多肉植物セダムの国のアリスと子鹿【不思議の国のアリスシリーズ2】

ぷくぷくしたセダムの森の中で子鹿とアリスがたたずんでいる『鏡の国のアリス』のシーンです。セダムは比較的育てやすい多肉植物。寄せ植えにしてフィギュアと共に楽しんでみませんか?
セダムの国のアリス

Alice with her arms clasped lovingly round the soft neck of the Fawn, till they came out into another open field, and here the Fawn gave a sudden bound into the air, and shook itself free from Alice’s arms. “I’m a Fawn!” it cried out in a voice of delight.

開けた野原にやってくるまで、アリスは子鹿の柔らかな首に愛おしそうに腕をまわしていました。子鹿はいきなり飛び上がってアリスの手を振りほどきました。「僕は子鹿なんだ!」と嬉しそうに言いました。

Through the Looking Glass 『鏡の国のアリス』
広告

『不思議の国のアリス』の続編『鏡の国のアリス』

鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass, and What Alice Found There:1871)は『不思議の国のアリス』の続編となる物語です。ハンプティ・ダンプティやトゥイードルダムとトゥイードルディーなど、マザーグースに登場するキャラクタが印象的ですね。

物の名前を忘れてしまう名無しの森

セダムの国のアリス
セダムの森の中で仲良く佇むアリスと子鹿。ここは物の名前を忘れてしまうという「名無しの森」。アリスと子鹿はその不思議な森で出会うのですが、森を出た途端に子鹿はアリスが人間だと思い出して慌てて逃げ出してしまいます。でもこの森の中にいる限り、彼らはずっと仲良しのままですね。

海洋堂・アリスのティーパーティーシリーズ

セダムの国のアリス
使用したフィギュアは北陸製菓の食玩、アリスのティーパーティー第2弾で発売されたものです。海洋堂制作。子鹿の首に手をまわしているアリスが美しく再現されていますね。可愛い! 海洋堂のフィギュアについてはこちらの記事を御覧ください。

薬瓶とアリスのミニテラリウム【不思議の国のアリスシリーズ1】
薬瓶にはDrink Meと書かれた札が下がっていますね。瓶の中に入っているアリスの手にもDrink Meと書かれた札の薬瓶が──という入れ子状になった薬瓶のミニテラリウムです。

【1】鉢植えの材料を揃える

セダムの国のアリス
ではこのフィギュアにふさわしい舞台を作ってみましょう。ホームセンターで多肉植物のセダムを3種類購入。セダムはマンネングサ属ベンケイソウ科の植物で、様々な種類が販売されています。ハイドロカルチャー用の人工倍土(ハイドロコーン、ハイドロボールなど)、観葉植物用の土も用意しました。

【2】アクリルポットの底に穴をあける

セダムの国のアリス
使う容器はガラスではなくてアクリルポット。セダムはぷりぷりした葉の部分に水分を蓄えているので、水はけがよくするのがうまく育てるコツです。底に穴が空いていない容器は向いていないので、ドリルで10ヶ所ほど穴をあけました。

【3】ハイドロコーンを入れる

セダムの国のアリス
さらに水がうまく穴から流れ出るように、大きめの粒のハイドロボールを厚さ2センチほど入れました。ハイドロボールは多孔質になっていて水分を蓄える機能もあるので、微妙な水加減を調節できるんですよね。

【4】水草用の培養土を入れる

セダムの国のアリス
私は水草用の水草一番サンドという商品をよく使っています。少々お値段がするのですが、真っ黒な粒状の土で見た目が良いのと、養分が配合されていて植物が良く育つからです。これを1センチぐらいの層になるよう投入。

【5】セダムを植え付ける

セダムの国のアリス
セダム各種をポットから出してなるべく根を切らないようにそっと小分けして、観葉植物用の土でバランス良くポットに植え付けます。

【6】ミリオンバンブーを植え付ける

セダムの国のアリス
セダムだけだと背が低くて単調になるので、長さ10センチほどのミリオンバンブーを一緒に植えました。植え付けたら上から水をかけて、ちゃんと鉢底から水が流れ出ることを確認します。

【7】フィギュアを配置する

セダムの国のアリス
アリスのフィギュアの底には、錆びにくいステンレス製の釘を接着剤でつけます。こうすると安定性がよくなるのでうまくフィギュアを飾ることができます。ところどころに、真っ赤なキノコのフィギュアも刺してみました。

【8】完成! セダムの国のアリス

セダムの国のアリス
ラベルをつけて完成です! セダムは日当たりを好むものが多いので、なるべく日光によく当てるようにします。水やりは土の表面が乾いたら下から流れ出るぐらいたっぷりと。くれぐれも水をやりすぎないように注意高温多湿にも弱いので風通しの良い場所で育てますが、室内でも大丈夫です。

2ヶ月後の様子:フィギュアの塗装がはげてしまった

セダムの国のアリス
この鉢植えを作ったのは10月の半ばでしたが、2ヶ月後の12月になったら、差し込んだプラスチックのキノコフィギュアの塗装がはげてきてしまいました。どうも水濡れに弱い物だっったようです。あらら。アリスの方はなんともありませんでした。

別のキノコフィギュアに交換

セダムの国のアリス
そこで今度は別の、水に強そうなレジン製のキノコを入れてみることにしました。さらに別の鉢で育てていたシェルフレラの葉をアリスの背景に差し込んでみました。植え付けたセダムは鉢から飛び出すほど元気。ハサミで剪定しましたよ。

3ヶ月後:ミリオンバンブーが大きくなりました

セダムの国のアリス
植え付けから3ヶ月後。これは今日、01月06日のセダムの鉢植えの様子。ミリオンバンブーがたくさん葉っぱをつけて、セダムも生き生きしていますね。セダムの国のアリスは今日も子鹿と仲良く森の中で過ごしていますよ。

追記:6ヶ月後のセダム(2017年04月12日)

鉢いっぱいに育ってしまったので、大きな植木鉢に植え替えました。

追記:7ヶ月後の多肉植物(2017年05月16日)

追記:8ヶ月後のセダム(2017年07月19日)

追記:1年と2ヶ月後のセダム(2017年07月19日)

多肉植物のトリケラトプスガーデン1
育ちすぎたアリスの多肉植物を使って、新しくトリケラトプスの寄せ植えプランターを作りました。広々としたプランターで多肉植物はぐんぐん成長中です。

フィギュアで作る小さな古代世界・多肉植物のトリケラトプスガーデン(1)
ジャングルをのっしのっしと進むトリケラトプス。これは我が家のベランダで育てている多肉植物のプランターです。フィギュアと多肉植物の寄せ植えで小さな古代世界を再現してみました。
蒸気夫人

関連商品・参考文献

関連URL

※情報修正2018年01月

トップへ戻る