暖炉の上の鹿の頭(ハンティングトロフィー)【暖炉周りの改造(2)】

暖炉の上にある鹿の頭。全体が金色に塗装されています。ところでなぜ鹿の頭なのかお分かりになりましたでしょうか? 実はシャーロック・ホームズに関する一種のシャレなのですよ。
鹿の頭

シャーロック・ホームズの帽子

鹿の頭

世間一般にシャーロック・ホームズと言って想像されるのは、おそらくディアストーカーと呼ばれる帽子をかぶったホームズですよね。ディアーストーカーとは鹿撃ち帽(deerstalker)のことです。この帽子は1860年代から狩猟用に使われるようになった帽子で、鹿狩りの際に鹿を追い立てる役(deerをstalkする)の人がかぶっていたのでそう呼ばれています。

イラストで広まってしまった帽子のイメージ

鹿の頭

The Boscombe Valley Mystery Sir Arthur Conan Doyle Sidney Edward Paget

でもコナン・ドイルの物語の中では、ホームズが鹿撃ち帽をかぶっていたとは書かれていません。にもかかわらず鳥打ち帽姿が世界的に有名なのは、『ボスコム谷の謎』でシドニー・パジェットが描いた挿絵が広まってしまったからです。

都会ぐらしのホームズは普段はトップハット

鹿の頭

Photo credit: gregwake via VisualHunt / CC BY-NC-SA

上記のように郊外の鹿狩りに使う帽子ですから、都市ロンドンで暮らすホームズがいつもかぶっているわけはないですよね。だから時代考証に忠実なグラナダ版のドラマ『シャーロック・ホームズの冒険』では、普段はトップハット(シルクハット)をかぶっています(※)。

ジェレミー・ホームズも郊外に出かける時には鹿撃ち帽をかぶっていました。また現代版ドラマの『Sherlock』では鹿撃ち帽姿のシャーロックが登場するシーンがありますよ。

鹿の頭取り付け前

鹿の頭
鹿の頭を飾る前の暖炉周りの様子です。ソファに座ってテレビを見るとき、あまり高い位置に画面があると疲れるので、できるだけ低く暖炉を作ってもらってテレビをとりつけました。ただこのままではテレビの上の空間が空きすぎていて、どうも淋しい感じがします。

AliExpressで見つけた鹿の頭

鹿の頭
鹿の頭を飾ることは部屋を設計する前から決めていたのですが、鹿の頭を探すのにかなり時間がかかりました。本物の剥製はよくオークションなどで見つかりますが、これはというものがない。やっと見つけたのが、AliExpressというショッピングサイト。

AliExpressは中国通販サイトの大手で、タオバオ(淘宝网 taobao)と同じ会社のアリババ社(阿里巴巴集団 alibaba)が運営しています。AliExpressは海外ユーザ向けのサイトです。送料無料が圧倒的に多く、クレジットカードが使えます。

AliExpressは自己責任でご利用ください

鹿の頭
うなるほど商品が売っているので、レジン製のゴールドの鹿の頭みたいなヘンテコ商品もすぐ見つかります。ただ中国製ですので日本製品のような精密さを期待しないようにしてください。

到着は1週間〜1ヶ月ぐらい

鹿の頭
注文から2週間ほどして到着しました。他にもいろいろ買い物をしましたが、1週間以内に来るものもあれば、1ヶ月かかったものもありました。Amazonや楽天のように翌日届くサービスに慣れていると遅く感じますが、海外通販としては意外に早いという印象です。

写真通りの商品でホッとしました

鹿の頭
角は取り外されて梱包されていました。どこも破損しておらず問題なし。AliExpressの写真と全く同じモノ、とても精巧にできている鹿の頭が送られてきたことにホッとしました(中国通販では写真と全然違うものが送られてくることもままあります)。

目は自分で修正

鹿の頭
ただし。毛の感じは非常に良くできていましたが、目のペイントがどうも雑でした。適当に丸く塗られた黒い目の真ん中に白色でポツンと点が描かれています。こういうのは目が命なのになあ。ということで本物と同じような目をアクリル絵の具で描いてみました。ニスも塗って濡れたような瞳になりました。

つけまつげでさらにリアルに

鹿の頭
調べてみると鹿は意外にまつげが長いことにも気づきました。そこで100円ショップでつけまつげを買ってきて、金色に塗装。アロンアルファで目の際に接着しました。

まつ毛バチバチでカワイイ

鹿の頭
カワイイ〜! まつ毛バチバチでラブリーになりました。壁の上の方に取り付けるからこの角度で見ることはないのですが細部にまでこだわりたかったからです。鹿の頭の裏側にはちゃんと取付金具がついていました。壁に釘を打ってひっかけて完成です。

シャーロキアンが分かってくれれば良し

鹿の頭
黄金色の鹿の頭は、ウィペット(本当はグレイハウンド)の油絵の額とも非常に相性が良いですね。完全に自己満足ですが、「シャーロック・ホームズ→ディアーストーカー→鹿撃ち帽→鹿狩り→鹿の頭」というシャレは、シャーロキアンの方が分かってくれればそれで良いのです。

Zazzleで購入した額絵を暖炉に飾りました【暖炉周りの改造(1)】
ヴィクトリア朝のインテリアで目につくのが壁にかけられた絵画。ドラマや映画のホームズの部屋にも額がたくさんかけられています。Zazzleというプリントサービスをご紹介します。

次回は鹿の頭をさらに華やかに

鹿の頭
確かにテレビの上の空間の寂しさは薄れました。でもこれだけではちょっと物足りませんね。スチームパンクなシャーロック・ホームズルームを目指しているのだから、もう一工夫欲しいところ。次回はこの鹿の周りを美しく飾ってみます。

歯車のウォールステッカーとハンティングトロフィー【暖炉周りの改造(3)】
鹿の頭をかけた壁に歯車のウォールステッカーを貼りました。ヴィクトリア朝の部屋において、暖炉は部屋の中心となります。スチームパンクらしさを出してインテリアの調和を図りました。
蒸気夫人

関連商品・参考文献

※情報修正2017年08月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る