手作り派に朗報!『うさこのスチームパンク&クラシカルドレス』発売

管理人が発案・監修を担当した『うさこのスチームパンク&クラシカルドレス』が2015年07/07、七夕に発売。スチームパンクファッションを自分で縫うことができる洋裁本です。
うさこのスチームパンク&クラシカルドレス

ことの起こりは、大型手芸ショップ・オカダヤさんで私の作品展を開催したのがきっかけです。展示の終了後にオカダヤさんの企画スタッフMさん、Yさん、グラフィック社編集部のHさん、Iさんの5人で食事会をしました。その時に前々から考えていたアイデアをご提案してみたのです。

新宿オカダヤ『ネオヴィクトリアンDIYブック』作品展訪問
2014年10/11~10/31日の21日間、東京の手芸店・オカダヤ新宿本店にて開催の、拙書『ネオ・ヴィクトリアンDIYブック』の作品展。10/22に見に行ってきました。

地方にお住まいのスチームパンカーのために

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
日本におけるスチームパンクの中心地は東京。関連のイベントもスチームパンクのファッションやグッズを取り扱うショップも東京など都心ばかり。地方にお住まいのスチームパンカーは寂しい思いをしているのではないでしょうか。

自分で思い通りの洋服が作れる!

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
でももし初心者でも簡単にスチームパンクファッションを楽しめるハウツー本があったら、自分で洋服を縫うことができたらどんなに良いでしょう。基礎的な洋裁テクニックから学べば、ショップで買わなくても自分の思い通りのお洋服を着ることができるんです。

手芸用品最大手のオカダヤさんと、スチームパンクの先駆け出版社グラフィック社でなにとぞこのアイデアを実現してもらえないでしょうか──と。

ネット界の洋裁の大御所・うさこさん

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
「でも型紙の設計や洋服の制作はどなたに頼めば?」という編集Hさん。そこですよ! 私が私淑しているUSAKOの洋裁工房のうさこさんを是非にとご推薦しました。

以前記事にも書きましたナイトキャップやメイドエプロン作りで大変お世話になったうさこさん。直接面識はありませんが、うさこさんはネットの洋裁世界でとても有名な方ですから、とグラフィック社を通してお話を提案していただいたのです。

寝室改造記9「ナイトキャップの作り方」
私がかぶっているのはナイトキャップ(nightcap)。就寝前に飲むお酒もナイトキャップと言いますが、この記事では、夜寝るときにかぶるための帽子について解説いたします。
「手作りエプロン」メイドエプロンの作り方
メイド服はメイドにとっての戦闘服。士気を高めるような実用的デザインでなくてなはりません。今回はうさこ(@yousaikoubou)さんの手作りエプロンをご紹介します。

Amazonランキング洋裁部門1位!

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
そして半年のうちにトントン拍子で話が運び、こうして『うさこのスチームパンク&クラシカルドレス』という書籍を手にすることができた喜び! 本当に感無量。しかも1ヶ月前からAmazonの洋裁部門のランキング1位を達成なんて、夢のようです。

スチームパンクのDIY精神を大切に

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
私も監修とデザインを担当させていただきましたが、とにかく「初心者が実際に作れるような詳しい解説」「あくまでシンプルなデザインで応用が効くように」ということをお願いしました。スチームパンクのDIY精神を大切にしたいからです。

オリジナリティの発揮こそスチームパンク

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
極論を言うのなら「『うさこの手作りスチームパンク&クラシカルドレス』の参考写真と、そっくり同じのもの着てみました!」──よりも、「こんな風にアレンジしてみました!」というかたとお話できたら嬉しい。作る人のオリジナリティを発揮できることこそがスチームパンクだと思っているからです。

超初級編から丁寧に解説

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
うさこさんの解説は、なんとボタンの付け方、スナップボタンの縫い方──といった、中級者からすると「えっ? そこから?」という超初級編から始まります。けれども中級者にとっても「これ知らなかった!」という発見がある丁寧なハウツーがいっぱいです。それにCD-ROM付きで自分のサイズに合った型紙をお手軽にプリントアウト出来るんですよ。これは便利。

撮影会に行ってみました

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
5月に行われた写真撮影会には私もおじゃまさせていただきました。モデルのガブリエル、フィオナが身に着けている小物やお洋服のいくつかは私の私物。たとえば左のバッスルスカートの上のジャケット、手袋、右のパラソルとトーク帽は私が普段使っているものなんですよ。他にもいろんな私物が使われています。いやー美しいガブちゃんが着るとこうもイメージが違うのか!

当日ははじめてうさこさんにもお会いすることができました。とても気さくで頭の回転が早い方でしたよ。うさこさんはたくさんの方に洋裁を広めたいという情熱家な面もおありです。いろんなお話ができて楽しかったです。

皆様のお力のおかげです

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
私はほとんど全く仕事をしていないようなもので、本書の実現はひたすらうさこさんのお力によるものです。うさこさんには感謝しかありません。もちろん材料を提供してくださったオカダヤさん、グラフィック社、モデルさん、カメラマンさん、装丁家さん、校正家さん──みな周りの方々に助けていただいたおかげです。私は本当にこうしたご縁に恵まれています。ありがたいことです。

また夢が一つ叶いました

うさこのスチームパンク&クラシカルドレス
「日本のスチームパンカーのみなさんのお役に立てるようなことがしたい」というのは私の長年の夢です。また一つ夢が叶いました。本当にありがとうございました。手にとってくださった皆様にもモニタの向こうで頭を下げたいです。またやる気と勇気が湧いてきましたよ。これからもバリバリやるぞー! えいえいおー!

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る