ツイードランとネオヴィクトリアン自転車「黒糖号」

2015年11月07日(土)に開催された「ツイードラン尾州2015」。今回の舞台は織物の街一宮です。愛車・黒糖号をネオヴィクトリアン仕様にカスタマイズして出場しました。
ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車

2015年のツイードランは東京はで4回目、名古屋では3回目です。公式のものは東京・名古屋で開催されていますが、小規模なものは日本全国で行われています。ツイードのファッションに身を包み、自転車で街を走る楽しいイベントです。私も去年から参加しています。

ツイードラン(Tweed Run)2014 in 名古屋に参加しました!
2014年10月25日、名古屋市内で行われたツイードラン2014に参加しました。参加者が毛織物(ウール)の1種であるツイード製の服を着て、街中を自転車で走るイベントです。

ネオヴィクトリアンにカスタマイズ

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
ツイードランに向けて、昭和レトロ自転車「黒糖号」をネオヴィクトリアンにカスタマイズしてみました。砲弾ライト、ヘッドバッヂ、ホーン──。黒地に金模様がキラッキラ。

黒糖号完成!『銀輪は唄う』「昭和レトロ自転車改造記【7】」
完成した私の昭和レトロ自転車「黒糖号」をご披露いたします。天国のグランマー、見てるーっ? 格好だけでもおばあちゃんみたいになれたかなー? 自転車大改造記もこれにて大団円です。

機能も工夫しました

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
ドレスガードやアンブレラホルダーも装備。3段階の変速機、8種類に光を調節できるテールライト、ロック式スタンドなど自転車として走りやすくカスタマイズしてあります。……ただまあなんと言いますか、一種の痛車ですね。

黒糖号ビフォー

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
黒糖号の改造記事を書いたのは2010年の6月。もう5年も前のことなんですね。それからはずっとこの状態で乗っていました。自転車屋さんで時々点検してもらっていたので、改造後も走るのに全く支障はありませんでした。

黒糖号完成!『銀輪は唄う』「昭和レトロ自転車改造記【7】」
完成した私の昭和レトロ自転車「黒糖号」をご披露いたします。天国のグランマー、見てるーっ? 格好だけでもおばあちゃんみたいになれたかなー? 自転車大改造記もこれにて大団円です。

昭和レトロな黒糖号

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
今ではもうほとんど見られなくなったロッドブレーキや、ダイナモ発電式の砲弾ライトがいかにも昭和。ヘッドバッヂ、フレームカバー、風切りを手作りしたのも楽しかったです。黒糖号のおかげで、去年のツイードランではいろんな人に話しかけられ、ぼっち参加でも寂しくありませんでした。

自転車のパーツ交換をしました「昭和レトロ自転車改造記【3】」
オークションや自転車店でコツコツ集めたレトロなパーツにつけかえてみました。カスタマイズを引き受けてくださった自転車店・Bicycle Life 夢屋 Styleさんもご紹介します。
真鍮エッチングで作るオリジナルバッヂ「昭和レトロ自転車改造記【4】」
昭和レトロ自転車で最も目を惹くのはバッヂではないでしょうか。昔のアンティーク自転車全体にはバッヂがこれでもかとつけられています。オリジナル自転車バッヂ作りのハウツーです。
ベルベット風のフレームカバーを自作「昭和レトロ自転車改造記【6】」
自転車フレームに巻き付いている布はフレームカバーといいます。これもエンブレムや風切りとともに現代の自転車からは姿を消してしまいました。今回はフレームカバーのDIYです。
真鍮エッチングのDIY風切り「昭和レトロ自転車改造記【5】」
自転車の風切りを真鍮板で手作りしました。風切りは昭和40年代までの自転車の前輪泥除けの先端についていました。様々な色や形があり、コレクションしている人もいらっしゃいます。

材料の布は片スカラップ金刺繍レース

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
今回のカスタマイズに使ったのはこの布。薄地のジョーゼットに、金の刺繍が施してあるもの。片スカラップなので、150cm巾でしたが2.5mも購入しました。両スカラップなら半分の量ですみましたね。楽天のめぐみ手芸さんで、50cm500円でした。

【1】サドルカバーを作る1

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
サドルカバーを購入。ジェル内蔵でおしりが痛くないとの触れ込み。この周りに10cm巾に切った先ほどのレースを縫い付けました。

【2】サドルカバーを作る2

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
30分ほどで完成。機能的には問題ないのだけど、このでっかく赤字でかかれた「GEL」の文字がなんともはや……。上から黒マジックで塗ってごまかしましたが、ワッペンやアップリケで隠したほうが良かったかも。

【3】フレームカバーを作る1

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
5年経って古びてきたので、フレームカバーも作りなおしました。昔作った材料がまだ残っていたので金文字のワッペンと合わせて再利用。

【4】フレームカバーを作る2

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
端にゴールドのテープを挟み込んで、ハトメを打ってできあがり。フレームに革紐でコルセットのように編んでとめます。これも30分で完成。

【5】パーツ塗装1

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
レトロなホーン2つと、砲弾ライトの金属部分を塗装します。もともとは銀色だったのですが、金色に統一することにしました。ホーンは一つ3.65ドル砲弾ライトは6.37ドルでした。どちらもAliExpressで購入。ライトはダイナモ式ではなくて、LED式です。

【6】パーツ塗装2

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
金のラッカースプレーと言ってもいろんな色があります。私はいつも染めQのゴールドを使っていますが、これはやや白っぽい金色。手前の方位磁石のような黄色がかった金色ではありません。金色を微妙に変えたい時は、Mr.カラースプレーのクリアイエローとクリアオレンジを適量塗り重ねることで調整できますよ。これは乾燥時間も含めて半日仕事でした。

【7】リア傘ホルダーを塗装1

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
傘ホルダーを取り付けました。よくあるのは前輪に傘をひっかけるタイプのホルダー。でもせっかくのロッドブレーキが目立たなくなってしまうので、後輪タイプを購入。もとの色は白色なのでこれも金色に塗装しました。同じく乾燥時間込みで半日かかりました。

【8】リア傘ホルダー取り付け

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
傘はこのような形でホルダーに刺して運べます。スチームパンクな紳士必携のアイテム・ステッキを刺して運ぶこともできますよ。これは愛用の人魚ステッキ。

【9】チェーンケースカスタマイズ1

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
ギアやチェーンを完全に覆う形のチェーンケースは大変気に入っているのですが、昭和的なデザインになっているのでここもカスタマイズ。ツルッとした質感の黒のカッティングシートを貼りました。

【10】チェーンケースカスタマイズ2

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
フォトショップで当ブログのロゴとギアの画像をフォトショップで作成。カラープリントして、ラミネート加工。チェーンケースに両面テープで貼りました。本当は真鍮板のエッチングをしようと思ったのですが、今回時間がなかったのと今後手軽にデザインを変えられるように簡易版で。50分で完成。

【11】風切りとファブリックタグ作り

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
布が余っていたのでファブリックタグを作りました。固定はスナップボタンを縫い付けました。風切りの材料は、実は厚さ3mmのボール紙にスタンピングリーフ+レジン。これもいずれちゃんと真鍮エッチングで作り直したいなあ。

ネオヴィクトリアン・黒糖号の完成!

ツイードラン・ネオヴィクトリアン自転車
明日はこの黒糖号で一宮の街を走ります。後日レポートしますね。

そうそうこの後輪についているドレスガードですが、これはヴィクトリア時代の自転車と女性などいろいろご紹介したいこともありますので、別の記事として書く予定です。どうぞお楽しみに。

材料・道具
関連URL
ツイードラン尾州2015詳細
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る