「ミシン」家事室レトロ化改造計画 [1]

今回は家事室。掃除道具一式・アイロン・ミシンなどが置いてある部屋で、洗濯物を畳んだり、縫い物をしたり、工作をしたりしています。この部屋を機能的かつレトロ風味に改造しました。
レトロ家事室・ミシン

家事のための部屋

私の家は特殊な構造をしている上に、二人だけで暮らしているので、家事──特に掃除がかなりの重労働です。アイロンがけもクリーニング店を使わないし、縫い物も結構あるから、少しでも家事を楽しくやれるようにと、家事室を居心地良く感じる空間に改造しています。

ミシンのテーブル入手

レトロ家事室・ミシン
古道具店で、足踏みミシンを分解してリメイクしたテーブルを入手しました。昭和30年~40年頃のものかと思います。ブラザー工業株式会社(BROTHER)製。今ブラザーって言うと、プリンタをイメージする人の方が多いでしょうが、ブラザーは家庭用・工業用のミシンのシェアは世界トップクラスなんですよ。

レトロミシンとミシンの構造

レトロ家事室・ミシン
この写真は私が鳥取県倉吉市の「鳥取二十世紀梨記念館」で撮影したもの。レトロですね。本来はテーブルの上に縫製のメカ部分が乗っているんですが、私の買ったものは取り外してあります。

ミシンの動きをGIFアニメで

レトロ家事室・ミシン
ミシンがどんなふうに布を縫うのかをGIFアニメで御覧ください。手で縫う場合、途中で糸が切れるとスルスルと抜けてしまいますが、ミシン縫製だと糸が上下でしっかり組み合わさっていて、簡単に縫い目が解けません。手縫いよりも服を丈夫に作ることができますね。

ヴィクトリア時代のミシン

レトロ家事室・ミシン
世界最初のミシンは1755年、イギリスのワイゼンソールによって発明されました。フランスのバルトレミー・ティモニエが1830年にミシンの特許を取り、まもなく世界各国でミシンの量産が始まりました。最初のミシンは手回し式で、その後足踏み式へと移りました。

お針子さんが手縫いをしていた時代は洋服は高価でしたが、ヴィクトリア時代の1860年代には一般にもミシンが普及し、衣料品は高品質でリーズナブルに。ちなみに日本で最初にミシンを使った人物は、あの天璋院篤姫なんですよ。NHK大河ドラマ『篤姫』でもミシンを縫うシーンがありました。

天板にカッティングシート

レトロ家事室・ミシン
このミシンテーブルは上に厚くペンキが塗られていました。板とペンキのザラリとした風合いもクラシカルでいいのですが、針仕事をして布を扱うのでつるりとした天板の方が仕事しやすい。
そこでカッティングシートを貼りました。カーブはドライヤーを当てながら丁寧に伸ばします。カッティングシートはやっぱり3Mのが一番美しく耐久性にも優れていますね。

ミシンの思い出

レトロ家事室・ミシン
一方、ミシン。私の愛機は蛇の目ミシン工業株式会社製PACIENTEです。下はブラザーで上はジャノメのニコイチ。マイミシンの2代目です。

1代目はブラザー。一人暮らしをして初めて買った家電がミシンでした。小学生の時から縫い物をしていたので、初めて自分のミシンを持ったとき嬉しくて嬉しくて。

巾着袋、カーテン、浴衣(ホントは手縫いしなければいけないのでミシンは邪道だけど)、卒業式のドレス、彼氏のシャツ──本当にいろんなものを縫ったなあ。引越しを機に1代目には引退してもらいました。お疲れ様でした。

ジャノメPACIENTE

レトロ家事室・ミシン
ジャノメPACIENTEは全体がブラックで、文字・飾りはゴールド。限定カラーだったから、今はもう売ってないみたい。ルックスも美しいですが、機能も申し分なし。水平釜で自動糸通し、ボタンホール、ロックミシン、まつりがけまでできますよ。

アンティークミシンのブルーバードとこれとさんざん迷ったのですが、機能性が高いジャノメPACIENTEを購入しました。だけどPACIENTE、スペイン語だと「我慢強い」とか「患者」とか言う意味……。他の国の言葉では良い意味なんだろうか?

足踏みの歯車機構を動画で


PACIENTEは電動足踏みなのでペダルがあります。これをブラザーの足踏み部分に固定して使っています。ブラザーの足踏みはちゃんと足でこぐことができるんですよ。キコキコ歯車が回転してますよね。特に何の役にも立っていませんが、メカニカルな動きが可愛いのです。

椅子もブラックアイアン

レトロ家事室・ミシン
椅子も重厚なアイアンにしました。革を鋲留めしてあってレトロ。椅子の高さを調節できるようになっているので便利です。縫い物とアイロンがけに使ってます。

裁縫箱変更

レトロ家事室・ミシン
以前は釣り道具など入れるプラスチックケースを裁縫道具箱に使ってましたが、ラタンのソーイングボックスに変更しました。ミシン台の右側にアイアンの棚を置き、各棚のラタンボックスには手芸材料や、工作材料、工具などが入っています。家事室の裁縫・工作エリアはこれで完成。

ヴィクトリアンではないけど

レトロ家事室・ミシン
ヴィクトリアンというか、むしろアーリーアメリカンやカントリー風になってますが、これはこれで作業もしやすいしオッケーかなと。「ブンダーカンマーだ、スチームパンクだ──、いったいお前はちゃんと家事をやってるのか?」というお疑いのあなた、毎日しっかりやってるですよー!

追記:2014年11月

レトロ家事室・ミシン
この記事を書いてから4年後、現在はリビングの一角にあるミシンとミシン台。ミシンは一度故障してしまいましたが、修理に出して回復。今も私のスチームパンク工作&手芸に欠かせないマシンです。

蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る