アンティークラベルを使って空き瓶をレトロにリメイク

スチームパンクな部屋にはくすんだ色のガラス瓶が良く似合います。写真は書斎のパソコンデスクの上の茶色の遮光ガラス瓶。簡単にできるアンティークラベルの作り方をご紹介します。
瓶のラベル

バラバラのガラス瓶は統一感がありません

瓶のラベル
化粧水にクリーム、オイルなどの基礎化粧品、またはキッチンのジャムや食用油、砂糖壺──女性の生活には瓶がつきものです。でも買ってきたそのままの容器は、ひとつひとつは綺麗でも並べてみるとデザインはバラバラ。統一感がないのでお部屋が雑然としてしまうんですね。でも瓶の色がそろっていればそこまで雑然としません。

【1】ガラス瓶を洗って乾かす

瓶のラベル
空き瓶に中身を移し替えたり、アンティークなラベルも手作りしてみるのはいかがでしょう? つめかえ用のものはお値段も安く、ガラスなら煮沸消毒ができますし、プラスチックの容器を使い捨てするよりはエコロジカル。一石三鳥です。まずはガラス瓶集めです。ガラス瓶はよく洗って乾燥させましょう。

【2】ラベルをデザイン、印刷、着色

瓶のラベル
レトロなラベルをフォトショップやイラストレータで作って印刷します。ブラウンのクラフト紙を使うと古色蒼然としてレトロな雰囲気に。印刷してそのままだと古く見えないので、コーヒーを垂らして月日が経ったように着色します。

アンティーク写真の作り方(2)・コーヒーウェザリングで古写真を
家庭用のプリンター、コーヒー、オーブンを使って手軽に作る昔風写真の方法をご紹介しましょう。およその制作時間は1時間もあれば十分です。時間もお金もそれほどかかりません。

【3】接着、ニス塗り

瓶のラベル
ラベルを切り抜いて瓶に接着剤ではりつけます。上からニスをぬっておけば洗うこともできます。ゴシゴシこすったらさすがに取れてしまいますが、試しに食洗機にかけてみましたが全く剥がれませんでした。

市販のラベルを使う

瓶のラベル
自分でラベルを作るのは面倒──という方には、印刷されたラベルも売ってますよ。これはネットのメルシープレゼントというお店で購入したアンティークラベルです。8.2×25.7cm(B5サイズ)のシートが4枚入っていました。約50枚もラベルが入っているのでたっぷり使えます。

【1】カッターで切り抜く

瓶のラベル
瓶の形状に合ったものを選んで切り離します。手でもちぎれるようになっていますが、カッターナイフで丁寧に切り抜いた方が仕上がりがきれいです。私が選んだのはこのラベル。「百日咳」「気管支炎」と書かれているので「咳止めシロップ」のラベルでしょうか。

【2】水に浸して貼る

瓶のラベル
切り抜いたラベルを水に濡らします。お皿に水を入れて浸すとやりやすいです。あとは瓶にペタリと貼るだけ。ラベルには接着剤がついているので水に濡らすだけで貼れますよ。ちなみに瓶は化粧水の美顔水です。肌荒れがすぐに治るので常備薬的に使ってます。明治18年からの超ロングセラーです。

【3】絵の具でアンティーク感を出す

瓶のラベル
もう一工夫してアンティーク感を出してみましょう。先程はコーヒーで色つけをしましたが、こちらはアクリル絵の具を使いました。色をつけたところをティッシュでぬぐってみたり、指でぼかしたりと自由にやってみましょう。

【4】ニスを塗る

瓶のラベル
仕上げにニスを塗ります。これは水性ニスです。乾けば耐水性になるものです。あっという間に古びた瓶の出来上がり!

まずは小さな一歩から

瓶のラベル
空き缶や空き箱などに手作りラベルを貼ってみても良いですね。簡単なリメイクですが、クラシカルなお部屋作りをしている方には必須のテクニックです。スチームパンクなお部屋作りは小さな一歩から。まずは使い終わった空き瓶に手を加えてみませんか?

蒸気夫人

関連商品・参考文献


材料

※情報修正2017年09月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る