「蔵書票の作り方」あなたの本にエクス・リブリスを

蔵書票とは、本の見返しの部分に貼る「これは自分の本ですよ」ということを表すカードのことです。たいてい和紙やアート紙で作ってあって、蔵書印が捺印されていることもあります。
蔵書票

東洋は蔵書印・西洋は蔵書票

東洋では本に蔵書印を押すことが多いですが、西洋では蔵書票の方がポピュラーです。明治時代に日本に紹介されてからは、蔵書印に並んで本好きの間で広まっていきました。世界中にコレクターがいるのですが、日本では日本書票協会(THE NIPPON EXLIBRIS ASSOCIATION)など各団体がイベントを企画したり、コレクターどうしの親睦を深めたりしています。

エクスリブリスと◯◯蔵書

蔵書票
蔵書票に関する書籍もいくつか出ていますよ。蔵書票は一般的に「エクス・リブリス(Ex Libris)」とラテン語で書かれています。意味は「◯◯の蔵書からの一冊」という意味です。日本では「◯◯蔵書」「◯◯愛書」という文字とともにデザインされていることも多いです。

本が大量生産される時代になってからはあまり見られなくなりましたが、たまーに古書店の本の見返しに発見したりします。「これこそ吾輩の愛書である」と貼りつけられた蔵書票は、持ち主の個性や、趣味趣向がよく表れていて見ていてワクワクするんですよね。

ラテン語の格言をそえて

蔵書票
西洋の蔵書票はラテン語の格言が入っていたりもします。私の蔵書票もマネして「Disce quasi semper victurus, vive quasi cras moriturus」という格言を入れました。意味は「永遠に生きるかのように学べ、明日死ぬかのように生きよ」です。カッコイイでしょ?

でも私はラテン語は全くできませんので、「山下太郎のラテン語入門」というサイトで紹介されていたものを使いました。山下太郎さん、ありがとうございます。

【1】デザインを決める

蔵書票
蔵書票はどんなデザインだって、あなたの自由! イカすラテン語なんぞ入れて、あなただけのオリジナル蔵書票を自作してみませんか? では早速やってみましょう。これは雑貨屋さんで見つけたスタンプ。スチームパンクっぽい、ステキな絵柄で気に入っています。この絵を元に蔵書票を作ることにしました。ホントは著作権的にまずいのかもしれませんが、私個人しか使わない蔵書票なのでたぶん大丈夫でしょう。

【2】スタンプの絵柄を選ぶ

蔵書票
紙にいくつかスタンプを押してみて、上手く絵が出ているものを選んでスキャンします。結構インクの量によって線の潰れ方が違ってくるんですよね。

【3】コンピュータ上でデザイン

蔵書票
取り込んだ絵を組み込む形で、フォトショップで(イラストレータでもいいけど)枠や文字をデザインします。右側がスタンプの絵柄、左はヴィクトリア朝のイラストを合成して作った絵柄。ついでなので、いくつかいろんなバージョンを作ってみることにしました。

【4】レトロなフォントを使う

蔵書票
これは「五十嵐蔵書」という文字に使った「白舟書体」の「白舟篆書教漢」というフォントです。なんとなんと、白舟書体さんでは、印鑑によく使われるレトロな書体を無料でダウンロードできるんです! なんたる太っ腹。Windows版、Macintosh版ともに用意されているのがありがたい。左のサイドバーの「無料ダウンロード」をクリックしてぜひダウンロードを。

ただし「教育漢字版」なので、「五十嵐」の「嵐」の字が入っていなかった。よって、「山」と「風」という字を組み合わせて使っている。特殊な漢字の方は商品版を購入するか、自力でなんとかするしかない。

【5】印刷用のものを作る

蔵書票
デザインが決まったら蔵書票をずらっと並べて、印刷用のものを作ります。トンボを打っておくと、後で切り取るのが楽ですね。蔵書票の大きさは自由(と言っても、本よりは小さいのが望ましい)。切手大ぐらいからはがき大ぐらいまでが一般的です。私は5センチ×6センチのものです。ご参考までに。

【6】プリントアウト

蔵書票
私は真っ赤なアート紙にプリントアウトしました。紙もお好きなもので大丈夫。以前は版画の蔵書票が多かったのですが、コンピュータ時代になってからはパソコンでプリントアウトしたものも多く見られるようになりましたね。

またしてもスタンピングリーフ

蔵書票
ここで出来上がり──ってことでもいいのですが、私はさらに一工夫。じゃん。出ました。「スタンピングリーフ」。わたしゃどんだけスタンピングリーフが好きなんだYO! このブログではしつこいぐらいご紹介してますね。だって好きなんだもん☆ スタンピングリーフについては「箔押し・金文字の方法・スタンピングリーフの使い方」に詳しく書いていますので、割愛させていただきます。

スタンピングリーフの仕組みと使い方・金色の薔薇模様を入れてみた
キラキラした箔押しを入れたい時に活躍するのがスタンピングリーフです。スタンピングリーフを使ってバインダーに金色の模様をを入れました。仕組みと使い方のハウツーを解説します。

【7】アイロン転写

蔵書票
スタンピングリーフの特性上、印刷はレーザープリンターでする必要がありますが、インクジェットプリンターしか持ってない方は、トナーを使っているコピー機でコピーしてくださいね。アイロンは「中」ぐらいの温度で。あまり高すぎると金箔が美しくのりません。

キラキラゴールド&レッド

蔵書票
はい、スタンピングリーフりました〜(長いなこの言葉)。キラキラに輝いているのがお分かりいただけるでしょうか。右側は印刷したそのまま。どっちもそれぞれ味があっていいですね。ただ、スタンピングリーフの方は細かい文字が潰れてしまうこともありますね。改良の余地ありです。

【8】本に貼り付ける

蔵書票
できた蔵書票を、愛読書に貼りましょう。蔵書票を貼るための糊、貼る位置も、マニアは各々こだわりがあるのですが、これもご自分のお好きなもので構わないと思います。でも水っぽい糊は、せっかくの蔵書票がヘニャヘニャになってしまいますね。私は「テープのり」をお勧めします。位置は見返しの真ん中や右上が一般的かと思います。

オリジナル落款

蔵書票
「えー、こんなのチマチマ作ってらんないよ。うちにはナン百冊も本があるんだから!」という方には、蔵書印をお勧め。「遊印の物語 Web落款」というサイトでは、古風で個性的なオリジナル落款を作ってくれます。自分の名前が入ったはんこを、蔵書にポコポコ押していくと、ますます愛着が湧いてくるでしょうね。21センチ角が1,800円です。

オーダースタンプ

蔵書票
「私の家のインテリアは西洋風だから、和風のはんこはちょっと……」という方は、カスタマイズスタンプはいかがでしょう。「東京アンティーク」というお店では、自分の名前などを入れてくれるクラシカルなスタンプを販売しています。この「おめかしした少女」というスタンプに「Ex Libris. This book belongs to ◯◯(お名前).」なんて入れてみると、立派な蔵書印に。あなたのイメージにぴったりの絵柄が見つかるといいですね。

愛する本にあなただけのマークを

蔵書票
「真があって──」にも書いたのですが、お子さんに本を好きになってもらいたいという親御さんは、蔵書票や蔵書印を作ってあげてはいかがでしょうか。小学校でも、図画工作の時間に蔵書票・蔵書印作りをやってくれるといいのになあなんて思ったりします。本を大事にしたり、読書が好きになるんじゃないかしら。「自分だけの本」は大人にとっても子供にとっても魅力的ですもんね。


蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る