「ガリレオ温度計」はレトロな香り

筒状のガラス管の中に液体が入っていて、カラフルなガラス球が浮いています。これはガリレオ温度計と言います。ユニークな形と科学を感じさせる外観が理科趣味のお部屋に似合います。
ガリレオ温度計

私のガリレオ温度計

私が所有しているのは
■大(左)高さ43cm X 5cm(ガラス管直径)・ガラス球10個)
■小(右)高さ28cm X 3.2cm(ガラス管直径・ガラス球07個)
の2点です。

結構大きいので見栄えがしますが、大きいものは1,324円、 小さいのは658円と激安でした。上は数万円のドイツ製ガリレオ温度計もありますが、探せば数千円ぐらいで入手できます。普段は暖炉の上に置いています。ガラス球の色の違いで遠目にもだいたいの気温が分かりますよ。

中に入っている液体は何?

ガリレオ温度計
さて、このガリレオ温度計とはいったいなんぞや? 中に入っている液体は説明書に「軽質パラフィンオイル」であると書かれていました。詳細は「デカン7.5%、ウンデカン30.9%、ヘキシル31.7%、トリデカン25.6%、トラデカン0.9%」とあり、正直化学のシロウトである私にはよく分かりません。デカンは石油、灯油などに含まれる可燃性・揮発性のある無色透明の液体なのですが、そういう認識でOK? 教えて詳しい人!

取り扱いにはご注意を

ガリレオ温度計
ネットで調べてみると、ガラス管を割って液体を浴びることでしばしばトラブルが起きているようです。「国民生活センター」のサイトでは「ガリレオ温度計が割れて化学やけど」というページがありました。液体が皮膚に触れた場合やけどをおこしたり、条件によっては引火する危険性があるということです。取り扱いにはどうぞご注意ください。

ガリレオ温度計の仕組み

ガリレオ温度計
おどすようなことを書いてしまいましたが、普通に飾っておくだけでしたらそんなに危ないグッズではありません。ガリレオ温度計のしくみは、液体の体積が温度によって変わることを利用しています。ガラス管に少しの温度でも体積が大きく変化するパラフィンオイルなどを満たし、比重と体積の違うガラスの「浮き」を複数入れ、気温によって上下する浮きを見て温度を測るものです。

気温の変化で液体の体積が変わる

ガリレオ温度計
気温が変化すると当然ガラス管の液体の温度も変化します。しかし浮きの中の体積はほどんど変わりません。温度が変化するとガラス管の液体の体積が大きくなったり(温度が高い)小さくなったり(温度が低い)することで、比重の変わらない浮きが沈んだり浮いたりするのです。温度が高いと浮きは沈みます。温度が低いと浮きは上に浮かびます。

アバウトな気温が分かります

ガリレオ温度計
これがどのくらい正確なのかというと、あくまで気温は「目安」程度にしか表示されないと考えてください。別の温度計の気温を見てみますと、現在19度。浮きは20度と書かれた浮きが上がっていて、18度と書かれた浮きは沈んでいる状態です。ま、合ってるかなってぐらい。

ガリレオの発明ではない?

ガリレオ温度計
ガリレオ温度計は、実際にガリレオ(1564~1642)が発明したのかどうかも疑わしく、そうだとしてもスチームパンクの時代から数百年も離れています。19世紀後半には物体の表面温度を測定するパイロメータが発明されているほどですし、現代の温度計に近い形のものは一般に出回っていたでしょう。でもレトロサイエンスの香りがするガリレオ温度計は心ときめかせる魅力的なグッズ。ぜひお一ついかがですか?


蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る