「椅子の模様替え(1)」DIYで椅子の張替え

ネオヴィクトリアンな部屋の椅子の色は何色? 個人的には重厚な、または深い緑色かなと。書斎にあるソファ、チェア、オットマンを統一した赤色に模様替えする計画を立てました。
椅子の張替え

スチームパンクな部屋の色は?

現代の住宅の流行色は「白」。私の大好きな番組『渡辺篤史の建もの探訪』を見ても、たいていのお宅は白を基調色としたインテリアです。もしくは木目を生かしたナチュラル系とか。

しかし時代に逆行したスチームパンクの世界では、やっぱり重々しい「ダークブラウン」が人気色。そんな部屋に合う椅子の色はやっぱりダークな色合いじゃないでしょうか。

椅子の張替えってこんなに高いの!

椅子の張替え
今使っているソファ、チェア、オットマン。白っぽいです。クラシカルなデザインだから部屋から浮いているわけではないんですが、2年経ってそろそろ飽きてきたこともあって模様替えをしようと思い立ちました。

業者さんに椅子の張替えの見積をしてもらったところ、なんと! ソファが9万8000円、チェアが4万5000円、オットマンが1万3000円。搬入搬出代合わせて16万8000円!!!

自分でやってみよう

椅子の張替え
た、高い……。このオットマンなんぞ、買った値段は3000円ですぞ(←安すぎる)。張替えだけで4倍以上するではないですか。まあ、職人さんが手作業でやるわけだから仕方ないか。しかしよく観察してみると、結構単純な作りなので私にも張替えできそうです。例によって自分でやってみることにしました。

以下の方法は私が独学で勝手にやっている張替え方法なので、プロの椅子職人さんが張り替える正式な方法ではないです。参考までに張替え方法を書きましたが、ご自分で挑戦される方は自己責任でお願いします。

【1】パーツを取り外す

椅子の張替え
まず足を取ります。ねじ込み式なので簡単にはずれました。ステープル抜きという道具(399円 東急ハンズで購入)で、裏面と側面の椅子鋲を引き抜きます。なければペンチで。裏の革と表面の布をはずします。

【2】ウレタンを取り外す

椅子の張替え
左が布をとったところ。ウレタンがへなへなになってました。さらにこのウレタンもはずします。右がはずしたところ。細かいウレタンが布の袋に入っていてクッション状になっていました。

【3】ウレタンを貼り直す

椅子の張替え
椅子用のウレタンをクッションの上を覆う大きさにカットし、表面にスプレーのりを吹きつけます。すぐにクッションの上に圧着。四隅をガンタッカー(でっかいホッチキスみたいなもん)でバシバシ留めます。ウレタンクッション(365円)、スプレーのり(1260円)、ガンタッカー(1200円)共に東急ハンズで購入。

【4】椅子にはる布を選ぶ

椅子の張替え
張替え用の布は、インテリア専門商社・サンゲツのUP6194番を使用。ベルベットのような光沢のある深い赤色です。幅137cm幅で1mが4000円。椅子の生地は摩擦に耐えられる頑丈さが必要なので高価なんだそうで。今回は、以前サンゲツでカーテンやブラインドなどを購入したこともあって、サンプルとして無料でもらえました。

【5】生地をカット・縫製

椅子の張替え
こんな高い布を切ったり縫ったりするの初めてなんで緊張します。寸法ぴったりで型紙を作って、カット。そしてミシン縫い。厚くてかなり縫いにくいです。

【6】カバーを椅子に被せる

椅子の張替え
新しくウレタンを貼り直した椅子に、カバーを被せてみます。おおっ! ぴったり。布を正確に切って縫うことが肝ですね。

【7】生地をタッカーで土台に打つ

椅子の張替え
布を裏側に向けてひっぱりながらタッカーで打ちます。大学の時の美術部でカンバス張ったのを思い出しました。私はB班でアクリル画をやってました。そう言えば最近全然絵を描いてないなあ……。

【8】タッカー打ちの順番

椅子の張替え
タッカーを打つ順番です。正式な椅子の張替え方法と違うかもしれないですが、カンバス貼りと同じようなもんじゃないかなと思います。上・下・右・左と対角線上に、シワがでないように打っていくとピンと張れます。

【9】椅子鋲を打つ

椅子の張替え
これは椅子鋲(いすびょう。たいこ鋲と呼ばれることも)。これまた東急ハンズで買いました。てか、東急ハンズなんでも売ってるなあ。椅子貼りの道具一式そろうんだもの。椅子鋲も菊の形をしたクラシカル鋲、シンプルな丸型など数種類ありましたよ。

【10】椅子鋲を打つ裏技

椅子の張替え
椅子鋲を側面に打ち付けていきます。釘をまっすぐに打つために私がやっている裏技。「割り箸で鋲を挟んでおいて金槌で打つ」。指を誤って叩いてしまうこともないので普通に釘を打つときにもお勧めですよ。

【11】裏布を打つ、足をつける

椅子の張替え
ちょっと間隔がずれちゃったのもあるけど、結構きれいに打てたと思います。あとは裏の革を元通りに打ち直して、足をねじ込んで出来上がり! 作業時間は3時間ぐらいでした。ラクショー!

完成!

椅子の張替え
ダークレッドの布地にアンティークゴールドが映えますねー。かなり豪華に変身しました。ウレタンも新品になってフッカフカ。いつもパソコンに向かって仕事している時にオットマンに足を載せているので、作業効率も(気分的に)上がりそうです。

ついでにもう一個オットマンを作るぜ

椅子の張替え
高価な布は余す所なく使うぜ! ソファ用に無印良品で買ったオットマンも自分で張り替えることにしました。無印のオットマンは足が別売りになっていて、画像のナチュラル系の色と、ブラウンの2種類から選べるのです。私はもちろんブラウン購入。

鋲を打たなければ簡単

椅子の張替え
こちらも同じようにぴったりになるように生地を裁断し、カバーを縫います。パツパツ気味で作るのがコツ。被せたらタッカーで裏側を留めて、足をつけてできあがり。これは鋲を打たなくて良い分簡単でした。作業時間は1時間ぐらい。

家具も使い捨て時代か……

椅子の張替え
オットマン2つを張り替えて、材料・道具代込みで3000円ぐらいでした。今回かなり安くできたのは椅子の生地が無料で手に入ったからなんですが、生地代入れても7000円だからかなりお得。なんかお金のことばかり言っててすみません。

なんでかって言うと、ちょっと前にこんな記事を読んだからなんです。「引っ越し事情が様変わり?! ニトリやIKEAで家具など総買い替えが当たり前、大型引っ越しが減少中」。家具が安く手に入るようになったので、引越し業者に運んでもらうよりも、家具を捨てて新しく買ったほうが安いって内容。

確かに椅子の張替えもこんなに高いのでは、新しく買ったほうが得ですよね。引越しの度に家具を捨てていくのも、損得考えるとむべなるかな。でも家具を使い捨てなんてちょっと寂しいですね……。これも時代なのかな。

道具・材料
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る