薬瓶とアリスのミニテラリウム【不思議の国のアリスシリーズ1】

薬瓶にはDrink Meと書かれた札が下がっていますね。瓶の中に入っているアリスの手にもDrink Meと書かれた札の薬瓶が──という入れ子状になった薬瓶のミニテラリウムです。
薬瓶とアリスのミニテラリウム

(略)and round the neck of the bottle was a paper label, with the words `DRINK ME’ beautifully printed on it in large letters.

瓶の首には紙のふだがついていて、大きな文字で美しく「私を飲んで」と印刷されていました

Alice’s Adventures in Wonderland 『不思議の国のアリス』

世界で愛されるヴィクトリア朝の児童文学

ヴィクトリア朝の児童文学の代表と言えば、もちろんルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』(1865年)ですね。書籍だけでなく、ディズニーアニメや実写化映画も世界中の人々から愛されている作品です。

そんな『不思議の国のアリス』をモチーフに、植物と組み合わせた作品をたくさん作ってみようと思い立ちました。今後は私のアリスコレクションを一つ一つご紹介していきたいと思います。

LEDライトに照らされたアリスとアヌビアスナナ

薬瓶とアリスのミニテラリウム
最初は『薬瓶の国のアリス』です。小さな瓶の中にアヌビアスナナという水草と、『不思議の国のアリス』の小さなフィギュアが入っています。薬瓶にLEDライトをくっつけて、リモコンで色んな色に光るようにしてみました。

1年前に購入した瓶詰め植物

薬瓶とアリスのミニテラリウム
使わせて頂いたのは、名古屋のハンドメイド市場(2015年12月06日開催)というイベントで1年ほど前に購入したもの。サボテンの水栽培や、瓶詰めテラリウムを販売されていたパルフェパルフェさんの商品です。土の代わりに活性炭と水が入っています。

一度も蓋を取ることもなく放ったらかしだったのに、アヌビアス・ナナはずっと生き生きしていました。ナナはとても育てやすい水草なのですが、こんな小さな環境でも大丈夫なのだなあとびっくりしました。


海洋堂の食玩フィギュアアリス

薬瓶とアリスのミニテラリウム
そして組み合わせたフィギュアはこちら。のフルタ製菓の食玩『人形の国のアリス』(2001年11月発売)、北陸製菓の食玩『アリスのティーパーティー』シリーズ(2002年10月〜2003年11月発売)です。制作はご存知、海洋堂

滋賀県の海洋堂ミュージアムについては以前「日本珍スポット100景」で取材しましたのでぜひ以下の記事も御覧ください。

挿絵画家ジョン・テニエルの画風を忠実に再現

薬瓶とアリスのミニテラリウム
『不思議の国のアリス』の挿絵画家ジョン・テニエルの挿絵が忠実に立体化されています。この驚くべき再現力! 1方向だけしかない1枚の挿絵からこんなにリアルに3D化できるなんて、まるで魔法のようです。原型制作は仏像シリーズやアルフォンス・ミュシャシリーズでも知られる名人・村田明玄氏です。

ただしこの記事の瓶の中のアリスは海洋堂が関わっていないフルタの『人形の国のアリス2』シリーズのものである。正直海洋堂に作ってほしかった。

『不思議の国のアリス』のレトロカード

薬瓶とアリスのミニテラリウム
『不思議の国のアリス』のレトロカードも入手しました。アリスの名場面をテニエルの挿絵とともにカード化してあります。縁の古びたシミも印刷されたものなんですよ。

2Dのアリスと3Dのアリス

薬瓶とアリスのミニテラリウム
カードの絵柄とフィギュアを見比べて楽しんでいましたが、フィギュアに最もふさわしい背景をテラリウムアクアリウム(水槽)で作ったらもっと見栄えがするのではないかしらと思いつきました。よし、やってみよう!

ホームズも夢中? ヴィクトリア朝の植物ブームとウォードの箱
ヴィクトリア朝の英国で起った空前の植物ブーム。中産階級以上の人々は鉢植えやガラスケースに入った観葉植物を大切に育てました。植物ブームを支えたウォードの箱などの歴史的考察。

瓶の中のアリスが持っている瓶

薬瓶とアリスのミニテラリウム
そんなわけで、私のアリスコレクションの第一弾はこの『瓶の国のアリス』です。「Drink Meの瓶の中のアリスが持っているDrink Meの瓶」なんて、入れ子状のマトリョーシカみたいで不思議なイメージではないですか?

Drink Meでも飲んではいけません

薬瓶とアリスのミニテラリウム
リモコンのLEDライトは赤、青、黄色、ピンク、黄緑──などいろんな色に光ります。普段は私の生物室に置いてあるのですが、時々書斎机の上に移動して眺めていますよ。でも仕事中にコーヒーカップと間違えて手に取ってしまうことも。あぶないあぶない! Drink Meでも、絶対に飲んだらダメ!

蒸気夫人

参考文献

※情報修正2017年11月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る