の部分を中表に重ねて縫います。

【9】ベルトを見頃につける

メイドエプロンの作り方
ベルトを見頃に縫い付けます。これで上半身ができました。

【10】前掛けにフリルをつける

メイドエプロンの作り方
次は下半身の前掛け部分。裾にぐるりとギャザーを寄せたフリルを縫いつけます。フリルが長くて大変に思えますが、裏ワザのミシンギャザーで作れば簡単、簡単。縫った縫い代はほつれ止めのためのジグザグ縫いをします。

【11】ポケットを縫う

メイドエプロンの作り方
ポケットを作ります。厚紙を出来上がりの大きさに切ります。それをガイドにしてポケットのパーツの布に重ねてアイロンで縫い代を倒します。ポケットを前掛けパーツに縫います。その際、ポケット口を写真のように三角形に縫っておくと糸がほどけにくくて丈夫になります。

【12】前掛けと見頃を縫い合わせる

メイドエプロンの作り方
前掛けと、上半身をつなぎあわせて縫います。その際に──ここは私独自のカスタマイズですが──活動量計(万歩計)や、視覚支援カード、鍵、ストップウォッチをつるすためのループをつけます。ループのパーツの裏には硬めの接着芯をつけておいて摩擦に耐えるようにしておきます。返し縫いで何度か縫っておけば多少重いものをつるしても、ループが取れてしまうことがありません。

【13】押さえミシンをかける、ボタンつけ

メイドエプロンの作り方
端や縫い目の部分に押さえミシン(ステッチ)をかけておきます。押さえミシンがあると布がシャンとしてメリハリがつくんですよ。最期にボタンホールを縫って、ボタンをつけたら完成。制作時間は7時間ぐらい。今回はちょっと手間取ってしまったので、慣れている方ならもっと短時間で作れると思います。

ついでに三角巾

メイドエプロンの作り方
布が少し余ったので共布で三角巾を作りました。頭頂部に2ヶ所ギャザーを寄せ、脇にも2ヶ所ダーツを入れた立体的な形にしてあるので、頭の形に沿ってきれいにかぶることができます。紐の部分には滑り止めのマットを縫いつけてあるからずり落ちにくい構造になっています。端にはフリルをつけてメイドさんっぽさを出しました。

黒バージョンも作る

メイドエプロンの作り方
とても使いやすいエプロンなので、洗い替え用に黒いバージョンも作りました。黒もシンプルでいいですね。白いエプロンも作りたくなってしまったなあ。

理想のメイドエプロンを作ってみよう!

メイドエプロンの作り方
思い通りのエプロンができたのも、USAKOの洋裁工房さんのおかげであります。メイド服で家事をしたいという奥様、お嬢様またコスプレイヤーの皆様にも、それぞれ理想のメイドエプロンがあると思いますので、自分にとって最適なエプロンを手作りしてみてはいかがでしょうか。さあ、このエプロンでまたバリバリ働くぞ!

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る