洗面所改造記4「お風呂の窓にステンドグラス風シート」

お風呂の窓が通りに面していると、入浴時には人の目が気になります。そんな時に何度も貼ってはがせるクラシカルな「ステンドグラス風シート」はいかが? 紫外線カットにもなります。
ステンドグラスシート

バスルームの窓だけでなく、日差しが強すぎる窓、人目が気になる窓に手軽に貼ることができるステンドグラスシート(ウィンドウフィルム)。水で接着するので貼り直しもできますから、賃貸物件でもOK。99%の紫外線カットもしてくれるし、目隠しにもなるし、クラシカルな雰囲気になるという一石三鳥のすぐれものです。

一応注意事項。水で貼り付けるタイプ(水張り)のステンドグラスシートは、窓の屋内側に貼るようになっています。それと貼るガラス面がザラザラしている場合は貼ることが出来ませんので窓ガラスの材質など確かめてくださいね。

お風呂場の窓(ビフォー)

ステンドグラスシート
これがお風呂場の窓のビフォー。夏には我が家ではフウセンカズラなどのつる植物を窓辺に植えて目隠しにしています。窓の外側にも一応アルミ製の目隠しがあるのですが、夜だとお風呂に入っているのが外から見えてしまうので不安でした。

AliExpressで購入

ステンドグラスシート
例によって中国の巨大ショッピングサイトAliExpressで購入。3000円(送料込み)でした。

表面はステンドグラス風の凹凸

ステンドグラスシート
ユリの柄の90×150センチのステンドグラスシートが1枚入っています。素材はポリ塩化ビニルのようです。厚みがあって表面に細かい凹凸があります。

遠目にはぱっと見本物っぽい

ステンドグラスシート
でも黒い輪郭の部分は盛り上がっていません。この辺りで本物のステンドグラスではなく、プリントだと分かってしまうのですが、近づいて見なければぱっと見、本物に見えますね。

【1】窓掃除をする

ステンドグラスシート
では早速貼ってみましょう。なおこの作業はできれば二人でやった方が上手くいきます。一人だとちょっと大変かも。最初に窓掃除をします。ホコリや油汚れがあると上手くシートが付きませんので、入念に窓をきれいにしましょう。

【2】水分を取る

ステンドグラスシート
水でよく流してから、窓用のスクイーパーで水分を取ります。縁に残った水分はキッチン用のペーパーナプキンで拭き取ります。布の雑巾は繊維が残りますし、化学雑巾は溶剤がガラスについてしまうので、ペーパーナプキンを使ってください。

【3】シートをカットする

ステンドグラスシート
シートを窓の大きさよりもやや大きめにカットします。

【4】霧吹きで窓に水をスプレーする

ステンドグラスシート
霧吹きでガラスに水がたれるぐらいに、たっぷり水をスプレーします。

【5】霧吹きでシートに水をスプレーする

ステンドグラスシート
つるつるした面を手前に向けて一人がシートを持ち、もう一人が水をたっぷり吹きかけます(このために二人で作業した方が良いのです)。間違えてザラザラした方にスプレーしないこと。

【6】スクイーパーなどで水分を取る

ステンドグラスシート
シートを窓ガラスに貼り付けます。シートは何度でも張り替えられるので、柄の位置など納得できるまで貼り直しできます。位置が決まったら上からスクイーパーなどで、窓とシートの間の水分をシートの外側に追い出すようにしてこすります。

私が使っているのは障子張りや壁紙貼りなどに使う道具「地ベラ」。刃がステンレスでできているので壁紙の周り縁やジョイントをカットするのに便利です。

【7】余分な部分を切り取る

ステンドグラスシート
はみ出したシートを地ベラや定規で抑えながらカッターで切ります。そのまま乾燥させて水分が完全に乾けば窓に密着して剥がれなくなります。これで出来上がり。作業時間は30分。簡単ですね。

安心してお風呂に入れます

ステンドグラスシート
お風呂場がクラシカルな雰囲気になりました。これで夜も安心してお風呂に入れます。また柄に飽きたら別のデザインも試してみようかな。

材料・道具
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る