王冠シャンデリアを『緑柱石の宝冠』にミニ改造

まばゆいばかりの光を放つ宝冠。銀行の頭取がベーカー街221Bを訪ねます。ある高貴な人物から預かった緑柱石の宝冠が盗まれてしまったのです。ホームズの名推理をとくと御覧じろ。
緑柱石の宝冠ランプ

ケースをお開けになると、肉色のやわらかいビロードに埋まって、素晴らしい宝冠が燦然と輝いていました。『大型の緑柱石が三十九個もちりばめてある。金の彫物だけでも、値のつけられぬほど高価なものだ』

『緑柱石の宝冠』光文社文庫

ホームズの実験室の灯り

緑柱石の宝冠ランプ
この王冠は実はペンダントランプなのです。私が「ホームズの実験室」として作ったコーナの天井に取り付けたもの。本体は鈍い金色の真鍮。スワロフスキーが40ワットのランプの灯りに照らされてキラキラと光っています。

目指すのはホームズ世界の再現

緑柱石の宝冠ランプ
私が住んでいるこの家は「ホームズの部屋」を目指しているとは言うものの、正確に言えば「ホームズとワトソンが住んでいた部屋を完全に再現」したいわけではありません。そうではなく「ホームズの物語に登場したモノを部屋のあちこちに散りばめた部屋」、「ホームズワールドを具現化した部屋」を目指しているのです。

ベースはヴィクトリアンですが、ホームズマニアの方に「これはあの話に出てきた証拠品だ」、「これを見るとあの物語を思い出す」と気づいてもらえるようなモチーフ満載の部屋になればいいなと思います。

スチームパンクガジェットは必要不可欠

緑柱石の宝冠ランプ
しかし現代の生活においては電化製品なしには暮らせません。そこでヴィクトリアンインテリアに溶け込むスチームパンクガジェットが必要不可欠なのです。電化製品は極力スチームパンクに改造して、ホームズの部屋としても違和感がないように注意を払っていますよ。

これでは緑柱石に見えない!

緑柱石の宝冠ランプ
閑話休題。この王冠ランプをネットのお店で見つけた時には「まさに宝冠そのものだ!」と小躍りしました。しかし購入した時には写真のような状態。そう、シャンデリアのスワロフスキーは「透明色」で「緑色」ではなかったのです。これじゃあ「緑柱石の宝冠」にならないよ。

スワロパーツを購入して取り付ける

緑柱石の宝冠ランプ
「欲しいものが売ってなければ自分で作ればいいじゃない(マリー・アントワネット的に)」。てなわけで、これも一手間加えて改造することにしました。と言っても今回は超簡単な改造。シャンデリア用のスワロフスキーのパーツを購入して付け替えただけ。

結構根気のいる作業

緑柱石の宝冠ランプ
いや、簡単ではあるけど、結構根気のいる作業でした。ダークグリーンのスワロ52個、ライトグリーンのスワロ36個を新たに購入し、数百個つけられている透明スワロと交換しなければなりませんでした。全部で3時間ぐらいかかったかな。

余ったスワロはサンキャッチャーに

緑柱石の宝冠ランプ
余った透明スワロは繋ぎ直してサンキャッチャーに作り直し、ベッドルームに吊るしました。冬の昼間は日光が当たって、部屋中に虹が飛び散ったような状態になります。スワロは1個55円しますからね。捨てるなんてとんでもない。ちゃんと再利用。

『緑柱石の宝冠』はあまり知られてないけど

緑柱石の宝冠ランプ
シャーロック・ホームズ物語の中では『緑柱石の宝冠』の人気はそれほど高くはありません。「『まだらの紐』や『バスカヴィルの犬』は知ってるけど、『緑柱石の宝冠』なんて初めて聞いた」という方もいらっしゃるかも。でもマニアにとってこの物語はホームズの推理法を知ることができる大変重要な資料なのです。

シャーロック・ホームズの推理法

緑柱石の宝冠ランプ

ぼくは以前から、ひとつの信条をもっていましてね。まったくありえないことをすべて取り除いてしまえば、残ったものがいかにありそうにないことでも、真実に違いないということです。

『緑柱石の宝冠』光文社文庫

このセリフはホームズがよく口にしているもので、ドラマ『Sherlock』にも登場していますね。先入観に惑わされない、理論家ホームズらしい言葉ですね。

この事件でホームズが得た報酬は?

緑柱石の宝冠ランプ
ところで『緑柱石の宝冠』において、ホームズが頭取・ホールダーから得た報酬っていくらだと思いますか? 宝石1個につき1000ポンド、宝石3個で3000ポンド。それに懸賞金の1000ポンドを足して計4000ポンドももらっているんです。1ポンドを2万5千円(※)とすると、なんとホームズへの報酬は1億円

当時の1ポンドが現代ではいくらに相当するのかは諸説ある。だいたい2万円〜3万円ぐらいと考えられる。

ハドソン夫人への支払いはこれで

緑柱石の宝冠ランプ
ホームズは「仕事自体が報酬です」とか言って依頼人からお金を取らなかったりすることもあるのですが、ちゃんとこういうところで報酬を得ているんですね。

ホームズは下宿代の支払いにけちけちしたところを見せなかった。わたしがいっしょに住んだ何年かのあいだに彼が払った金額は、きっとあの家がそっくり買い取れるほどだったに違いない。

『瀕死の探偵』光文社文庫

なるほど納得。「仕事が報酬」ってのはカッコいけど、実際収入ゼロじゃあ高等遊民なんかできないよねえ。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る