蒸気邸改造記1:リフォーム前の元の家

2013年05月に始まった我が家のリフォーム。モダンデザインの部屋が、ヴィクトリアンテイストの蒸気屋敷に生まれ変わるまでをレポートした「蒸気邸改造記」の連載を開始します。
リフォーム前

リフォームの工事期間は1ヶ月ほどでしたがその準備には半年ほどかかりました。5年前に家を新築したときも結構な時間がかかったのですが、それと同じぐらいの期間、準備の作業をしていました。前回の時は初めての家作りで何が何やら分からないまま事が進んだのですが、今回は2回めなのでじっくり取り組めました。
リフォーム前
この写真の家はゲストハウスとして作られたもので、私たち夫婦が暮らす母屋とは別の場所です。訳あって新築からの5年間ほとんど使われることなく空き家となっていました。
リフォーム前
引っ越してしばらくはゲストハウスも私が掃除をしていたのですが、母屋に加えて掃除するのはかなりの負担でした。家中の全ての部屋を掃除するとそれだけで1日がかりの肉体労働。普段誰も使わないのにそこまでメンテナンスをすることはないのでは?と思い、掃除は2年ほどでやめてしまいました。
リフォーム前
この部屋のデザインに私が関与しておらず思い入れが無かったこともあり、だんだん足が遠のくようになりました。ここ2年は誰も足を踏み入れることなく放置されている、いわゆる「開かずの間」でした。
リフォーム前
去年の11月のこと。用があってここに来てみると悲惨な状態になっていました。雨漏りして壁紙が剥がれていたり、敷地の一角に複数のハトが巣を作って糞や羽でめちゃくちゃな状態になっていました。
リフォーム前
素人の手に負えない惨状だったので、業者さんに清掃・修繕をお願いしました。家の管理は私の責任なので自腹を切りました。相当落ち込みました。家は人が住まないとすぐに荒むんですね。正直このゲストハウスはやっかいなお荷物になっていました。
リフォーム前
でも今年になって、誰も使わないまま放置しておくよりはと、話し合いの結果リフォームすることにしました。そしてついでにゲストハウスのキッチン、リビング、ベッドルーム、トイレをヴィクトリアンなデザインに改造することにしました。
リフォーム前
家作りをされたことのある方はおそらく皆さん同じだと思いますが、どんなに慎重に計画して考えに考えて建てたとしても、住んでみると「ここをこうすれば良かった」と後悔するところがあちらこちら出てくるものです。私自身、最初の家作りやスチームパンク書斎作りで失敗したと思った部分はゼロではありません。
リフォーム前
前回の反省点を踏まえて、今回は新築時と同じだけの準備期間を設けました。図書館や書店に通い詰めて読んだ本は200冊以上。聖典であるシャーロック・ホームズ物語も全て読み返し、グラナダ版のドラマ『シャーロック・ホームズの冒険』もメモを取りながら各3回ずつ見ました。
リフォーム前
何ヶ月も建築士さん、デザイナーさんともじっくり話し合って納得のいくデザインになりました。今回も結構な無茶を言ってしまった(隠し金庫を作ってほしい、密室になるようにしてほしい、ダミーの本棚の隠し扉を作って欲しい……など)のですが、思った通りに仕上げていただいて感謝しています。
リフォーム前
なおこのブログでは詳細は書きませんが、旦那様のベッドルーム、トイレ、バスルーム、駐車場もリフォームしました。それらは旦那様が費用を負担し、写真のゲストハウスの写真の部分(キッチン、リビング、ベッドルーム、トイレ)は私が費用を負担しました。旦那様負担分のエリアはモダンデザインで、ヴィクトリアンではありません。
リフォーム前
部屋のリフォームの行程は直接スチームパンクと関係ありませんが、今後家の改造を計画されている方の参考になれば幸いです。次回からしばらく続く「蒸気屋敷改造記」をどうぞよろしくお願い致します。

蒸気夫人

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る