納戸の天井照明に船舶ライトを設置:ノーチラス号納戸改造記【5】

天井照明をマリンランプ(船舶ライト)に交換しました。真鍮製でレトロな外観なのですが、天井ごと落っこちてきそうな重さなので、天井裏に補強をして取り付けることになりました。
マリンランプ

ガーデニングライトとしても人気

本来はこのランプは壁につけるものなのかもしれません。マリンランプは防水性があり頑丈にできているので、野外のガーデニング用のライトとしても人気です。特に真鍮製のものは、レトロなイメージなのでイングリッシュガーデンにぴったりですね。

ソケットの位置をずらす

マリンランプ
設置前の画像です。押入れとして使っていたので、天井照明は裸電球がついているだけでした。部屋の中央にライトがあったので、クローゼットを作った分、壁の方に寄ってしまっています。そこでソケットを天井の真ん中に移動することにしました。

思ってたのとちょっと色が違う……

マリンランプ
ネットで購入したマリンランプです。キラキラした金色というよりは、渋い銅色で想像していた色とは違っていました。私の好みは金ピカのまばゆい真鍮色なのでやや残念。通販でモノを買うとこういうこともありますが、形はとても気に入っているので予定通り取り付けることにしました。

天井穴の位置をもっと端にすればよかった

マリンランプ
業者さんに天井の配線を付け替えてもらっているところです。この天井穴は建築当初、位置を考えずにあけてしまったので、かなり目立ってしまっています。後で後悔しました。もっと端っこに作れば良かった……。次回の教訓にしたいと思います。

我が家の天井裏

マリンランプ
天井裏を見せてもらいました。意外にすっきりしていたので驚きました。もっとダクトやケーブルがごちゃごちゃしていると思っていました。天井まで50センチほどしかありませんが、『屋根裏の散歩者』のように這い回るぐらいはできるかも。

天井裏補強

マリンランプ
壁からちょうど真ん中の位置に、裏側から頑丈な補強をして、真鍮のボルトを打ち込みます。

取り付け

マリンランプ
そして取り付け。重いので大変そう。やっかいなことお願いしてしまって業者さんには申し訳なく思いました。ごめんなさい。

ライトはLED電球に

マリンランプ
取り付け終了。中の電球は頻繁に交換しなくても良いLED電球にしました。LED電球と言っても、色、明るさはメーカによってかなり違いますよね。「LED電球はどれがベストなのか、実際に買って比較してみました~実際の明るさ編~」という記事が大変参考になりました。

LEDの普及はまだまだかも

マリンランプ
LEDは白熱灯や蛍光灯に比べて、熱を持たず、耐久性があり、消費電力も少ないのは良いのですが、白熱灯に比べるとかなり暗く感じます。潜水艦っぽい薄暗さを演出できるので良いのですが、LED電球の価格の高さや明るさなど考えると、まだまだ普及に時間がかかるのかもしれませんね。

追記:2014年01月07日

マリンランプ
2013年05月の改築工事でこのマリンランプはトイレの照明として使うために移動しました。トイレは白を基調色としたノーチラス号のイメージで作りましたのでマリンランプはとても良く合っています。

ノーチラス号ネモ船長のトイレ1「基礎工事」
スチームパンクといえば英国が本場。でもフランスのスチームパンク作品といえば、ジュール・ヴェルヌの『海底二万里』ですよね。そこでトイレをノーチラス号的にリフォームしました。
蒸気夫人

関連商品・参考文献



※情報修正2017年04月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る