アンティーク&スチームパンクな壁掛け電話機

この記事をシェアする

ベーカー街221Bに電話? ホームズ、我々の時代は電報だろう? まだまだだね、ワトソン君。ホームズ物語にはちゃんと電話が登場しているよ。ホームズのアイテム・電話について。
アンティーク&スチームパンク電話機

もうぼくがやってしまったよ。電話とスコットランド・ヤードの協力のおかげで、この部屋をでなくたって、ぼくはたいてい重要な情報を手に入れることができるんだ。

『隠居した画材屋』光文社文庫

シャーロック・ホームズ物語のうち『高名な依頼人』、『隠居した画材屋』、『三人のガリデブ』、『四つの署名』、『唇のねじれた男』、『ギリシャ語通訳』には電話が登場します。でもホームズといえば「都合がよければすぐ来てくれ──都合が悪くても来てくれ S・H(『這う男』光文社文庫)」という電報の文句が有名ですよね(※)。

この文はドラマ『SHERLOCK』の「ピンク色の研究」でも使われました。シャーロックがジョンにメールを送る場面です。物語の英語では「Come at once if convenient – if inconvenient come all the same. S. H.」となっています。

電報から電話の捜査へ

アンティーク&スチームパンク電話機
ホームズも最初の頃は電報を使っていました。しかしロンドンに最初の電話局が設けられたのが1879年。それ以降に起こった事件では、ホームズも電報に加えて最先端のテクノロジーであった電話機を捜査のツールとして使っています。

本当に使えるクラシカル電話機

アンティーク&スチームパンク電話機
さてこの電話機、おもちゃではなくて本当に電話機として使用できるものです。携帯電話全盛の昨今、家電(いえでん=固定電話)をわざわざ設置するまでもないのだけど……。実際携帯の方が使用頻度が高いのですが、どうせネットの光回線をつけているのだからと、アンティークな電話機を選んで購入しました。

米Paramount Electronics社のリプロダクション

アンティーク&スチームパンク電話機
メーカはアメリカのParamount Electronics (Shenzhen)社。購入先はeBay(イーベイ:アメリカの世界最大のネットオークションサイト)。もちろんこれは本物のアンティークではなくて、アンティーク風に作られたリプロダクションです。だから現代でも普通に使用できるわけで。お値段は110ドル(約11,300円)でした。

機能は最低限しかありません

アンティーク&スチームパンク電話機
今どきシャープとかの普通の電話機なんぞは子機つきで5,000円ほど。このアンティーク風電話機はその倍もお値段がします。しかもファックスも着信履歴機能もコジャレた機能は一切なし。ただ単に電話が鳴って、話せるだけのシンプル設計。でもまあいいのです。スチームパンク生活は不自由を楽しむものなのです。

ホームズ50代の時の電話

アンティーク&スチームパンク電話機
この電話機は1907年に発売されたものを再現しています。ヴィクトリア朝ではなく、その次のエドワード朝のものですが、20世紀初頭ならスチームパンクの時代もあてはまりますし、シャーロック・ホームズは当時まだ50代なので時代考証的にはばっちりです。

木と金属と布のアンティーク風

アンティーク&スチームパンク電話機
本体は木製、パーツは真鍮色の金属製(真鍮ではなさそう)。ダークブラウンのオーク材に渋いゴールドが良く似合っています。コードも布コードを使っていて好感が持てますね。なお右側のハンドルは飾りです。回すことはできますが、特に機能はありません。

なんで電子音にしたのよ

アンティーク&スチームパンク電話機
ただ一つだけ不満を言えば、着信音が電子音なのです。甲高いトゥルルという音が6回、その後はトゥルルルル〜という長めの音が繰り返し鳴るというもの。なんでここまで作りこんで、音を電子音にしたのか……。チリリンっていうレトロなベル音にすりゃ良かったのに……。

NOVELTY PHONEシリーズ

アンティーク&スチームパンク電話機
これだからアメリカのメーカーは詰めが甘い。日本のメーカに作って欲しかったよ。とほほ。Paramount Electronics社では、「Novelty Phones」シリーズというアンティーク風電話機をたくさん発売しています。卓上の電話機もありますよ。どれもeBayで購入できます。

セカイモンもお勧めです

アンティーク&スチームパンク電話機
余談ですが、eBayでの買い物が困難という方は、セカイモンというeBayの日本向け公認サイトを使ってみてください。入札から落札まで全て日本語。カードで支払いもできます。これまで他のものの購入に何度か利用しましたが、特に問題はありませんでした。ただし当たり前ですが、手数料がよけいにかかります。

楽天でもいくつか売っています

アンティーク&スチームパンク電話機
アンティーク風電話機は楽天でもいくつか販売しているのですが、お値段がeBayのものよりやや高いのと、布コードでなくプラスチックコードである部分がどうしても妥協できませんでした。でも海外の通販は不安という方は、こちらも検討してみてください。この記事の下の方に電話機のリンクをはっておきますね。

1890年の日本の電話加入者はたった197人

アンティーク&スチームパンク電話機
1860年にドイツの教師・フィリップ・ライスが製作し、1876年にグラハム・ベルが特許を取得した電話。日本で最初に電話のサービスが始まったのは1890年のことです。その当時の「電話加入者人名表(電話帳)」に載っていたのはたった197人だったそうです(東京155人、横浜42人)。(※)

2014年には普及率100%以上に

アンティーク&スチームパンク電話機
それが今や一家に一台どころか、一人複数台持つ人も多い時代になりました。2013年には、なんと携帯電話契約数は70億9,393万5,000契約。世界人口に対する普及率は99.6%。来年には100%を超える勢いそうです(※)。ドラマ版『Sherlock』では、携帯電話を駆使して事件を解決するホームズが描かれていますが、ヴィクトリア時代のホームズならどう使いこなすのでしょうね。

卓上の携帯電話充電器も健在

アンティーク&スチームパンク電話機
もちろん私の書斎の上の蒸気社製・新型電話機「家電通話(カデンツァ)」も書斎机の上で活躍中ですよ。前に使っていた携帯が水没したため、今の携帯の充電器を組み込んで改造しました。ま、相変わらずひきこもりの私には誰からも電話がかかってこないんですけどね。

「スチームパンク電話機」据え置き型iPhone電話機
蒸気社から発売された「家電通話(カデンツァ)」。iPhoneを接続すれば充電とともに受話器でお話できます。マホガニーの筐体には金模様が箔押しされ、真鍮パーツが輝いています。


蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る