寝室改造記1「シンプル&ラグジュアリーに暮らす」

『シンプル&ラグジュアリーに暮らす』は私のインテリアに関する目を開かせてくれた名著。自己啓発書のようなものです。ベッドルーム改造のきっかけとなった本をご紹介します。
シンプル&ラグジュアリーに暮ら

実はこの作業はもう2年ほど前に終了していたのですが、なんだかんだしているうちに書きそびれてしまっていた記事です。スチームパンクというよりは少女趣味に寄りすぎているかなとも思ったのですが、クラシカルなお部屋作りを目指している読者の方も多いかと思いますので、この一連の記事が参考になりましたら嬉しく感じます。

カリスマ販売員・木村里紗子氏によるインテリア指南書

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
シンプル&ラグジュアリーに暮らす』は、400人以上の指名客を持つ、福岡市のインテリアショップ『マダムワトソン』のカリスマ販売員・木村里紗子氏によるインテリア指南書です。特に寝室のあつらえに力を注いでいて、フリルとレースあふれるエレガントなベッドルームの写真は見るだけで心ときめきます。

2LDKには2つの寝室!

美しいベッドルームの写真集は他にもたくさん出版されています。ですがこの『シンプル&ラグジュアリーに暮らす』が他のインテリア本と一線を画しているのは、どの写真も木村さん個人のベッドルームであるということ。彼女が暮らす2LDKにはなんと寝室が2つもあるのです!

ハリウッドスターが眠るような寝室

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
映画に出てくるような真っ白なベッドルーム、天蓋付きのモダンなベッドルーム、ヴィクトリア朝をイメージしたレトロなベッドルーム、ビンクのフリルでいっぱいのロマンチックなベッドルーム──他にもまるでハリウッドスターが眠るような美しい寝室・寝具全てが、木村氏の個人所有のものなのです。

自分の力で寝室改造

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
こう書くと「きっと木村さんはお金持ちなんでしょ?」とおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。ですが彼女は単なる(というと失礼かな、すみません)インテリアショップの販売員さんなのです。彼女はリビングを自分で寝室に改造し、ベッドカバーやピローケースに手作りで刺繍をし、コツコツと理想のベッドルームを作り上げたのです。彼女はこう言います。

優雅なリゾートホテルに泊まり、エステでも受けて、それまでの疲れを洗い流し、セレブ気分を味わえたとしても、一週間程度。ところがその1回分の旅費で”ミラノの最新リゾートホテル風の寝室”か”パリ郊外の古城ホテル風”の寝室が一つ、自分のものになるのです。(中略)

30足の靴と10個のバッグと4個の時計を持っていても、誰もびっくりしないでしょう。けれど、その持ち物のうちの半分はなくてもいいようなものだったら、その金額で、セミダブルベッド1台とハイクオリティな寝具を一式とベッドリネンを夏冬各1セットと、1窓分のカーテンが揃った、2つ目の寝室が作れるでしょう

木村里紗子『シンプル&ラグジュアリーに暮らす』

思い込みを打ち砕く

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
がーんと頭を殴られたような衝撃を受けました。旅行1回分の投資で、毎日高級ホテルの部屋で眠れるなんて! それまで私は、ホテルのスイーツルームのような寝室で眠れるのは、大金持ちか映画スターだけだと思い込んでいました。

最も長時間過ごす場所に投資する

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
長時間外で働く社会人にとって「自宅は眠るところ」だと言っても過言ではありません。なら最も長くすごす寝室になぜお金をかけないのか? 家を建てる時、応接間や玄関、リビングに資金を投入する人はたくさんいるでしょう。でも寝室はそれらに比べて二の次三の次になってはいないでしょうか。

毎日元気に活動するためには、最も長く過ごし疲れを癒すベッドルームこそ力を入れてつくり上げるべきだと確信しました。

批判はごもっとも……だけど

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
もちろん「これは一人暮らしだからできること、子どもなど家族暮らしには無理」「海外旅行さえ昨今はぜいたく品」「寝具の洗濯だけで大変な労力、現実的ではない」なんて批判があるのは十分承知。しかしながら全て本書の真似をしなくても、ほんのちょこっと日々の暮らしに一工夫してみるだけでも幸せな気持ちになれるはずです。

自己啓発書としても良書

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
本書は自宅のインテリアについて一種のパラダイム転換を引き起こす、素晴らしい自己啓発書だとも言えます。私は木村里紗子さんを心の師匠として勝手に私淑しています。「自分はこう生きたいんだ、こんな暮らしをしたいんだ」という夢を、知恵と努力で実現した方です。自分にとって一番大切なことを優先するべきだと気づかせてくれたことに感謝しています。(写真は私の自宅の旦那様の寝室)

あなたの大切な場所はどこ?

シンプル&ラグジュアリーに暮ら
男性にとってはややフェミニンすぎるので敬遠されるかもしれません。でもこう考えてみてください。あなたが長時間過ごし、そこにいると心が癒され、アイデアが湧いたり仕事が進んだりする場所──そここそ一番労力とお金をかけてつくり上げるべき場所なのです。

人によっては書斎だったり、キッチンだったり、ガレージだったり、子供部屋だったり、パソコン机周りだったりするかもしれませんね。空間作りのヒントとしても役立つと思います。本当に贅沢な暮らしとは何か、自分にとって何が大切なのかを気づかせてくれる本ですよ。

私は永久保存版として『シンプル&ラグジュアリーに暮らす』にクラシカルな装丁をほどこしました。眠る前にパラパラとめくったりしてますよ。では次回からしばらく寝室改造にお付き合いくださいませ。

目指せ洋書革装丁のマイ図書室! アンティーク装丁にチャレンジ
愛読書を本棚一つ分アンティークな装丁にカスタマイズしてみました。道具類も市販されていないことが多いのでいくつか自作しました。本を洋書革装丁風にするDIYのハウツーです。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る