「ゴールドチークオイル」スチームパンカー常備品

スチームパンク趣味の方は木製家具がお好きだと思いますが、木製家具は定期的なメンテナンスが必要です。美しい木の風合いを長く楽しむためには、1年に一度オイルで磨くと良いですよ。
ゴールドチークオイル

色あせ防止&家具の再生に

木製の家具の設置は場所を選ぶことが大切です。直射日光が当たるところ、湿気の多い場所、冷暖房機のそばは避けたほうが無難。塗装が剥げてしまったり、色が薄くあせてしまったりしますからね。しかし住宅事情で家具の置き場所を変えられなかったり、年月を経たアンティーク家具を購入した場合はすでに色があせてしまっていることも。そんな時に家具用のオイルで手入れすると、木がピカピカに生まれ変わりますよ。

お勧め「ゴールドチークオイル」

ゴールドチークオイル
私が愛用しているのは「ゴールドチークオイル」です。チーク材家具専用のメンテナンスオイルですが、ブラウン色の木製家具一般に使えます。このオイルは使い方が簡単な上、においも少なく、量が多くてお手頃な値段──というのが長所。短所としては、容器の作りがアバウトなところ。キャップから液漏れしやすくてベトベトになっちゃうんですよね。まあ、日本製品に慣れちゃうとなんだかなあと思いますが、アメリカ製品にはよくあること。

オイルを塗りこむだけ

ゴールドチークオイル
使い方は、オイルを使い古しのタオルやスポンジ、キッチンペーパーに染み込ませて、木製家具の木目に沿って塗りこむだけ。一回塗るだけて美しい光沢が出ますが、一昼夜乾燥させて繰り返し塗りこむと、深い色合いが得られます。何年も続けると深い飴色になって美しいアンティークになるんですよ。写真は愛犬シュガーのおもちゃ入れ。まずはこれに使用してみましょう。

匂いもそれほどありません

ゴールドチークオイル
写真だとちょっと見えにくいかな。肉眼だとはっきりとツヤが分かるんですが……。それほど強くこすらなくても輝くように光ります。ついでに皮の部分にも塗ってみました。匂いは多少はありますが、自然なオイルの香りであまり気になりません。

チェストもピカピカに

ゴールドチークオイル
これはチェストのビフォー&アフター。左が手入れ前、右が手入れ後。光の反射の具合でお分かりになるかと思います。塗った直後はギラギラしますが、一晩経つとツヤが落ち着きますよ。

乾燥、ひび割れ防止に

ゴールドチークオイル
こちらは暖炉のマントルピースの木製部分。右側が手入れ後です。暖炉周りは熱がこもるのでどうしても乾燥しますが、このオイルがあればいつまでも美しい木の風合いを楽しむことができます。オイル乾燥後に触ってみるとしっとりすべすべした手触り。

スチームパンカーの常備品

ゴールドチークオイル
このオイルはワックス、ポリマー、シリコンを含まないので、固まって木を傷めることがないから安心です。木目の美しいツヤを保つためもありますが、乾燥による材質の劣化、ひび割れの防止にもなります。屋内、屋外どちらの木製品にも使えますよ。このゴールドチークオイルは木製家具に囲まれて暮らす、スチームパンカーの常備品です。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る