「懐中時計ラックの作り方」コレクションを美しく展示

ヴィクトリア時代の紳士の必需品3つは? 答えは帽子、ステッキ、懐中時計。でも懐中時計は置き場所に困りませんか? そこで100円ショップの材料で懐中時計ラックを作りました。
懐中時計ラック

この時計はきみのお兄さんのもので、お兄さんはお父さんから譲られたんじゃないかな。(略)お兄さんはだらしなくてずぼらな人だった。将来有望だったのに、何度もチャンスをのがして、貧乏したかと思うとときには金まわりがいいこともあったが、結局、酒に溺れて亡くなった。僕にわかるのはこれだけだな。

『四つの署名』光文社文庫

懐中時計を見たホームズにお兄さんのことをズバリと言い当てられて驚くワトソン。『四つの署名』の冒頭の名推理です。懐中時計は現代で言うなら携帯みたいなもの。ドラマ『Sherlock』の『ピンク色の研究』で、シャーロックはジョンの携帯の傷で推理をしていましたね。

もちろんホームズも懐中時計は愛用しています。『ボヘミアの醜聞』ではアイリーン・アドラーにもらったソブリン金貨を記念として時計鎖につけていました。ドラマ『シャーロック・ホームズの冒険』のホームズは、衣装のウェストコート(ベストのこと)に時計鎖と金貨を身につけていますよ。小道具さん芸が細かいね!

複数ある懐中時計をどうディスプレイするか

懐中時計ラック
私も懐中時計は3つ持っていて、スチームパンクファッションの時に身につけています。数百円からせいぜい数千円といった玩具のような懐中時計ですが、安いだけについ増やしてしまいがち。これらを美しくディスプレイする方法はないかと思い、こんな懐中時計ラックを作ってみました。

100円ショップは材料の宝庫

懐中時計ラック
これは100円ショップのセリアで購入した木製のミニラック。ただ板を組み立てただけのもので、蝶番が真ん中についています。どうやって使うのかよく分からなかったのですが、これを土台に使ってみることにしました。

【1】下地づくりとステイン着色

懐中時計ラック
紙やすりで表面をなめらかにしてから、マホガニー色のステインで着色。乾いたら2度塗りします。

【2】水性ニスを塗る

懐中時計ラック
水性のニスを塗ります。

【3】パーツを集める

懐中時計ラック
パーツを適当に集めます。使ったのはミニラックから取り外した蝶番、同じ100円ショップで購入した引出しの取っ手、プッシュピン。

【4】パーツを金色に塗装

懐中時計ラック
下地材を吹いてから金色のラッカーで塗装します。

【5】パーツを取り付ける

懐中時計ラック
引出しの取っ手は持ち運びしやすいように上部に2つつけました。ルーターで本体に穴を開けてネジ止めするだけ。

【6】ヒートンをつける

懐中時計ラック
懐中時計をひっかける部分は、はてな型のヒートンネジを使います。これは金色だったので塗装の必要はありませんでした。これを4ヶ所、ミニラックの内側上部にねじ込んでとりつけます。

【7】画びょうの脚をつける

懐中時計ラック
ラックの下部にプッシュピンをつけます。ルーターで穴をあけておいて、接着剤をつけてからプッシュピンを押し込んで固定します。はい、完成! 塗装の乾燥時間を除けば1、2時間でできあがります。超簡単。

女性の方もぜひ懐中時計を

懐中時計ラック
ところで。ドラマ『ピンク色の研究』では、シャーロックもひとつポカをやらかしています。携帯電話の傷から酒癖の悪い兄がいると推理したシャーロックですが、実はジョンに携帯をくれたのは「兄」ではなく、「姉」のハリー(ハリエット)でした。現代版ならではの洒落が効いたエピソードでしたね。だから、現代に生きる女の私が懐中時計を持っていたってノープロブレムなのですよ。

材料・道具
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る