「香水と香水瓶の愉しみ」ヒロミチのアトマイザー

あなたは「プルースト効果(プルースト現象)」という言葉を聞いたことがありますか? ある匂いによって昔の記憶やその時の感情が思い出される現象のことです。今回は香水について。
香水

記憶が蘇るプルースト効果

フランスの文豪マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』には、紅茶に浸したマドレーヌの味をきっかけに、昔の思い出や幸福感が鮮明に蘇るというシーンがあります。プルースト効果という名前はそこから名付けられました。『失われた時を求めて』は20世紀最高の文学作品と言われていますが、非常に難解でボリュームのある小説。最後まで読んだ人よりも、この「プルースト効果」という言葉を知っている人の方が多いかもしれません。

ダイレクトに脳に届く香り

香水
視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感では、今ひとつ影の薄い嗅覚。目に入ってくる風景や、聞こえる音の方が刺激が強い感じがしますよね。しかし視覚情報は見ているものを組織化して解釈するため、脳が感じ取るまでのタイムロスがあります。しかし匂いの感覚は五感の中でただ一つ、大脳新皮質を経由しないで海馬の臭球という部分を通ってダイレクトに脳に届くのです。

ヴィクトリア朝の香水瓶

香水
それだけ脳にとっては強い記憶として残りやすいんですね。脳の研究はまだまだこれからなので、今後匂いと記憶のメカニズムも解明されていくのでしょうね。この画像は『Victorian Goods and Merchandise』という本に載っている香水瓶。19世紀末の女性も香水と香水瓶にうっとりしていたに違いありません。そしてそんな女性の香りを懐かしむ英国紳士も多かったことでしょう。

ヒロミチのバルブアトマイザー

香水
これは私のお気に入りの香水瓶(パフュームアトマイザー)です。バルブがついていてクラシカルな雰囲気でしょう? モノクロ映画の女優さんが使っているみたいな、優雅で美しい形です。これは株式会社ヒロミチバルブアトマイザーLチューブ・アンバー

クリスマスプレゼントにいかが?

香水
ヒロミチのアトマイザーは美しいアンティークテイストのデザインが多く、職人さんの手技でしっかり作られています。また江戸切子など日本の伝統技術が生かされているところも好感が持てます。眺めているだけでも幸せな気持ちになれる香水瓶ばかりです。女性へのクリスマスプレゼントを迷っている男性諸氏にはぜひオススメ。

美味しそうなオレンジカフェ

香水
私は20代の頃から好きなラ・ファブリークの「オレンジカフェ」を入れています。もう廃盤になってしまったので、あと手元に残っている2本分しかなく、大事に大事に使っています。トップは爽やかなオレンジ、ミドルでコーヒーの香りが立ち上がってきます。眠る前に寝間着と寝具につけています。ベッドにおやすみ前のおやつが運ばれてきているような、美味しそうで幸せな香りなんですよ。

化粧ポーチにパースパフュームボトル

香水
もうひとつヒロミチの香水瓶をご紹介。バルブアトマイザーはハンドバッグの中に入れて持ち運ぶのには向いていません。かさばるし、割れたら困るし。そこで外出先で使いたい時には、こちらのアンティークなパースパフュームボトルが活躍しています。こちらもアンティークテイスト。

美しい薔薇の透かし彫り

香水
キャップに棒がついているので、手首などつけたい場所だけに香水をつけられます。スプレー式だと化粧室で他の方にかかったりして迷惑ですしね。透かし彫りの金属のカバーがついているので割れることがなく、化粧ポーチの中に入れても大丈夫。繊細なバラの模様が美しいです。

旦那様にいただきました

香水
ついでに私の好きな香水をご紹介。エルメスの「ケリーカレーシュ」と「ランスタン・ド・ゲラン」です。旦那様にプレゼントで頂きました。普段キックボクシングで回し蹴りの練習したり、珍スポット探訪で泥まみれで山に登ったり、ルーター片手にプラモ作りしたり、ウィンチェスターライフルなでまわしたりしてますからね。男臭い私を心配し、少しは女らしくなるようにとの切なる願いがこもっているのでしょう。

今回は女性らしく

香水
ケリーカレーシュは、気持ちがすっきりするようなオリエンタル系の香り。仕事の前にしゅっと吹きかけて気分を向上させています。ランスタン・ド・ゲランは華やかで女性らしい丸みのある香り。30代の女優さんで言えば、ケリーカレーシュは米倉涼子さん、ランスタン・ド・ゲランは井川遥さんに似合うと思います。

いつもあんまり女っぽくない記事ばかりなので、ここらで女性管理人らしさを出してみました。これでバランスとれたかな。今後も少しずつアンティークな香水瓶を集めていけたらと思っています。




蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る