『ハヤカワミステリマガジン』にコラムが掲載されました

中・高校生の頃から愛読している『ハヤカワミステリマガジン』にコラムを書かせていただきました。2015年02月号。特集は「ダウントン・アビー」。ディーゼルパンクについて解説。
ミステリマガジン掲載

早川書房は50年以上の歴史を持つ老舗。本の虫で特にSFや推理小説が大好きな私にとって、早川書房は特別な出版社です。「ハヤカワ読んでるんだ」と同級生に自慢する時の、ちょっと背伸びしたくすぐったさが今も甦ります。子供の頃からの読書家にとって「ハヤカワ」は青春の出版社なのであります。

表紙に名前が載るなんて夢みたい

ミステリマガジン掲載
そんな憧れの雑誌の表紙に、私の名前が載るなんて昔の私は夢にも思わなかったでしょう。中高時代の麻理ちゃん、見てるー? 「未来のあなた」はあなたの愛読している雑誌の表紙に名前が載ったのよ! ちょっとは見なおした?

特集は「ダウントン・アビー」

ミステリマガジン掲載
『ミステリマガジン』のコラムでは、ドラマ『ダウントン・アビー』の時代における「スチームパンクとディーゼルパンク」について解説しました。これはブログの記事「『ダウントン・アビー』で学ぶ、激動の英国近代史」をご覧になった編集者の方が声をかけてくださったことがきっかけ。

ドラマ『ダウントン・アビー』で学ぶ、激動の英国近代史
20世紀始めの英国・伯爵家と使用人を描いたドラマ『ダウントン・アビー』。数々の賞を受賞し、全世界の視聴者が1000万人を超える大人気ドラマです。激動の時代を御覧ください。

スチームパンクからディーゼルパンクへ

ミステリマガジン掲載
スチームパンク時代からディーゼルパンク時代へかけての移り変わりは、『ダウントン・アビー』を見れば一目瞭然。ドラマを見ながらその激動の歴史をぜひ楽しんでください。

私の本を書評でとりあげていただきました

ミステリマガジン掲載
また、その前には2014年10月号の松坂健さんの書評に私の『ネオ・ヴィクトリアンスタイルDIYブック』を掲載していただいたんです。なんと「ホームズ本大賞をあげるとしたらこの本!」と書かれてます。嬉しかったなあ。シャーロキアン見習いとしてとても励みになりました。

書店で見かけましたらぜひご覧くださいね

ミステリマガジン掲載
『ハヤカワミステリマガジン』2015年02月号。書店でみかけましたらぜひ手にとって見てくださいね☆

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る