プラスチックがマホガニーに!? 簡単にできる木目塗装の方法

宝箱に入っている玉子は透明なプラスチックカプセルを柾目や杢、こぶ模様などの木目を塗装したものです。スチームパンクDIYに欠かせないテクニック木目塗装について解説いたします。
木目塗装

広告

フェイクの塗装フォーフィニッシュ

木目塗装
フォーフィニッシュ(FAUX FINISH)とはヨーロッパでは長い歴史を持つ装飾技法です。実際の素材でないものをそれらしく見せる、一種のだまし絵のようなもの。木目だけでなく大理石や石目、布、レザーなど様々な素材をフェイク塗装で再現するフォーフィニッシュですが、今回は木目塗装のみをご紹介します。

レジンの花瓶を青銅風に塗装する方法【フォーフィニッシュを学ぼう4】
フォーフィニッシュ(faux finish)による塗装第四回目は、青銅(ブロンズ)塗装です。アンティークなレジン製の花瓶を、黒色から青銅色に塗り替える方法について解説します。

【1】使用する素材と塗料の相性を調べる

木目塗装
卵型のプラスチックカプセルを用意しました。東急ハンズで購入で2つ150円ぐらいでした。プラスチックは様々な種類があり、物によってはラッカー塗装、ウレタン塗装ができません(溶けることがあります)。塗料のラベルには塗装可能な素材が書かれていますので、事前にチェックしましょう。

【2】サンドペーパーで素材を荒らす

木目塗装
プラスチックはツルツルしているので塗料が剥がれ落ちやすいです。剥離を防ぐためにサンドペーパーで表面をザラザラに荒らしておきます。と言ってもあまりにデコボコにすると仕上がりが美しくないので、400番ぐらいのサンドペーパーで十分です。

【3】表面を細かい目のペーパーで整える

木目塗装
さらに800番ぐらいで表面をととのえます。右が元のカプセル、左が表面を荒らしたもの。白くなるぐらいに全体を均一に荒らします。

【4】ポリパテで盛り削り

木目塗装
もし表面に傷や凹みがある場合は、ポリパテを盛って、乾いたら同じくサンドペーパーで表面をならしておきます。ポリパテとはプラモデルコーナーなどで売っている、造形用素材です。正式にはポリエステルパテと言います。いろいろ種類があって、色、粒子の細かさ、硬化時間などが違います。

【5】塗装用の持ち手をつける

木目塗装
小さな立体物を塗装する時は、持ち手を作っておくとやりやすいですね。今回はカプセルのおしりのところに竹串をさして、グルーガンで仮止めしました。

【6】脱脂(洗浄)

木目塗装
手の油がついていると上手く塗装がのりません。中性洗剤で表面を洗って油を落とします。水に濡らすことができない素材の場合は、脱脂綿にアルコールをつけてふくとよいでしょう。ただし脱脂綿のわたが表面に付着していないか塗装前に確認してください。

【7】サーフェイサーを吹く

木目塗装
塗装のつきをよくするために、下地剤(サーフェイサー)を吹きます。プラスチック用、金属用など分かれていて、色も透明、グレー、白などいろいろあります。白色の下地剤は発色が良くなるのでお勧めです。完全に乾燥するまで待ちます。

【8】表面を磨く

木目塗装
下地を吹いた時、気泡が表面についてしまうことがあります。細かいことですが、こういった気泡もサンドペーパーで削って表面を磨いておきます。

【9】第一塗装・イエロー

木目塗装
黄色のラッカースプレーを吹きます。色は写真のようなオーソドックスな黄色で構いません。1回吹くごとに乾かして、2、3回重ねて吹くと良いでしょう。完全に乾燥させましょう。

【10】第二塗装・木目模様

木目塗装
黄色の塗装が乾いたら木目を書きます。塗料はアクリル絵の具エナメル系の塗料を使います。アクリル絵の具は水性で使いやすいですが、少し厚みが出てしまうのと色にくすみがあるのが難点。エナメル系は油性で乾燥にやや時間がかかりますが、艶があってお勧めです。色は黒色を使います。

