デスクチェア購入! トーマス・ジェファーソンの発明品の回転椅子

『ダウントン・アビー』に登場する回転椅子はトーマス・ジェファーソンの発明です。私もこんなデスクチェアを購入しました。木目、本革、アンティーク鋲がヴィクトリアンテイストです。
ヴィクトリアンデスクチェア

広告

ドラマ『ダウントン・アビー』に登場する回転椅子

ヴィクトリアンデスクチェア
人気ドラマ『ダウントン・アビー』第1シーズン・第4話『移りゆく心』に回転椅子が登場します。マシュー・クローリーの事務所を訪ねるバイオレットは、回転椅子から落っこちそうになりびっくりします。米国人の発明に苦い顔をするバイオレットは可愛らしいですよ。

ドラマ『ダウントン・アビー』で学ぶ、激動の英国ディーゼルパンク時代
20世紀始めの英国・伯爵家と使用人を描いたドラマ『ダウントン・アビー』は。全世界の視聴者が1000万人を超える人気ドラマです。激動の近代史・ディーゼルパンク時代を学べます。

第3代アメリカ大統領・トーマス・ジェファーソンの発明

ヴィクトリアンデスクチェア
トーマス・ジェファーソン(Thomas Jefferson:1743〜1826)は第3代アメリカ合衆国の大統領であるとともに、発明家としての顔も持っていました。彼の発明品の一つが回転椅子(リヴォルビングチェア)です。

正確にはトーマス・ジェファーソンのアイデアでフィラデルフィアの家具店がウィンザーチェアをもとに作ったと言われています。ただし当時の椅子は足にコロ(キャスター)がついておらず、座面が回転するタイプでした。

奮発してクラシカルな回転椅子を購入

ヴィクトリアンデスクチェア
私の購入した椅子のお値段は54,800円。ル・コルビジェやヤコブセンなどブランドのデザイナー椅子に比べればリーズナブルと言えますが、それでもかなり迷いました。でも私にとってコンピュータ、デスク、椅子は商売道具。一日の中で最も長い時間使用するのだから──と決断しました。

これまで使っていた椅子はこちら

ヴィクトリアンデスクチェア
これまではこの椅子を使っていました。ダイニングチェアなので椅子の用途に合っていなかったのですが、高さがちょうど良かったのでずっとこれを使い続けていました。椅子の布地も痛んできたからそろそろ貼り替えようかなと考えていたのです。

コロがついている回転式

ヴィクトリアンデスクチェア
この椅子の気に入っている点のひとつは回転式であること。コロがついているので左右の回転だけでなく、座ったまま椅子を引いたり、移動したりが楽です。

高さ調節のレバー

ヴィクトリアンデスクチェア
もうひとつは高さの調節がレバーで簡単にできること。腰や肩に負担のないジャストサイズで座ることができます。レトロな外観ですが機能性は現代的で実に便利ですね。

ネオヴィクトリアンな外観

ヴィクトリアンデスクチェア
本革のレザーのクッションもちょうど良い硬さで、アンティークな色合いの鋲テープで縁取りがしてあります。背面が木製の柱で飾られているのも素敵です。デスクとの調和もとれて、大変良い買い物ができました。

輸入家具のUS Funiture

ヴィクトリアンデスクチェア
家具を買ったお店はアメリカ輸入家具を扱っている「US Funiture」さんです。富山県にある輸入家具の専門店です。クラシカルでゴージャスなものばかりですがお値段は良心的な価格ですよ。一点物が多いので売り切れる前にぜひチェックを。

色の展開

ヴィクトリアンデスクチェア
私の購入した回転椅子はマホガニー色の他に、レッド、チェスナット、ブラックがありました。レッドとマホガニーで迷いましたが、写真よりはもうちょっと暗い赤色が良かったので結局マホガニーにしました。

この回転チェアは完売しました。

スタイルの展開

ヴィクトリアンデスクチェア
回転椅子は他にもいくつかありましたよ。US Funitureさんは質問にも素早く回答してくださり、配送、設置も全く問題ありませんでした。他にもヴィクトリアン家具がたくさん並んでいますので、このようなテイストが好きな方にお勧めのお店です。

こちらの椅子も完売しています。

追記:2017年04月03日

ヴィクトリアンデスクチェア
現在の新しい書斎でもこの回転椅子を使い続けています。7年愛用していますよ。パソコンでの作業には欠かせません。本当に素晴らしい逸品です。自分で貼り替えをした足乗せ台のオットマンも一緒に使っています。これからも大事に使いたいと思います。

DIYで椅子の張替えに挑戦! オットマンをクラシカルな真紅に
ネオヴィクトリアンな椅子の色は、個人的には重厚な赤、または深い緑色かと思います。書斎で愛用しているオットマンを自分で貼り替えてみました。イメージががらりと変わりますよ。
蒸気夫人

関連商品・参考文献

※情報修正2017年09月

トップへ戻る