「鉱物標本」老若男女の鉱物趣味

静かなブームとなっている理科趣味・鉱物。ヴィクトリア時代にも同じく珍しい石集めが流行しました。私もあちこちで買ったり、拾ったり、もらったりした石を、標本として飾っています。
鉱物標本

ヴィクトリア時代の鉱物・宝石ブーム

「< 恐竜ブームと骨格コレクション」という記事で書いたように、ヴィクトリア時代には一大サイエンスブームが巻き起こりました。老いも若きも一般市民が化石探しや植物探しに野山を奔走したんです。

「ヴィクトリア時代の恐竜ブーム」と骨格コレクション
寝室に置いてある私の恐竜骨格標本コレクション。アーサー・コナン・ドイルが書いたSF小説『The Lost World(失われた世界)』、そして恐竜についてのコラムです。
そんな中珍しい石集めも流行に。また同時に世界各国で金鉱山が発見されたことからゴールドラッシュが始まり、金や宝石をたくさん使った華やかなジュエリーが作られるようになりました。ヴィクトリア朝のアンティークジュエリーは今も人気がありますよね。

石マニアもいろいろ
鉱物標本
現代も石に興味を持つ人が増え始めています。前述したように癒しを求めるパワーストーン派や、鉱物としての石に科学的な関心を持つ学術派、冷たく神秘的な石に夢を抱くロマン派などいろんなファンがいます。宮沢賢治や長野まゆみ、澁澤龍彦などの作品で石にときめいた方もいらっしゃるかな? または「宝石は女の子のベストフレンドよ!」というマリリン・モンローのような方もいたりして。

私の鉱物コレクション

鉱物標本
私はあちこちで買ったり、拾ったり、もらったりした石を、標本としてプラスチックケースに入れたり、額装して壁に飾っています。もちろん古びた標本ラベルも自作して。時々クラシカルな顕微鏡で観察して楽しんでいますよ。

「クラシカル顕微鏡」ミクロの冒険
17世紀の科学者・ロバート・フックの顕微鏡を元に作られたアンティークモデルの顕微鏡。倍率は150倍ですがお値段1680円。『大人の科学マガジンvol.05』のふろくです。

マイクロマウントのススメ

鉱物標本
一般に石って硬くて永久に変わらないものだと思われていますよね。でも石によっては太陽の光や湿度、温度で簡単に変化してしまうものも多いのです。
小さく砕いた石の標本をガラスやプラスチックのケースに入れて保存しやすく、観察しやすくしたものを「マイクロマウント」と言います。作り方はなんでもいいんです。薬の入っていたガラス瓶や、フィルムケース、手作りの箱でもOK。オリジナルのマイクロマウントを作るとより石が可愛くなりますよ。

私のお気に入り標本

鉱物標本
ここで私が一番気に入っている標本をご紹介しましょう。こちらは手作りの木の飾り台にプラスチックケースを乗せた形にしています。なぜかというととっても繊細で壊れやすい鉱物だからです。「砂漠の薔薇(Desert Rose / Sand Rose)」と「オケン石(Okenite)」です。

砂漠の薔薇とは

鉱物標本
バラのような形をしているでしょう? 文字通り砂漠で見つかる石です。砂漠で昔オアシスだったところの水が干上がって、水に含まれていた硫酸カルシウムや硫酸バリウムの成分が結晶化したものなんです。どのようなメカニズムでバラのような形になるのかは科学的に解明されていません。本当に自然は素晴らしい芸術家ですね。

オケン石とは

鉱物標本
こっちは「オケン石」。フワフワしていて、まるで白ウサギがくるんと丸まっているみたいですね。これ、れっきとした鉱物なんですよ。細かい毛がびっしり生えているよう。これらは細いガラス状の繊維で針状結晶で成っています。あまりに鉱物からかけ離れたルックスなので、時々「ケサランパサラン」という謎の生き物と間違われてしまうこともあります。

ミクロの世界へ行こう!

鉱物標本
私はあくまでもミーハーな石コレクタなので、地質学的にどーのというお話はあまりできません。ただ顕微鏡を覗いてみる景色がとても好きです。ほんの小さな石なのに拡大すると、荒涼とした砂漠や黄金の宮殿、凍てついた氷の世界が広がっています。じっと覗き込んでいると、まるで私がその不思議な世界をとぼとぼと歩いているような気がしてくるのです。

この素晴らしき世界

鉱物標本
こんな小さな石に広大な風景が閉じこめられているのだと思うと、この世界はなんて手抜かりなく美しく作られているんだろうかと畏怖の念さえ湧いてきます。きっとヴィクトリア時代の石マニアの人たちも、真鍮の顕微鏡を覗き込みながら石の旅をしたんでしょう。

石の寿命は比較的長いです。同じ石を見て同じように心弾ませる人が過去にも現在にも未来にもいるのかも──と想像するとなんだかワクワクしませんか?

パワーストーンブーム

鉱物標本
現代のパワーストーンブームは、学術派マニアにとっては「ウソっぽい」と否定的に取られることも多いです。石が悪霊を除霊するとか、金運を招くとか、恋愛成就するなんて聞くと「ホントかなあ?」とも思えてきます。

でもひんやりした石を握っていると心が落ち着いたり、綺麗な石を見て元気が出てくることもあるはずです。根拠レスなモノをなんでもかんでも信じるのは危険ですが、何らかのポジティブな影響があるならそんな思いこみも良いかもしれません。

石を見てみませんか?

鉱物標本
校庭に落ちている小石をつまみ上げてみる小学生から、ハンマーとタガネを両手に山で鉱物採取というプロまで、石はいろんな楽しみ方があります。母上の宝石箱をこっそり開けてみるのもよし、散歩をしながら地面をキョロキョロしてみるもよし、あなたも石を観察してみませんか?

蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る