100円サボテンで理科趣味を楽しもう『サボテンの水栽培』

この記事をシェアする

これは100円ショップで購入したサボテンたち。水栽培にしてから半年以上経ちますが元気にすくすく成長しています。意外に簡単に、安価にできるサボテンの水耕栽培のハウツーです。
サボテンの水栽培

サボテンは水をあげると死ぬ?

サボテンは水をやり過ぎると枯れる……そんな風に聞いたことがあるでしょう? でもこれは単なる迷信のようなもの。サボテンのように根が水を吸収しずらい植物は、土に残ってしまった水が腐ったり、雑菌が繁殖したりして枯れるのです。酸素がたっぷり入った新鮮な水で育てたら何の問題もありませんよ。世話も週に1度水をかえてあげるくらいでOKです。

【1】100円ショップでサボテンを入手

サボテンの水栽培
ではやり方を説明します。以下は半年以上前の写真です。100円ショップに並んでいたサボテンをいくつか購入しました。コロンとした丸い形のもの、棒状のもの。最近はこんなものまで100円ショップで入手できるんですね。

【2】サボテンの土を落とす

サボテンの水栽培
鉢からサボテンをそっと引き抜きます。土は使いませんのでお庭などに撒きます(またはゴミ袋に入れて地域のゴミの処理法にしたがって捨てます)。

鉢の砂がガチガチに固められているタイプ(砂が白や赤など色付きのものが多い)のサボテンは、鉢ごと30分ぐらい水につけると糊が溶けますので、柔らかくなってから取り出しましょう。

【3】根を丁寧に洗う

サボテンの水栽培
根を丁寧に水で洗います。サボテンって体の大きさの割りに根がひょろっとしていますね。

【4】根をカットして3日陰干し

サボテンの水栽培
根を根本から1センチぐらいのところで切ります(サボテンさんごめん)。これまで生えていた根は土の中の養分を吸うために特化した根なので、水栽培用の根を新しく生やすためです。

この状態で屋内で3日ほど陰干しします。飢餓状態にさせて根を生えやすくするのです(またしてもごめんね)。

【5】ゴミ取りネットとビンを用意

サボテンの水栽培
ビンはなんでも構いません。私はジャムの空き瓶を使いました。空き瓶の口よりもやや大きめのごみ取りネットを入手します。ステンレスでできている円形の網です。これも100円ショップで売っています。

【6】ネットの真ん中をカット

サボテンの水栽培
ゴミ取りネットの真ん中を、サボテンの大きさに合わせてペンチやニッパーで切り取ります。切り口の針金は曲げておいて、サボテンに刺さらないようにします。

【7】水を入れる&ラベル作り

サボテンの水栽培
ごみ取りネットに3日陰干ししたサボテンの根を通して、ビンに入れます。最初は根の先がギリギリ届くぐらいの水位に水を入れます。そうすると一生懸命サボテンが水栽培用の根を伸ばしてくれます。アンティークなラベルを自作して貼ってもいいですね。「「アンティークラベルの作り方」 空き瓶のリサイクル」の記事も参考まで。

「アンティークラベル」 空き瓶のリサイクル
スチームパンクな部屋にはくすんだ色のガラス瓶が良く似合います。写真は書斎のパソコンデスクの上の茶色の遮光ガラス瓶。簡単にできるアンティークラベルの作り方をご紹介します。

水換えについて

サボテンの水栽培
根のアップ。白いホワホワした根がニョロリと出ていますね。これは新しく出てきた根です。だいたい1ヶ月ぐらいするとこういう根がたくさん出てきますよ。根さえ生えたらもう一安心。水換えは週に1度です。

置き場所について

サボテンの水栽培
置き場所ですが、砂漠の植物だからといきなり直射日光が当たるジリジリと焦げるような熱さの屋外に置かないこと。植物の枯れる主な原因の一つは「急激な変化」です。サボテンは屋外栽培でも大丈夫ですが、徐々に環境に慣らすようにしてください。室内でしたらカーテン越しに日が当たるぐらいの場所が良いでしょう。

手が生えてきた!

サボテンの水栽培
これは2013年の9月のサボテン(金盛丸)と、2014年4月現在の姿の比較。手が両側に生えてきました! 可愛いですねー。毎日見ていると気が付かないかもしれませんが、小さな成長が見られるのもサボテン栽培の楽しみです。

ガラス容器で理科趣味に

サボテンの水栽培
ガラス容器はなんでも良いので、フラスコやビーカーなどの理科実験器具を使うとより理科趣味な雰囲気がでますね。ヴンダーカンマー、マッドサイエンティストの理科室、ナウシカの研究室などがお好きな方でしたらこういうガラス容器もお勧めですよ。ご自宅だけでなくオフィスの机にもいかが?

ドームの中のハエトリグサ

サボテンの水栽培
ついでに私がかわいがっている食虫植物のハエトリグサ(ハエトリソウ)もご紹介します。これはホームセンターで300円で売られていたもの。容器は東急ハンズで購入したたまご型のプラスチックカプセル。ハエトリグサを苔玉に植え替えて、ハイドロボールを置いた上に乗せています。これも水換えは週に1度。

触らない、虫を食べさせないのが栽培のコツ

サボテンの水栽培
食虫植物なので触ると葉が閉じたりして面白いのですが、触りすぎたり虫を食べさせ過ぎたりすると弱って死んでしまうので、普段はタマゴ型のドームをかぶせています。苔玉のコケもぐんぐん育ってきて春を感じます。あなたも心癒される植物に和んでみませんか?

追記:2016年07月01日

サボテンの水栽培
2016年07月のサボテンの様子です。サボテンの水栽培ではそれほど大きく成長しないので、2015年11月に植え替えをしました。その後さらに半年経った時の成長の比較です。植え替えしてもあまり大きくなっていません。

そのままでももちろん元気ですが、ハイポネックスなどの肥料を与えたほうが良いかもしれませんね。それにしても3年以上楽しめるのですから、100円サボテン、あなどれません。

材料・道具
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る