ボールペンで作る簡単羽根ペンとインク瓶型鉛筆削りを使ったペン立て

市販のボールペンを使って簡単な羽ペンを作りました。インク瓶型の鉛筆削りをペン立てにしてペンを立ててみると、クラシカルな羽ペンに見えます。一手間の工夫でネオヴィクトリアンに。
羽ペンとペン立て

広告

ボールペン習字の本を12冊続けました

以前ボールペン習字の本を毎月1冊ずつ練習するのを1年続けました。つまり12冊書き続けたわけです。そうしたらかなり字が上達しました(もちろん私的に上達したということで、字の達人になったということではありません)。

字が劇的に変わる! ボールペン習字本を毎月1冊、2年間続けてみました
昔から字が下手なのがコンプレックス。そこでボールペン習字本を毎月1冊、1年間で12冊やってみました。すると我ながら結構上達したのです! 今回は字の練習法&手紙の薦めについて。

一日たった15分とはいえ、継続は力なりと実感しました。そうなると字を書くのが楽しくなってきました。仕事柄紙の手紙を書くことも多くなり、一筆箋やレターセットをそろえたり、日記を書いたりで、筆記用具の活躍の機会も増えました。

DUXの鉛筆削り

羽ペンとペン立て
このクラシカルなインク瓶は実は鉛筆削りなんですよ。

908年、ドイツ人技師テオドール・P・メビウスにより世界で初めて手動式鉛筆削り器が発明されました。その後、ニュールンベルクに近いエアランゲン市に鉛筆削り製造所を興したメビウスは、創業以来鉛筆削り一筋のメーカーとしてDUXの鉛筆削りを作り続けています。DUXの鉛筆削りは、伝統的なドイツの職人気質が今もって息づく、永遠不変のパーマネント・コレクションといえます。

Amazon商品紹介ページより(※リンク切れ)

昔ながらのインク瓶はノスタルジックな雰囲気です。プラスチックではなくちゃんとガラスで出来ているところもステキです。

ラベルをレトロに

羽ペンとペン立て
色は、赤、オレンジ、水色、透明、緑と5色ありますが、私はレトロな緑を選びました。そのままだと新しすぎるのでコーヒーとニスでラベルを古びたように着色しました。鉛筆削りの上の穴の部分が、ちょうどペンを立てるのに良いのです。

SIERRAボールペン

羽ペンとペン立て
一方、ボールペン。SIERRAボールペンはインセンスシダーの木が育つ山々をイメージして「SIERRA – 山脈」というネーミングになったそうです。ちょうど鉛筆と同じぐ太さのノック式。替えのインクもあります。色は13種類(今後も増えるかも)。

愛用のグリーンのボールペン

羽ペンとペン立て
私の使っているのはグリーンです。0.2mmという線幅の細さが手帳に書き込んだりするのにも便利です。水性インクのなめらかさと油性インクの安定性の両方を持った低粘性ソフトインクを使っているので、書き味も素晴らしいです。

鳥の羽をクリップに接着

羽ペンとペン立て
SIERRAボールペンには取り外し可能なクリップがついていますので、これに鳥の羽をつけるための金属パーツを接着します。金属パーツに鳥の羽の根元を差し込んで固定します。

グースと七面鳥の羽を使用

羽ペンとペン立て
前回はダチョウの羽で作りましたが、今回は白色のグースと七面鳥の羽を使いました。クリップの接着剤が乾いたら、ボールペンにつけます。完成です。ノックをしたり、インクを替えるのに特に問題はありません。

ダチョウの羽とボールペンでレトロな羽ペン(スチームパンク工作)
スチームパンク工作の第一歩として、いきなり大物に挑戦するのではなく小物系から作ることにしました。最初はレトロでクラシカルな羽ペンをダチョウの羽とボールペンで作りましたよ。

レトロな羽根ペンはいかが?

羽ペンとペン立て
携帯・パソコンが普及してからは手で書くことが激減したのではないでしょうか。私も一時期小学校で習うような漢字が書けなくて愕然としました。そこでニンテンドーDSの漢字ソフトとボールペン習字を続けていたら漢字を思い出すようになりましたよ。お気に入りの筆記具やノート、便箋などを手に入れると字を書くのがさらに楽しくなりますね。

蒸気夫人

関連商品・参考文献


※情報修正2018年03月

トップへ戻る