寝室模様替え1:コーヒーウェザリングと絵画の額をDIY

美しい孔雀の絵を購入しました。寝室に飾るために落ち着いた色にコーヒーウェザリングを施し、ぴったりの青い額を手作りしました。今回は軽くて安価なDIY額作りを解説します。
手作りの孔雀の額

蒸気邸改造記20:アイリーン・アドラーの寝室
蒸気邸の寝室はアイリーン・アドラーをイメージしてデザインしました。基調色は赤。アイリーンは、ただ一人シャーロック・ホームズを出しぬいた女性(the woman)です。
もともと寝室の基調色はアイリーン・アドラーをイメージした「」でした。壁紙もカーテンも赤系統のもの。でも最近やや飽きてきたのと、基調色を「」にした方がくつろげるのではと思い始めました。

【1】絵を購入

手作りの孔雀の額
美しい孔雀の絵を見つけました。尾羽根が淡い青色でくつろぐための寝室にぴったりです。大きさは 50x75cm。カンバスに印刷したもので二枚組でした。ただし、これ両方オス。本当は夫婦の孔雀の方が良いと思いますが、メスは茶色で地味ですしね……。ま、両手に花ってことでいっか。

【1】コーヒーウェザリング

手作りの孔雀の額
部屋に仮置きしてみると、ちょっと余白が真っ白すぎるように感じました。アンティークな部屋には合わない気がしたので、落ち着いた色合いにするためにコーヒーウェザリングを施すことにしました。材料は普通のインスタントコーヒーを水溶きしたもの。

【2】コーヒーをハケで塗る

手作りの孔雀の額
水溶きコーヒーを絵全体にハケで塗ります。左側がウェザリング前、右側がウェザリング後。並べてみるとかなり色合いが違っているのが分かりますね。

【3】余分なコーヒーを拭き取る

手作りの孔雀の額
孔雀の部分は羽の青色が鈍くならないように、コーヒーをつけないようにしました。色がつきすぎたところは濡らした雑巾で拭き取ります。コーヒーの色を定着させるために上からざっと透明ニスを吹きます。

【4】モールをカットする

手作りの孔雀の額
以前テレビの額を作っていただいた額の専門店・高山額縁店さんにお願いしようかと思いましたが、面白そうだったので額を自分で作ることにしました。材料はモール、モールディングと呼ばれる棒状の木の飾りです。ホームセンターで入手。

暖炉周りの改造(4)アンティークなテレビ額
アンティークなテレビ額を取り付けました。名古屋市の高山額縁店は名古屋一の品揃えを誇る老舗の額縁屋さん。どんなニーズにも応えてくれるという凄腕の職人さんのおかげです。

【5】モールを45度でカット

手作りの孔雀の額
絵の大きさに合わせてモールを切ります。モールの端は45度にカットします。直角に組み合わせて接着します。

【6】モールを釘で固定し、マスキング

手作りの孔雀の額
モールをカンバスに釘で固定します。そして塗装のためのマスキング(ゴミ袋使用)をします。ちなみになぜ組み立ての前に塗装をしないのかというと、棒状の木材は水分を含むと反ったり曲がってしまったりするからです。先に組み立てて釘で固定すれば塗装後に歪むことはありません。

【7】下地の色を塗る

手作りの孔雀の額
ピーコックブルーのアクリル絵の具で額を塗ります。

【8】スパッタリング塗装

手作りの孔雀の額
額に模様を入れます。今回はスパッタリングという技法を使います。これは「ぼかし網」という網にハンドルがついたスパッタリング用の画材。歯ブラシや固い筆に絵の具をつけて、網でこすると細かい霧状の絵の具が飛び散ります。水色と群青色で、額の上に霧状の模様をつけました。

【9】金模様をつける

手作りの孔雀の額
スパッタリングだけだと地味なので、金模様を付け加えます。アクリル絵の具の金色をハケにつけて、ささっとこするようにして額に色をつけます(ドライブラシ法)。

【10】ウレタンニスでコーティング

手作りの孔雀の額
上から保護のために水性のウレタンニスを塗ります。二度塗りしてつやつやになりました。

【11】マスキングを剥がす

手作りの孔雀の額
マスキングを剥がします。この時カッターナイフでマスキングとの境目を切っておくと、絵の具の層がやぶれてしまうのを防ぐことができます。力を入れ過ぎると絵を痛めてしまうので注意深く切ります。

【12】絵を飾る

手作りの孔雀の額
額を自作したのは軽く作るためでもありました。木の枠だけなので、50x75cmの大きな絵でもたったの1キロほど。マスキングテープで壁にあたりをつけてバランスを見てから、石膏ボード用のフックで絵を吊ります。

【13】完成

手作りの孔雀の額
上手く飾ることができました。これで完成。以前作った青銅の花瓶とアートフラワー、フォトフレームも淡い青色なのでぴったりです。

フォーフィニッシュを学ぼう4「青銅(ブロンズ)塗装の花瓶」
フォーフィニッシュ(faux finish)による塗装第四回目は、青銅(ブロンズ)塗装です。アンティークな味わいのある花瓶を、黒色から青銅色に塗り替えてみましょう。

青いものを少しずつ増やす予定

手作りの孔雀の額
寝室のメインイメージが固まりました。孔雀の「青」とマホガニーの「茶」を基調色に決めました。今後は青色のものを手作りして、寝室を徐々に改造してきたいと思います。

材料・道具
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る