第一塗装(下地の黄色)、第二塗装(木目)、第三塗装(マホガニー色)はそれぞれ塗料をバラバラにすることが大切です。つまり同じ油性塗料でも、黄色はラッカー塗料、木目はエナメル塗料、マホガニーはウレタン塗料というように。こうすることで模様が溶けて混ざりあうのを避けられます。

【11】木目の描き方(杢)

木目塗装
これは杢(もく)という木の模様です。杢はケヤキやカエデ、マホガニーなどによく見られます。木目の乱れや髄線が美しいですね。描き方はティッシュスポンジに黒の塗料を含ませて、適当にポンポンと押し付けるだけ。かすれがあっても大丈夫です。そして乾燥させます。

【12】第三塗装・マホガニー色

木目塗装
次にウレタンニスを吹きます。用意するのはマホガニー色と透明クリヤー二種類。1回吹くごとに乾燥させます。厚塗りは厳禁です。薄く塗って、乾かして、また薄く塗るを繰り返します。

【13】マホガニー色→透明クリヤーを吹く

木目塗装

写真左はマホガニー色のウレタンニスを1回吹いた状態。右は乾燥後2回目を吹いた状態。

ニスを吹けば吹くほど茶色が濃くなってきますが、あまり塗り重ねると模様が目立たなくなりますので、3、4回が限界です。今回は3回吹きました。そして透明クリヤーのニスを吹き重ねるとつやつやになります。もし気泡が気になるようでしたら、透明クリヤーを吹く前に細かい目のサンドペーパー(1000番ぐらい)で磨いておきます。

【14】木目の描き方(柾目・まさめ)

木目塗装
柾目(まさめ)は細い筆で縞模様を描きます。ところどころ薄め液でぼかしても良いです。黄色が見えている状態だとあまりの雑さに不安になりますが、マホガニー色を吹き重ねると、そのたどたどしさが味になったりします。

【15】木目の描き方(こぶ)

木目塗装
コブ木目はちぎった厚紙に塗料をつけて、表面になすりつけて描きます。筆でぐにゃぐにゃした模様を描いても良いです。ウレタンニスを重ねるとそれらしく見えます。木の模様は本物の木をお手本にして真似すると描きやすいですよ。

【16】マーブリングによる木目の描き方1

木目塗装
もっと細かく美しい柾目模様が描きたい場合はマーブリングの技術を使いましょう。爪楊枝に黄色と黒の塗料を交互につけて、水面に木目模様を作ります。

マーブリング(墨流し)の技法で、クシ目模様の紙を作ってみよう!
マーブリングのハウツーです。マーブリングとは大理石(Marble)に似た美しい模様のことです。日本の墨流しやイスラム文化圏の精密画など、様々なマーブリング技法があります。

【17】マーブリングによる木目の描き方2

木目塗装
黄色の塗料を吹いたカプセルをマーブリング溶液に沈めると、美しい木目がつきます。仕上がりはとてもリアルですね。マーブリング法は一番美しいのですが、水に濡れても良い素材で、比較的小さいものしか出来ないのがネックです。

のんびり遊びましょう

木目塗装
木目塗装は完成までかなり時間がかかります。気の短い人には向いていません。ちょっと吹いては1時間休み、2時間休み、削って吹いてまた削り──という根気のいる作業だからです。コーヒーでも飲みながらのんびりやりましょう。

いろんなものを木目にしよう!

木目塗装
木目塗装のテクニックを身につけると、様々なものを木製化することができます。たとえばこのライター、もとはピンク色だったものを高級素材のマホガニーに塗ってみました。私は喫煙者でないのでほとんど使うことはありませんが……。あなたも身の回りの物を木製品に変身させてみませんか?

追記:2015年11月27日

木目塗装
木目を筆で描くくのではなく、スポンジで描く方法をご紹介します。よりリアルな木目を再現できますよ。ぜひこちらの記事もご覧ください。

プラスチックを木製に!? 簡単な木目塗装【フォーフィニッシュを学ぼう3】
フォーフィニッシュ塗装第3回目は、木目塗装です。プラスチックの植木鉢を木目に塗りました。木と真鍮はスチームパンクでよく使われる素材です。手軽に小物を木製化してみましょう。
蒸気夫人

関連商品・参考文献


材料・道具

※情報修正2018年05月

トップへ戻る