「鳥のオブジェ」私の家の鳥たち

スチームパンク趣味とヴンダーカンマーは相性が良く、博物趣味もある方が多いようです。そんな驚異の部屋に不可欠のものが骨格標本と剥製。私の部屋に棲んでいる鳥たちをご紹介します。
鳥のオブジェ

と言っても、実は私の書斎の鳥たちは本物の鳥の剥製ではなくて、本物そっくりに作られたオブジェです。オークションサイトでは鳥の剥製は数千円から出品されているので、それほど高価なものではないのですが、「さすがに剥製は気味が悪い」という旦那様の意見を尊重して、作り物を飾っているわけです。うーん、気持ち悪いかなあ、剥製……?

暖炉の上の孔雀

鳥のオブジェ
暖炉の上にはスチームパンクな小物とともに孔雀のオブジェがとまっています。本物そっくりにできているでしょう? 体は羊毛フエルトですが、尾っぽは本物の孔雀の羽を使っているのでゴージャスです。足には針金が入っているのでいろんなところにとまらせることができます。

きょんじゃさんの立体造形作品

鳥のオブジェ
この孔雀は、イラストレーター&アーチストであるきょんじゃさんがお作りになったものです(Art Gallery KEKOSU ※リンク切れ。羊毛フェルトで、野鳥や動物(馬、ユニコーンなど)を製作されているのですが、中でも鳥の立体造形物の素晴らしさにつくづく感服し、惚れ込んでしまったのです。

きっととても鳥を愛しているんだなあ

鳥のオブジェ
Art Gallery KEKOSUという写真ギャラリーに掲載された鳥の見事なことと言ったら! 発泡スチロールの芯、羊毛、樹脂粘土、プラスチックアイ、フェザー、和紙──これらのものを使って表現された鳥たちはどれも生き生きとしていて実に可愛らしいのです。愛情あふれる視線が感じられると申しましょうか。これは相当な鳥好きでなくては作れない作品だろうなあと思います。

残念ながら最近は更新されていない

鳥のオブジェ
大変残念なことに、2011年07月のブログ記事には、出産・育児に追われて作品作りから遠ざかっている旨が書かれており、現在は制作を中止されている様子です。私も結婚しているので分かるのですが、女性が趣味を続けていくのって結構大変なんですよね。でもいつかまた美しい鳥たちを作ってくださる日がくることを期待しています。

鹿の角にとまっている鳥たち

鳥のオブジェ
さて、暖炉上部の壁には鹿の角をご覧ください。ここにとまっているのも鳥のオブジェです。これらはきょんじゃさんに手によるものではなく、インテリアショップで購入したものです。遠目には本物っぽく見えるでしょう? それもそのはず鳥の羽を使って作られたオブジェだからです。

PUEBCOの鳥オブジェ

鳥のオブジェ
これらの鳥はアンティークな感じのインテリア小物や、リアルな鳥の羽根を使った鳥のオブジェ「BIRDS」シリーズなどを発表しているPUEBCO(プエブコ)というブランドのオブジェです。セキセイインコやオウム、フクロウ、カラスなど、様々な種類の鳥を販売しています。

洗面台の上のオウム

鳥のオブジェ
こちらは洗面台の上のランプにとまっているオウム。これもPUEBCOのもの。顔を洗ってふと上を見るとオウムがちょこんと佇んでいて癒されます。PUEBCOの鳥は足の部分に針金がついているので、土台に巻きつけて固定することができるのです。

気軽に飾ることができる

鳥のオブジェ
部屋のあちこちに鳥をとまらせたいけど、本物の剥製はちょっと──なんて方もいらっしゃるでしょう。または剥製は気味が悪いと家族が反対するとか。そんな場合は本物そっくりに作られた鳥のオブジェを飾ってみてはいかがでしょうか? お部屋をヴンダーカンマーっぽくしたいという場合にお勧めですよ。



蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る