寝室改造記9「ナイトキャップの作り方」

私がかぶっているのはナイトキャップ(nightcap)。就寝前に飲むお酒もナイトキャップと言いますが、この記事では、夜寝るときにかぶるための帽子について解説いたします。
ナイトキャップの作り方

ヴィクトリア朝を舞台にした映画ではこの帽子を頭にのせて眠る少女やご婦人がよく出てきますね。ナイトキャップは髪の乱れを防ぐためにかぶります。寝返りをうっても長い髪が顔に触れないし、冬は暖かく夏は首もとや額の汗を吸ってくれます。

赤ずきんちゃんの絵本でおなじみ

ナイトキャップの作り方
みなさんが最初にナイトキャップをご覧になったのは、たぶん赤ずきんちゃんの絵本かもしれません。おばあさんに化けたオオカミがかぶっていたのもこのナイトキャップ。古臭いと思われがちですがなかなか実用的な帽子なので、もっと普及するといいのになと思っています。

今回もやっぱり自作

ナイトキャップの作り方
私が欲しいと思うものは市販されていないことが多いので、結局は自作するはめになります。「まっ白で、フリルとレースがたっぷりあるナイトキャップ(できれば夏用と冬用)」をさんざん探したのですが、見つからなかったので今回も自分で縫いました。出来上がりはこんな感じ。オオカミがかぶってたナイトキャップそのものでしょう?

USAKOの製作工房様ありがとう

ナイトキャップの作り方
大変ありがたいことに、ナイトキャップの型紙を無料で公開してくださっているサイトがあります。「コスプレ衣装の型紙販売ショップUSAKOの製作工房」様の、無料で使えるナイトキャップの型紙です。

こちらのサイトには様々な洋服、コスプレ衣装、人形の衣装の型紙が掲載されています(有料と無料のものがあります)。作り方も丁寧に解説されている素晴らしいサイトです。今回はUSAKOの製作工房ヘアキャップの作り方を参考にさせていただきました。

私は実用品として作りましたが、ナイトキャップをかぶったアニメ・ゲームキャラもちらほらいるので、コスプレ用として必要な方もいらっしゃるでしょうね。とても良くできた型紙なのでコスプレイヤーにもお勧めです。

【1】生地切り抜き・しるし付け

ナイトキャップの作り方
では早速作ってみましょう! 冬用のナイトキャップの布はネルを使いました。ネルは綿織物を起毛したもので、肌触りが柔らかく暖かい布地です。ダウンロードした型紙の通りにネル生地を切り抜いて、チャコペンでしるし付けをします。布の切断はローラーカッター、しるし付けは水で消えるタイプのチャコペンが便利です。

【2】縁にレースをつける

ナイトキャップの作り方
縁にレースをつけます。普通の布だとほつれ止めをしなくてはなりませんが、ネルなのでそのままレースを縫い付けることにしました。レースをまち針で丁寧にとめてゆきます。

【3】ゴム通しのレースをつける

ナイトキャップの作り方
ゴムを通すためのレースをつけます。型紙のしるしの通り、ゴム付け位置にまち針でレースをとめていきます。

【4】まち針打ち

ナイトキャップの作り方
まち針を打ち終わったところです。しつけ糸で縫っても良いのですが、面倒なのでそのまま縫うことにしました。

【5】縁のレースを縫う

ナイトキャップの作り方
縁のレースを縫います。

【6】押さえミシン(ステッチ)

ナイトキャップの作り方
縫い代を裏に折り返してアイロンがけをし、端から2ミリのところに押さえミシン(ステッチ)をかけます。押さえミシンをするとレースが浮きません。

【7】ゴム通しのレースを縫う

ナイトキャップの作り方
ゴムを通すレースは、全部縫ってしまわずにゴム通しのために3センチほど縫わずにあけておきます。レースを全て縫い終わりました。

【8】ゴムを通す

ナイトキャップの作り方
3センチほど抜い残した隙間からゴムを通します。ゴム通し用のプラスチック針が便利ですが、なければ安全ピンやヘヤピンで代用できます。

【9】ゴムの端を縫って完成

ナイトキャップの作り方
ゴムの端がすっぽ抜けないように指で抑えておくか、洗濯バサミ・安全ピンをつけておきます。頭を締め付けないちょうどよい長さでゴムを切って、端と端を重ねてミシンで縫います。何度か返し縫いを繰り返すと頑丈に縫えます。ゴムを整えて完成です! 製作時間は3時間ほどでした。

夏用も作ってみた

ナイトキャップの作り方
ついでに夏用のナイトキャップも作ってみました。使った布地は楊柳(ようりゅう)。シボのある綿織物で、綿クレープ、ちぢみとも言います。手触りがサラサラしていて、速乾性・吸水性に優れていますから夏の肌着などに向いています。冬用のナイトキャップにはぽってりしたケミカルレース、夏用にはさわやかな綿レースを使いました。

首の部分に紐をつけても良い

ナイトキャップの作り方
これは夏用ナイトキャップをかぶったところ。私は寝相が良い方ですが、寝相の悪い方だと朝起きた時にナイトキャップがベッドの下に転がっていた……なんてことがあるかも。寝相が心配な方は首のところに紐をつけてみると良いかもしれませんね。

寝室作りは日々の継続が大切

ナイトキャップの作り方
しばらく続いた寝室改造シリーズも今回で終了です。ベッドルームは作ったら終わりということではなく、日頃の掃除、寝具の洗濯、グッズのメンテナンスなど、「継続」が最も大切なことだと思います。またベッド周りのグッズが増えたら追記記事を書くかもしれません。お付き合いありがとうございました。ではおやすみなさい。

関連URL
道具・材料
蒸気夫人
関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る