女のダンディズムとハイヒールと靴磨きと【テーラー五十嵐(1)】

今回から女性が着るための燕尾服一式を手作りする記事を連載します。第一回は。こんなメンズライクなハイヒールを購入しました。靴磨きとハイヒールにおける女のダンディズムです。
燕尾服編・靴

ダンディズムとはやせ我慢である

阿久悠

9cmピンヒール、ポインテッドトゥ

燕尾服編・靴
21cm、9cmのピンヒール、ブラックレザーのポインテッドトゥです。正装用にバルモラルタイプ(内羽根)のものが欲しかったのですが、ピンヒールでメンズライクなオックスフォードタイプがほとんどなく、不本意ながらブルーチャー(外羽根)のものしか見つかりませんでした。でもデザインはスタイリッシュで気に入っていますよ。

靴の内羽根式と外羽根式の違い

燕尾服編・靴
ここでシューズのアッパー(甲の部分)のデザインについて解説しますと、バルモラルタイプ(Balmoral:内羽根式)はフォーマル、ブルーチャー(Blucher:外羽根式)はカジュアル寄りのイメージになります。

外羽根式は着脱が簡単でもともと軍靴に採用された歴史があるからです。冠婚葬祭など正装にはバルモラルを選んだほうが良いですね。私のシューズは本当は燕尾服向きではないのですが、眼をつぶることにしました。

やせ我慢で乗り越える0.5cmの壁

燕尾服編・靴
私が普段履いているダンスシューズは8cm。このシューズは1cm高い9cmヒールです。靴屋さんで削ってもらったのですが、バランスを考えると5mm削って8.5cmにするのが限界でした。たった0.5cmですがかなり踊りにくいです。でも「ダンディズムとはやせ我慢である」の言葉を噛み締めつつ我慢することにしました。

私の靴のサイズは21cm

燕尾服編・靴
私の靴のサイズは21cmです。身長(159cm)の割にかなり小さい足なので、靴屋さんに在庫がないことが多く、いつも取り寄せか通販になってしまいます。 靴屋さんで試着して「わあ、ぴったり! 履いて帰ります」をやったことがありません。足の小さい人(または大きい人)は分かってくださるのでは。

マイナビウーマンの調査によると、女性の靴のサイズで一番多かったのは23.5cm(22.8%)、2位が24.5cm(16.7%)、3位が22.5cm(15.8%)。一般的に23〜25cmのサイズが多いらしい。(意外とデカい? 女子の「靴のサイズ」ランキング!|「マイナビウーマン」

ダンサーにとって足が小さいことはハンデ

燕尾服編・靴
ハイヒールで踊る社交ダンスやアルゼンチンタンゴのダンサーにとって、足が小さいことは大きなハンデとなります。 競技会ではヒールの高さが決まっていることが多いのですが、足の大きさにかかわらず皆同じヒール高で踊らなければならないからです。足が小さいほど高いヒールでバランスを取るのは難しいのに……。

足の大きさによって足にかかる負担が違ってくる

燕尾服編・靴
直角三角形で考えるとわかりやすいかと思います。 同じヒールの高さでも辺の長さが違うと角度が違ってしまいます。角度が大きくなるほど爪先立ちのようになって歩くことが困難になります。

極端な例を出せば、足の大きさが9cmしかない人は9cmヒールの靴を履けるでしょうか? 無理ですよね。足が小さい人は大きい人に比べて高いヒールを履くのはずっと難しいのです。

『最高級靴読本 究極メンテナンス編』

燕尾服編・靴
さて、Amazonでこんな本を見つけました。紳士服の雑誌『Men’s EX』特別編集の『最高級靴読本 究極メンテナンス編』です。靴磨きのマエストロが使えるアイテムやハウツーを解説しています。写真が多くて靴のケアが一目瞭然。これは分かりやすい!

オシャレ男子の流行・靴磨き

燕尾服編・靴
最近オシャレ男子の間では靴磨きが流行っているんですね。東急ハンズの靴メンテナンスグッズコーナーが充実していることからも分かります。男もすなる靴磨きといふものを、女もしてみむとてするなり。 私も本を見ながら靴磨きに挑戦。

靴磨きグッズ

燕尾服編・靴
とりあえず家にあった靴磨きグッズを揃えてみたのですが、こんな感じでいいのかしら。単身赴任中の旦那様が家に残していってくれたものでやってみることにしました。『最高級靴読本 究極メンテナンス編』には懇切丁寧に方法が解説されているのでありがたいです。

鏡面仕上げ(ハイシャイン)でピッカピカ!

燕尾服編・靴
靴磨きの中でもピカピカに磨く鏡面仕上げ(ハイシャイン)という方法が人気のようです。本を見ながらやってみると、ホコリでうっすら白くなってしまっていた本革の靴がピッカピカに。私の顔が映り込むほど美しく輝きました。

私の所有している靴

燕尾服編・靴
ちなみに私が所有している靴はこれだけです。 タンゴシューズや室内履きを除けば、1シーズン2、3足のみです。男性だと普通かもしれませんが、女性は季節ごとに靴を変える(※)ものですから女性としては靴はかなり少ないと思います。一足買ったら一足捨てる主義。でも一足一足を大事に使っていますよ。

男性の靴はオールシーズン履けるものがほとんど。一方女性の靴はデザイン上、夏に履く靴、冬に履く靴が決まっていることが多く、季節外れのものは履けないのでどうしても靴の数が多くなってしまう。

ピンヒールもハイシャイン

燕尾服編・靴
ピンヒールのブルーチャーシューズもピカピカの鏡面仕上げにしましたよ。まずは足元が決まりました。女のダンディズムを極めるために、これから燕尾服を少しずつ作っていくことにします。

蒸気夫人

関連商品・参考文献

※情報修正2017年09月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る