壁の基礎工事が始まりました(05/25〜05/26)【蒸気邸改造記4】

本格的な工事が始まりました。ここは元々一部屋続きのゲストハウスでした。壁がないと広々とした印象になるのですが、冷房や暖房の効率が悪く、長く住むのには向いていませんでした。
壁ができる

壁を作り、一部屋続きを二部屋にする

壁ができる
そこで「キッチン・ダイニング・リビング・書斎」と「納戸・寝室・トイレ・洗面所・お風呂場」のエリアを分けるために壁を作りました。おおまかに言うとリビングダイニングと寝室の2部屋に分かれるようにしたのです。この2つのエリアは壁紙もがらりと変えて全く違った雰囲気にしようと考えました。

全て撤去した前日の様子

壁ができる
前日の様子です。壁紙、照明器具、家具など全てのものを撤去した状態。ガラーンとしています。ここを壁で分けて、30畳のリビング・ダイニングと10畳の寝室にします。

軽量鉄骨で壁を作る

壁ができる
続き部屋を仕切る壁は、軽量鉄骨LGS=Light Gauge Steel)と石膏ボード・板で作りました。壁を作る上で最初にやることは、ランナーと言う部品を天井と床に固定することです。ランナーはコの字型をしていて、スタッドと呼ばれる柱を垂直に挟み込んで固定します。

ランナーとスタッドの下地

壁ができる
このスタッドという柱、ビスなどで固定するのかと思ったらそのままなんですね。だから動いたりグラグラするんですよ。でもLGSの壁はこういうものみたいです。リビング側の壁には薄型のテレビを取り付ける予定なので、石膏ボードではなく板をはって丈夫な作りにしてもらいました。

中央に納戸を作ってもらう

壁ができる
リビング側の部屋と寝室側の部屋の間には、小さな納戸を作ってもらいました。掃除道具やリネン、工作の材料などのストックを収納するための小部屋です。

壁の基礎工事終了

壁ができる
寝室側から見た風景。壁の基礎工事は2日で終了しました。LGSの下地のメリットは工事が早いことです。木材よりも軽く、スタッドとランナーを組み合わせるだけなので施工性が良いのです。銀色の柱がみるみるうちに直立していく様は壮観でしたよ。

キッチンの壁

壁ができる
ここはキッチン側の壁。キッチンは完全に仕切ってしまうのではなく、開放的にしてもらいました。もともとのキッチンはコの字に仕切られていてちょっと使い勝手が悪かったのです。

システムキッチンは全交換

壁ができる
最初に入れていたシステムキッチンには食洗機がありませんでした。家事の負担を少しでも減らすために食洗機は必須だったのですが、もとのシステムキッチンに組み込める食洗機は現在発売されておらず、まるごと交換になってしまいました。

もったいないけど全部処分

壁ができる
このゲストハウスは建築してから5年間使われることなく放置されていて、設備のほとんどは新品同然でした。キッチンも真新しかったのですが、私が設計したわけではなく、ここには良い思い出が全くなかったので全て処分することになりました。

次からは床工事

壁ができる
壁の配線工事は壁紙を貼るぎりぎりまで行わないので、あちこちからコードが飛び出ている状態です。壁の工事が終わったら次は床の工事に移ります。

床の施工とショールーム巡り(05/27〜05/28)【蒸気邸改造記5】
床は部屋のフローリングをそのまま使うことにしたので、大部分はそのまま。新しく作った壁の周りや、キッチン、書斎の床を作ってもらいました。床の工事とショールームについてです。
蒸気夫人

関連商品・参考文献


※情報修正2017年08月

この記事をシェアする

五十嵐麻理をフォローする

関連記事
「スチームパンク大百科S」書籍化
当ブログ「スチームパンク大百科S」が書籍化されました。
あなたのスチームパンクライフのお役にたてますように。
  • 著者 五十嵐麻理
  • 価格 ¥ 1,944
  • 出版日 2014/05/08
  • 大型本144ページ
  • ISBN-10476612653X
  • ISBN-139784766126532
  • 出版社 グラフィック社

注意事項

■当ブログに掲載されている情報は、予告なしに変更する場合があります。

■当ブログに掲載されている情報には情報作成時期におけるものです。情報が更新された際には修正を心掛けておりますが、内容の正当性及び正確性、安全性を保証するものではありません。

■当ブログに掲載されております情報(文章・画像全て)の転用・複製・販売等一切はしないでください。特にまとめサイト、キュレーションサイトなどの使用を固く禁じます。無断使用の場合はサイト管理者に使用料を請求します。
スポンサーリンク
トップへ戻る