「クラシカルタオル」リメイクでタオルが変身

この記事をシェアする

普段何気なく使っているタオル。ごく普通のタオルに一工夫するだけで、高級感も出てレトロなイメージに変身するんですよ。お安く簡単にできる手芸・クラシカルタオルの作り方です。
クラシカルタオル

理科グッズ洗面台

「マッドサイエンティスト的実験室 手作りライティング」という記事で書きましたが、私の書斎には洗面台がありまして、怪しげな理科グッズが並ぶ空間になっています。お風呂場にも洗面台はあるのですが、起きてすぐに顔を洗ったり歯を磨いたりと結構使ってます。だからタオルは必需品。

「マッドサイエンティスト的実験室」手作りライティング
書斎の一角にある洗面台。理科実験道具や鉱物・標本のコレクションを並べてスチームパンク&マッドサイエンスな実験室の雰囲気にしました。手作りのライティング設置法です。

フェイスタオルを3枚リメイク

タオル
タオルはよくお店でタダでもらったりしますが、●●商店とでっかく書いてあるものはどうも部屋の雰囲気にそぐわない(あれはあれでレトロで良い味がありますけどね)。そこでリメイクですよ。材料はフェイスタオル。私が購入したのは日本製のホテルタイプ。みっしりふかふか。3枚作ることにしました。

ケミカルレース3種類

タオル
次に用意するのがレース。ケミカルレースを2種類と蝶のモチーフのレースを購入しました。ここで注意しなくてはいけないのが、レースの素材。うっかり綿レースを買ってしまうと、洗濯したあとにくしゃくしゃになってしまい、いちいちアイロンをかけねばなりません。ケミカルレースのものを選ぶのが吉。

ミシンで縫いつけ

タオル
ケミカルレースをタオルの端にぬいつけます。レースがピラピラしないように端っこ1回、5ミリぐらいあけて2回縫うと良いでしょう。写真の赤い線の部分です。

モチーフを手縫い

タオル
レースモチーフの蝶を切り抜いて、適当な位置に縫いつけます。ミシンでやっても良いけど、手縫いの方が見た目がきれいです。はいできあがりー!

1年たってもふかふかタオル

タオル
3枚縫ってかかった時間は30分ぐらいかな。あっという間にできあがります。材料もネットでお安く買えるものばかりだし、簡単なリメイクですが、思った以上にゴージャスに見えます。実はこのタオルは去年の6月に作ったのですが、10ヶ月ほど使った現在でも相変わらずふかふか! 手を拭く時に毎朝ちょっとだけ幸せになれますよ。

材料・道具
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る