万年筆愛好者の必需品「歯車のネオヴィクトリアンブロッター」

万年筆を愛用している方にとって必需品のブロッター。生乾きのインクを吸い取って、汚れがつかないようにする道具です。歯車とリベットで装飾したレトロなブロッターを作ってみました。
◎◎◎◎◎◎

この作品は、2016年02月14日に「ツイッター実況工作」としてリアルタイムで作ったものです。私は時々、1日で簡単にできる工作を制作過程の写真とともにツイートしています。興味のある方は「五十嵐麻理(@IgarashiMari)」をフォローしてみてくださいね。(この日の実況工作のツイートはtwilogにまとめてあります

壊れてしまったので新しく作りなおしました

◎◎◎◎◎◎
現在は大きな文具店でもほとんど見かけることがなくなったブロッター。5年ほど前に、小さなものを手に入れて少し手を加えて使っていました。

こだわりの文房具、キャップレス万年筆とブロッター(吸取器)
時計、ライター、万年筆。これらは一昔前によく言われた「男の三種の神器」だそうです。万年筆はスチームパンク時代にぴったりの筆記具。お気に入りの万年筆とブロッターについてです。

ところが去年、うちの犬が壊してしまったのです。机の上に不用心に置いておいた私が悪いのですが、愛用品がバラバラになってしまってしょんぼり。でもまあ、また作れば良いのです。

【1】材料の丸太の輪切り

◎◎◎◎◎◎
東急ハンズで丸太の輪切りを見つけました。割れてるからか250円で安く手に入れることができました。厚さは3cm。

【2】木材をカット、接着

◎◎◎◎◎◎
裂け目を避けて輪切りを切りました。また工作板もカットして中央に穴をあけます。輪切りの板もそれぞれ同じ位置にしるしをつけてドリルで穴をあけます。しるし付けの方法ですが、絵の具を片方につけて、両方の輪切りをぴったり合わせると反対側の同じ位置に印がつきますよ。

直径5ミリの丸棒を切ったダボを作り4cmにカット。穴に入れて輪切りの両方をボンドで接着します。こうすると普通に接着するよりも丈夫で割れにくくなります。ブロッターは上から力がかかるからこの方法をとりました。

【3】表面をサンドペーパで整える

◎◎◎◎◎◎
しっかりとくっついたら、接着した丸太の表面をサンドペーパで整えます。

【4】ステインで着色する

◎◎◎◎◎◎
木部着色剤(ステイン)で着色します。年輪が美しいので二度塗りにとどめることにしました。

【5】ニスを塗る

◎◎◎◎◎◎
上の板も同じように塗ります。年輪を活かすように水性ウレタンニスを二度塗りしました。

【6】厚紙とゴム板を貼る

◎◎◎◎◎◎
蓋となる上板を作ります。厚紙とゴム板をカットした飾り板をボンドで貼ります。

【7】歯車パーツを並べる

◎◎◎◎◎◎
歯車のパーツを飾りにすることにしました。バランス見て並べます。はみ出したところは厚紙をカットします。

【8】ラッカースプレーで着色する

◎◎◎◎◎◎
ゴールドのラッカースプレーで塗装します。30分もすると触れるぐらいに乾きますが、完全に塗装を乾燥させるには24時間置いたほうが良いでしょう。

【9】UVレジンで固定する

◎◎◎◎◎◎
歯車パーツをいったん外して、上板の上部に杢目のカッティングシートを貼ります。またパーツを元通りに並べ、UVレジンを流し込んでUVライトで硬化させます。

【10】スポンジを底面に貼る

◎◎◎◎◎◎
ブロッターの底面に薄いスポンジシートを貼ります。スポンジがクッションとなり、紙の上のインクを吸い取りやすくなるからです。

【11】つまみの軸を固定する、サンドペーパーを貼る

◎◎◎◎◎◎
100円ショップセリアで引き出し用のつまみを見つけました。ボルトを土台に埋め込んで接着剤で固定します。また木の上部両端にサンドペーパーを貼っておくと、吸い取り紙がずれにくくなります。ブロッターを実際に使ってみると「もっとこうだったらいいのに」という部分が見つかりますね。

【12】吸い取り紙をセットする

◎◎◎◎◎◎
文具店でもめっきり見つからなくなったブロッター用吸い取り紙。インクを吸い取れば何でも良いので適当な紙を切ってセットしました。和紙などインクを吸いやすい紙が適しています。

【13】完成!

◎◎◎◎◎◎
完成! 万年筆スタンドとセットの、ネオヴィクトリアンブロッターです。以前使っていたものは小さくて使いづらかったのですが、ちょうど良い大きさに仕上がりました。今度は壊されないように気をつけなくちゃ。

材料
蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る