「スチームパンクランプシェード」カルトナージュ手芸

スイッチを入れるとぼんやりと歯車が浮かび上がる、スチームパンクシェードランプを作りました。柔らかい光がビーズフリンジの間から漏れていて、夜に本を読むのにぴったりです。
Steampunk lamp shade

ちょっと前に「『陰翳礼讃』スチームパンカーの必読書」という記事を書きました。スチームパンクには白っぽい蛍光灯の天井照明よりも、黄色い白熱灯の間接照明の方がよく似合います。該当の記事の写真では白っぽいシェードランプが映っていましたが、私の書斎には白いシェードがモダンすぎて、似合わないような気がしました。

『陰翳礼讃』スチームパンカーの必読書
最も我慢ならないこと、それは光の暴力。住宅、公共建築物、商業施設──どこもかしこもビカビカと照らしだされています。スチームパンクと照明そして『陰翳礼讃』についての考察です。

灯りをつけると歯車が浮かび上がる

Steampunk lamp shade
そこでこんなランプシェードに改造してみましたよ。この工作は手芸の分野で言うと「カルトナージュ」という技法になります。影絵のように映し出されるたくさんの歯車。ギアはスチームパンクオブジェには欠かせないモチーフです。これらは動かないけれど、まるで機械じかけのように見えませんか?

クラシカルなメカのパーツが揺れる

Steampunk lamp shade
そしてフリンジにぶら下げられているのは、金色の真鍮でできたメタルパーツ。全て違った形をしています。ピストル、扇風機、カギ、ポット、カメラ、地球儀……ヴィクトリア朝や大正、昭和の初めにあったモノたちです。10ミリほどの小さなパーツですが精巧に作られていますよ。

スチームパンキッシュ&エレガント

Steampunk lamp shade
電気を消したところ。パッと見はアンティークではあるけど、普通のクラシカルなライトに見えます。このシェードランプは寝室に置く予定。ベッドサイドにメカメカしいものがあるとあまり気が休まりませんので、シェードは柔らかみのある外見の方が良いと考えました。そこで点灯した時のスチームパンクと、消灯時のエレガンスという両方のテイストを併せ持ったデザインにしました。

ビフォー&アフター

Steampunk lamp shade
元々のランプとの比較です。シェードに一手間加えただけで、随分イメージが変わるでしょう?軸の部分は真鍮でできていて、間接で曲げ伸ばしができます。手元に灯りを引き寄せたり、邪魔なときは関節を畳んでおくことができて大変重宝しています。

【1】材料をそろえる

Steampunk lamp shade
ではそろそろ作り方に移りましょうか。材料を揃えます。全てネットで購入しました。ふさふさしたひも状の飾りは「フリンジ」、房がないものは「ブレード」と言います。それらの単語で検索すると様々な色、形のものを探すことができますよ。(写真の赤い布は結局変更しました)

【2】型紙作り、布をはがす

Steampunk lamp shade
シェード部分を外します。いらない布で型紙を作ります。シェードは湾曲しているので、紙の型紙より布の型紙の方が正確に作れます。元々貼ってあった布をシェードからはがします。

【3】布を裁断する

Steampunk lamp shade
布を型紙に添って切ります。私が使ったのは両方コットンのプリント生地です。コットンプリントは濃い色あいでも程よく光を透過しますし、加工が簡単なのでシェードの材料にぴったり。左の生地はゴブラン織りに見えますが実は綿プリント。右はバラ柄。この時代だとウィリアム・モリスの柄とかいいかもしれませんね。

【4】歯車を切り抜く

Steampunk lamp shade
歯車の模様を作ります。「「歯車の描き方」出張フォトショップ講座」の記事でご紹介した、歯車ブラシのプラグインを使って、様々な形の歯車の形を描き、レーザープリンターで黒い色画用紙に印刷します。黒いインクでも光にすかすとうっすら線が見えるのでデザインナイフで切り抜きます。……と軽く書いていますが、歯を一個一個切り抜くのが地道な作業で結構大変。

フォトショップで立体的な歯車を描く方法・出張Photoshop講座
スチームパンクと言えば頭に浮かぶモチーフは歯車でしょう。今回はフォトショップを使った歯車の描き方を解説します。歯車ブラシを使って様々な歯車を描き、立体的に見せる方法です。

【5】歯車を配置、接着

Steampunk lamp shade
マスキングテープで歯車の配置を決めます。マスキングテープは何度もはがせるので、納得いくまでベストな配置を考えます。位置が決まったら1つずつスプレーのりなどで歯車を接着していきます。スプレーのりは均一に接着剤を吹くことができて表面がボコボコしませんのでお勧めです。

【6】布を接着、縁の処理

Steampunk lamp shade
切り抜いた布をスプレーのりで接着していきます。側面を全て張り終えたら、シェードの上部と下部の縁に、幅15ミリに切った細長い布を貼り付けます。

【7】布の継ぎ目にブレードを貼る

Steampunk lamp shade
布の継ぎ目にブレードを貼ります。

【8】複数のフリンジを縫い合わせる

Steampunk lamp shade
2本のフリンジ、ブレードを縫い合わせます。一つは金色のビーズフリンジ、もう一つは赤いシンプルなフリンジ。1本だけよりも2本使いの方が豪華に仕上がります。

10円の激安メタルパーツ

Steampunk lamp shade
メタルパーツです。100個ほど買いました。数百種類あったので、アンティークな雰囲気のもの、メカニカルなものなどを選びました。一つ一つは10ミリほど。全て10円だったので100個買っても1000円。激安!

【9】パーツをフリンジにつける

Steampunk lamp shade
メタルパーツをビーズフリンジの先につけます。ビーズフリンジの先には小さなビーズがついていたので、そこに極細の真鍮線を通して、メタルパーツをつけました。一個一個ネジネジ巻く。余った先をパチパチと切る。100回ほど繰り返します。これも大変根気のいる作業でした。

フリンジの重さ

Steampunk lamp shade
全てつけ終わったところ。重さを計ってみたら250グラムもありました。どっしりしたシェードランプなので問題ありませんでしたが、土台のランプによっては頭が重くなってひっくり返ってしまうかもしれませんね。

【10】フリンジを縫いつけ、接着する

Steampunk lamp shade
接着剤だけではフリンジの重さに耐えられないかもしれないので、シェードの布とブレードを縫い付けることにしました。しっかり縫ったので重みで外れてしまうことはないでしょう。

【11】スチームパンクランプシェード完成!

Steampunk lamp shade
スチームパンクランプシェードの完成です! ゴージャスなシェードに仕上がりましたよ。毎日1時間ずつ作ったので1週間かかりましたが、作業時間自体は7、8時間で作れると思います。土日を使えば週末に手軽にできる手芸ですね。

古いランプが蘇る

Steampunk lamp shade
ごく普通のランプシェードがクラシカルで豪華なイメージに大変身。オークションによくシェードのやぶれたランプが出品されていますし、ご自宅に古びたランプシェードがあるという方もいらっしゃるのでは? お好きな布やブレード、フリンジを使ってぜひオリジナルのランプを作ってみてくださいね。

トリムコ フリンジ 濃赤 70mm 10cm単価

トリムコ フリンジ 濃赤 70mm 10cm単価
価格:78円(税込、送料別)

ブレード SP1444 (巾約1.5cm)

ブレード SP1444 (巾約1.5cm)
価格:168円(税込、送料別)

10円チャームー(1)

10円チャームー(1)
価格:10円(税込、送料別)

材料・道具
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る